小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

早々に2回目を♪ いも炊きと久々にネギサラダ

2009年08月31日 | ・鍋もの
大洲のいもたき再び登場♪
大洲の里芋(夏芋)って3年ほど前には、松山のスーパーでほとんど見なかったのに
今年はセブンスターだけでなく、フジにも高島屋にも登場しました~。
「やっと時代がウチらについてきたね♪」
さぁ!モノも手に入りやすくなったことだし、関心のある方はぜひぜひ。

<大洲のいもたき・ネギサラダ・もずくとオクラの酢の物・枝豆>
        

●大洲のいもたき
  ※作り方はこちら → 『大洲の里芋でいもたき』
(我が家流の甘味ひかえめバージョンと本場大洲の作り方、両方紹介しています)
      
どういう加減なのか?何が影響するのか?
毎回同じ味付け(調味料)なのに、煮汁が黒っぽくなったり白濁したり。
白濁は油揚げが怪しいとにらんでいるのですが、黒っぽさはシイタケかな?

本場では干しシイタケを戻して使うようですが、
我が家では生シイタケを使っているのです。


●ネギとハムのサラダ
メインのいもたきがずっしりとお腹に来そうなので、今夜は米粒抜き。
サイドもできるだけ軽いものを・・と思った時にネギサラダが頭に浮かびました♪
      
細ネギは3・4㎝に、薄切りハムは千切りにします。
ネギとハムをボウルに入れてごま油・塩少々を加えてサックリ和えれば出来上がり。
ゴマを散らしていただきます。


●オクラともずくの酢の物
      

30日(日)分と合わせて、今日は2記事アップしました。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴へ

   優ちゃん(雑種・オス)を探しています。 → 詳細はココをクリック




コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 庭ごはん・サンマの塩焼きと... | トップ | 具だくさん袋煮と秋刀魚のに... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大洲の芋も旨そうだぁ~♪ (ゆきどん)
2009-09-01 20:16:22
小太郎さん こんばんわw~
あぶらげがポイントかなぁ~とっても美味しそうですぅ~♪
こちら宮城県では、秋になると「芋煮会」と称し 河原に鍋を持ち寄り、芋を煮て 呑んで 騒いで楽しみます。味噌味の宮城バージョンと醤油味の山形バージョンがあって、味噌味は豚肉とじゃがいもがメイン 醤油味は牛肉とさといもがメインですよぅ~~
夏芋・葱サラダ (moscat)
2009-09-02 06:30:32
小太郎さん、夏芋ですよね。大洲独特の芋らしいですね。
里芋の一種だとは思いますが。
あと、肉は牛肉じゃなく鶏肉ですね。ここが東北の芋煮との違いですね。
又、川原で食べたいです。
葱サラダあっさりと美味しそうですね。
葱といえば小口に切ってご飯にのせて醤油をかける葱ご飯も好きです。
食べた後、匂うから滅多に食べませんけど。
Unknown (・ゆきどんさんへ、)
2009-09-02 09:33:20
ゆきどんさん、こんにちは。
大洲のいもたきのコクの部分は油揚げ効果もあるかも知れませんね。
本場ではお団子も入るのですよ。

毎年いも炊きを紹介すると、
各地の芋煮の風習がポロリポロリと出てきます。
特に山形の芋煮は有名みたいですね。
肉の種類が違うだけで、まったく別料理という感じですが
昨年食べたという妹は絶賛してました。
Unknown (・moscatさんへ、)
2009-09-02 09:35:27
moscatさん、こんにちは。
そうです。
大洲の夏芋とは肱川流域で収穫される里芋のことです。
大粒でねっとりとした芋らしい食感がたまらん美味しいのですよ。
大洲でも川原でのいも炊きが始まったそうですが、
松山からだとなかなか行くことができません。
松山近辺でも色々あるようですが、一番魅力的なのはやっぱり大洲です。

ネギと醤油だけですか?
これはかなり大人なごはんですね~。

コメントを投稿

・鍋もの」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事