小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

父からもらった時計と50年前の写真。

2020年10月16日 | ・その他
先週末10月10日、父の葬儀以来はじめて帰省をした妹夫婦とともに
父の納骨をしました。
落ち着くべきところに家族揃っておさめてあげることが出来て一安心です。

        

これは3年くらい前かな?父とおしゃべり中にひょっこりもらった腕時計。
この角ばった文字盤は紳士物としたらちょっと小さめ、婦人ものとしては大きめというサイズ。
元々普段使いしてたお手ごろなものだったようですが
高齢になってベルトが面倒で使わなくなってた腕時計でした。

写真は父と小太郎。
小太郎は何歳なんだろう・・・50年くらい前に実家の玄関先で撮ったものだと思います。

もらった時には茶色のベルト、ウォルサムの金色の角ばった文字盤の腕時計はおじさん!な印象も強く
使ってみようかな?と、すぐには思いつけませんでした。

父が亡くなって少ししてから、電池が切れているのに気付き
父が時計の電池交換に行ってた時計店を訪れた時に、この青いベルトを見つけました。
写真では伝わりにくいですが、落ち着いたキレイな青色です。
特別扱いせずに、普段からわりと使ってます。
特に、ちょっとどこかに出かけよう!なんて時には、時計をつけていく・・・というよりも
時計を連れて行くって感じです。

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

心配していた台風は来なかったけれど、その影響でとても蒸し暑い1日でした。
納骨の日、
昼食を済ませたあと、父と時々訪れていた海辺の釣り公園をみんなで訪れ、
義弟とオットと小太郎はしばし海を眺めながらおしゃべりを。
妹は手押し車を頼りに歩行の練習をする母といっしょにぐるりと敷地を一周半。

母の足の大変さはさらに進んだ感じですが、
父を見送るところまでは怪我もせずよく動いてくれました。
気持ちの強さに引っ張られ、頑張れたのだと思います。

時候のよいタイミングで納骨のためにみんなが集まることができて良かった。



実家の一室を義弟の仕事部屋に使えたら・・・
オンラインで可能な仕事をしているので、
ネット環境が整い、部屋をひとつ提供できれば今後の妹夫婦の帰省期間を長く出来るという。

さて、次回はいつ帰れるのか?わからないけれど
オットの手も借りてさっそく準備に動きました~。

昨夏以降、父の体の動きがどんどん悪くなっていたので
安全な動線を作る為に物をのけたり、移動させたりして父母が過ごす空間をスッキリさせましたが
その一方で物置化してしまった一部屋もあったり。

その部屋の不要なものを粗大ゴミに出して処分して整理、
結局は父が使っていた机を生かして使うことにしました。
生前、父が使っていた様子そのままで置いておきたい気持ちはもちろんありましたが
義弟がここで仕事をしやすいよう整えることで
妹夫婦が実家に長く居てくれる、母のそばに居てくれる・・・その方が父もきっと天国で喜ぶだろう。
そう納得しての部屋の整理でした。

父の机の引き出しにはたくさん大事なものが詰まっているので、机の中身はそのままに。
固定でみんなが利用していた文具のコーナーもそのままで。

父が国家公務員として社会に出て働き始めてから定年退職、そしてそれからしばらく働いた軌跡。
全ての昇進や転勤異動の辞令や給与計算などがとじられたファイル。
そんなものも引き出しの奥から出てきました。

両親が結婚したとき、小太郎が生まれたとき、妹が生まれたとき、
お給料をいくらもらって生計を立てていたとか、
転勤でどこに居たとか手にとるように分かるファイル。

さっとは目を通したけれど
これは時間をかけてゆっくりと見てみたいと思います。
父のことはまだまだ消化できないところも多いけれど、これもまたゆっくりと時間をかけて。
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« 気がつけばすっかり秋の食卓 | トップ | 今日のオット弁♪  »
最新の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
思い出を大切に… (ぺんちあ)
2020-10-16 19:02:50
その人がいなくなって初めて思い出すような、子供の頃の出来事もおありでしょう。
時計を始めとして、お父様との素敵な思い出を大切になさってください。
それにしても、お父様はマメな方ですね。
義弟様もお優しいですね。
まだ悲しい気持ちもおありでしょうが、どうかゆっくりと整理していってくださいね。
Unknown (・ぺんちあさんへ、)
2020-10-16 19:27:50
ぺんちあさん、こんばんは。
あっ!そういえばこんなこともあったなぁ・・・なんてね。
ありますねぇ。

長い長いペーパーを経て、50過ぎてからのドライバーデビュー以後、
また違う父との関係が生まれた気がします。
それもまた貴重な思い出です。

父はまめ!まじめ!でしたね。
そういう部分が好きで、小太郎もちょいと似たところがあると思います。
父っ子の所以です。
Unknown (のんのん)
2020-10-17 11:21:18
皆さん揃って納骨されたんですね。
お骨が家からいなくなり少し寂しいですがお父様は落ち着かれましたね。
ブルーのベルトにゴールドの時計 おしゃれですね。
お父様から頂いた時計を身につけていると一緒にいて見守られているようですね。
何を見ても何をしてもお父様との思い出が甦りますね。
妹さんのご主人がご実家の部屋を使い在宅でお仕事をして長く滞在できたらお母様も安心できますね。
はやく環境が整い実現できると良いですね。
Unknown (kuri)
2020-10-17 18:34:40
小太郎さん、こんばんは。
お父様の時計、素敵ですね!
私もスクエア型の一回り小さな時計を身につけています。
父親との思い出が少ないので、羨ましいようです。
季節の変わり目ご自愛ください。
Unknown (moscat)
2020-10-19 14:25:29
台風の影響も無く納骨をつつがなく終えられて一安心ですね。
反面さみしい気持ちも残ると思いますが、日常を取り戻す事こそお父様の願いだと思います。
形見となった時計、新しいバンドを得て、又新しい記憶を紡いで行く事でしょう。
私事ですが、大学生になった時に祖父の時計を譲り受け。長く使いました。
会社に入って勤続20周年で貰った時計は父にプレゼントしました。
父が亡くなった時にその時計が又戻って来て、その後すでに20年弱となりました。
人それぞれいろいろな思い出があるものです。
小太郎さんも大切になさって下さい。
Unknown (moscat)
2020-10-19 17:13:33
小太郎さん、ごめんなさい。
先程のコメント、父から時計が戻って既に8年の間違いです。
お詫びいたします。
Unknown (・のんのんさんへ、)
2020-10-21 08:53:54
のんのんさん、おはようございます。
台風か?なんて予報でしたが、跳ね飛ばしてくれましたねぇ。
揃って納骨することができました。
コロナで初盆も出来なかったので一安心です。

父のことは大好きだったので
身につけることが出来る時計をもらえて本当に嬉しいです。
南向きの縁側の父の定位置で、
オットと3人でおしゃべりしてたときに・・・という記憶と共に
大切にしたいと思います。

Unknown (・kuriさんへ、)
2020-10-21 08:57:25
kuriさん、おはようございます。
時計のこと、ほめてもらえて嬉しいなぁ。

茶色いベルトの状態でもらった時には・・・・・でしたが
自分の好みと合体させたらステキなものになりました。
四角い文字盤というのも、丸より父らしいなぁと
とっても気に入っています。

kuriさんはお父さんとは離れて暮らしてるのですか?
思い出の数は多くなくても、
あるだけで幸せなんだと思います。
お互い大切にしたいものですね。
Unknown (・moscatさんへ、)
2020-10-21 09:02:18
moscatさん、おはようございます。
朝晩冷え込むようになりましたが、気持ちのよい季節ですね。

失ってしまった淋しい気持ちは置いといて、
今はまだ、母を支えねば!という気持ちで元気に前に進んでます。

勤続20年の記念の時計をお父様にプレゼント!!
すばらしい思いつきでしたね。
さぞかし喜ばれたことでしょう。
再びそれが戻ってきたときの感慨深さ・・・いい話です。

出かける時に青いベルトの時計を手にする日は
ちょっと元気が足りないとき、そしてちょっと淋しいとき。
今日は義父母の通院に青いベルトをつけて出かけます。

コメントを投稿

・その他」カテゴリの最新記事