小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

辛子れんこんと秋刀魚のナムル♪

2010年10月25日 | ・さんま
お酒はいつもケース買いのわが家。
配達に来てくれたお兄ちゃんが言うには
タバコの値上げ以降、お酒もビールもいよいよ売れなくなってきたらしい。
ビールから発泡酒、発泡酒から第3のビールへと移行してきた人たちが、
今や第3のビールさえあきらめるんだそうな。
世の働くお父さんに幸せはあるのか?!と、ちょっと悲しくなりますねぇ。

<辛子れんこん・秋刀魚のナムル・モヤシの甘酢和え・おにぎり・落花生>
         

秋刀魚のナムル
秋刀魚の脂は血液サラサラの為の食べるサプリメント。
脂を落とさずに生でいただくのが一番効果大だそうですよ~。
とはいえ、生の青魚はどうしても苦手!と言う方には薬味たっぷりでいただくナムルがオススメ♪
        
生食できる刺身用のサンマは三枚におろして皮をはぎ、
腹骨・小骨を除いたら細切りにします。
(小骨は抜くと身が崩れやすいので、小骨の列を境に切り取る方法が簡単です)
ごま油・ネギの小口切り・生姜の千切り・塩一つまみを加えて和えたら出来上がり。
和えてから20~30分ほど置くと、薬味や塩味がなじんで一層美味しくいただけます。


●辛子れんこん
嬉しいねぇ~♪
小太郎の大好きな里芋に続いて、露地物のレンコンが次々と出て来て嬉しい悲鳴です。
小さな節はお弁当や朝ごはんに。
大きな節は晩ごはんの主役扱いでど~んとまるまま行きましょか。
    ※作り方はこちら →『ひさびさの辛子れんこん
        
ブログを振り返ると、どうやら年に一度か二度のペースで作りたく&食べたくなるらしい。

辛子は苦手だなぁ・・と言う人向けには、明太子を詰めるバージョンがオススメ。
辛子味噌が地味色なのに対して、明太れんこんは色も鮮やかで万人受けしやすいかも~。


●豆もやしの甘酢和え
        

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴へ 

台風の余波の大雨で被災された奄美大島の方々にお見舞い申し上げます。

もう20年近く前のことになるのかな。
10月の下旬と言うとても遅い時期にやってきた台風は、瀬戸内海を抜けるという進路をとり
松山では近くの島や三津・高浜あたりが浸水するというおおごとになりました。

あの日、残業を終えて帰宅しようとしたらすでにバスは動いておらず、タクシーには長蛇の列。
同僚の女の子に自宅まで送ってもらう途中の道では、信号が赤のまま止まっており
見慣れた目印の大木がポッキリと折れているという、信じがたい光景でした。

おじおばが住む興居島から「今日の満潮の時間を教えて。」と言う電話。
それからあと連絡が途絶え、早朝には床上浸水したと聞き
両親が朝一番の船に乗っておじおば宅に向かいました。
ちょうど、療養の気分転換にと祖母が興居島を訪れていて、そこで台風に遭遇してしまったのです。
痩せっぽっちの祖母が、おばらと二階に避難する時に確かひどく腰を打ったんじゃなかったかな。
翌月の11月に祖母は亡くなりました。

テレビでは、奄美大島は元の生活に戻りつつあると言っていますが
大きな自然災害の傷跡はまだまだこれからも影響を与え続けることと思います。
一日も早く、奄美大島に本当に平穏な日が訪れますように。

遅い時期の台風のニュースを見て、そんな昔のことを思い出しました。
コメント (2)