小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

休肝日 ・ すっかりはまった豆腐カレーと今日のオット弁

2015年09月11日 | ・休肝日
今日もしっかり食べてしっかり動こう。
でも肝臓だけはお休みね・・・の木曜日は休肝日。

<豆腐カレー・もずく酢・南瓜とプルーンのヨーグルト和え・トマト>
          

●豆腐カレー
豚ひき肉と絹ごし豆腐でとっても簡単に作れる和風のカレー。
和食の店のまかない料理として紹介されていたこのレシピ、
わが家の休肝日メニューとしてすっかり定着しております。
   ※作り方はコチラ → 【こりゃ美味しい、まかない料理の豆腐カレー】
        

●もずく酢
小分け冷凍しておいたもずくを自然解凍し、ポン酢で和えて器へ。
茹でて刻んだオクラをのせてWネバネバの一品に。
        

●南瓜とプルーンのヨーグルト和え
茹でたカボチャの粗熱が取れたら、刻んだプルーンと合せてヨーグルトで和えるだけ。
味ないの?と物足りなさを感じる方はひとつまみ塩を加えるか、マヨネーズをプラスしても。
        

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

今日のオット弁。
豚の生姜焼・千切りキャベツ・煮卵・南瓜のたいたの・プチトマト・オクラのツナマヨ和え、
そして押麦入り日の丸ごはんです~。
                      
豚の生姜焼はとっても料が多いように見えますが実は上げ底♪
肉の下には千切りキャベツが敷いてあります。
生姜醤油と玉ねぎの甘いタレが下に落ちて、お弁当を食べる頃には千切りキャベツにもしみてる計算。
しゃきしゃきとした状態だとお弁当の中にあって食べにくい千切りキャベツですが
しんなりしてると食べやすいみたいです。

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村

今回の大雨により被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。
一瞬のうちに多くを奪い去るというあまりにも酷い自然の猛威。
厳しすぎる現実に胸が苦しくなります。

だからこそ、ちゃんと今日も元気でいなきゃと思うのです。
コメント (4)

休肝日・・・のはずが、揚げものにビールというダメ人間。

2015年08月08日 | ・休肝日
一日5回の飲み薬というのは、回数が多くて忘れてしまいそう~。
唇のピリピリと軽い腫れだけ、水疱になる前に治療を始めることが出来たのは不幸中の幸いです♪

誰でも持っているウィルスだけど、これを体から消し去ることはできないんだそうな。
先生は口元をまぁるく囲うように指さし
「ず~っと小太郎さんのここにいて、調子が悪くなると出てくるんですよ。」とニッコリ。
はぁ、そうなんですか・・・

<トンカツ&チキンカツ・豆苗と千切りきゅうりのおひたし・ナスとこんにゃくのたいたの>
          

●とんかつ&チキンカツ
ホントはね、今日は休肝日でした。
なので、休肝日の定番メニューのひとつであるとんかつを作ったのですが
揚げているうちに気持ちがビールに思いっきり傾いてしまった・・・小太郎が全部悪いのだ~。
「明日はお稲荷さんの日で米を食べるしね」なんて苦しい言い訳をしながら
冷え冷えのビールを取りだした次第。

揚げものにビール・・・そりゃウマいわい。


●豆苗と千切りきゅうりの中華風おひたし
        

●茄子とこんにゃくのたいたの
盛夏になって実家の家庭菜園も干上がっている様子。
母の不調もあって茄子がなかなか育たず、小ぶりなのを収穫しているようです。
        
今日のコレは母が作ったもの。
おばが先日たくさんくれた興居島の大きめなちりめんじゃこを加えた茄子の煮もの。
あぁ、そうそうこういう味。

基本、母の味は受け継いで同じ味付けで作ってはいるけれどやっぱり若干違う気がする。
これがおふくろの味というものか・・・

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

朝食でさっそく、妹の帰省土産・銀座若菜の小鈴水なすの漬けものをいただきました~。
やわらかくてみずみずしい♪
塩分は十分だけど、ほんの2滴だけ醤油の風味もプラス。
        

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村
コメント (1)

休肝日 ・ カラフル野菜のポークソテーとツルムラサキのおかか醤油和え

2015年07月24日 | ・休肝日
庭ではワシャワシャワシャとセミが大合唱していますが、四国はまだ梅雨明けしていません~。
やはり次の台風12号による天気の崩れが来たあとかな?
梅を干したくてもうウズウズしております♪

本日は休肝日。

<カラフル野菜のポークソテー・ツルムラサキのおかか和え・冷奴・押麦入り白飯>
          

●カラフル野菜のポークソテー
豚のロース肉が安く出てたので今夜はポークソテーにしていただきます。
ありもののカラフルな夏野菜と組み合わせた玉ねぎソースで、サッパリ&ガッツリと~♪
        
まずはソース作り。
玉ねぎ1/2個分のすりおろしに醤油大さじ2・米酢とオリーブオイル各大さじ1を加えます。
20分ほど寝かせたら、ありものの野菜を加えて混ぜればカラフル玉ねぎソースの出来上がり。

あとはありものの野菜・・・今日はトマト・ゆでたカボチャ・オクラを加えましたが、
夏場ならばサッと炒めた茄子やズッキーニ、トウモロコシや枝豆・パプリカなどもオススメ。

豚ロース肉の細工は至って簡単。
余分な脂を切り落とし(気にならなければもちろんそのままでも)、筋切りをします。
塩こしょうをふりかけて両面に薄く小麦粉をまぶしたら、熱したフライパンにオリーブオイルをひいて両面を焼きます。

食べやすい大きさに切って器に盛り、カラフル野菜入り玉ねぎソースをたっぷりかければできあがり。
カラフルな野菜を散らせば目にも美味しいねぇ♪


●ツルムラサキのおかか醤油和え
モロヘイヤと通じるこのほろ苦さ、そして濃い緑。
いかにも真夏の日差しにも負けない体を作ってくれそうな夏の葉野菜です。
近年はモロヘイヤに負けんくらい産直では売り場の幅をきかせて来てますねぇ。
        
サッと茹でて刻んだツルムラサキに醤油をまぶし、たっぷりのかつお節を加えて混ぜれば出来上がり。

素材自体がえぐくて個性的なので、若干マイルドにしてくれるモノとの組み合わせがオススメ。
今日はおかかを加えましたが、擦りゴマだったりツナだったり。


●冷奴 
千切りにして水にさらしたシソの葉を木綿豆腐にのっけ、醤油とごま油を落とせば出来上がり。
ねぎ×生姜×おかかが定番ですが、この組み合わせは昔っから大好き♪
        

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

夜、ワンダーコアスマートをやりながらテレビをつけてみたら
BSプレミアムでテツに似た、うっすら茶色混じりのラブラドールが出ていました。
『マーリー 世界一おばかな犬が教えてくれたこと』という映画。

小太郎が見始めた時にはすでに終盤で、マーリーのお別れの時が近づいていました。
先代わんこ小太郎のこと、その前のパグ犬熊五郎との楽しかったことや別れのことを思い出したり、
また、まさにこのマーリー似ているテツと重ね合わせてしまい、
時折笑いが混じりながらも自然とオイオイと声を上げて泣いてしまった・・・

犬は人間よりも短い命だけど、一緒に暮らせば必ず多くのものを与えてくれる存在。
その別れは辛いけれど、再び同じように愛情を持って家族となりたいと願い
また飼わずにはいられなくなる。
一緒にいた時間に私が幸せを感じたのと同様に、ワンコも幸せだったら嬉しい。
言葉抜きで付き合うことが出来る生きものでも、やはり賢く優しい犬は別格ですねぇ。

あぁ、テッちゃんをギュっとしたい~!!

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村
コメント   トラックバック (1)

休肝日 ・ 昔懐かしい挽き肉のオムレツ。干しキュウリ

2015年07月03日 | ・休肝日
木曜日はわが家の休肝日♪

今日は昔なつかしい合びき肉のオムレツ~。
豚と牛の合びき肉とみじん切りの玉ねぎを炒めて塩こしょうで味を調え、
これを卵に包めば出来上がり。
          
つけ合せもごくごくオーソドックスに粉吹き芋&トマト。
粉吹き芋はごましお味。

副菜はアスパラガスのツナマスタード和えです。

休肝日は肝臓をお休みさせる日でもあり、小太郎の家事休息日でもあります♪

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

あまりにたくさんキュウリが採れるので、干してみることに。
千切りスライサーでそうめんのようにカットしたものと、薄切りと2種類。
        

梅を干す用の平で大きなザルに布を敷いて半日干せば・・・・
        
思った以上に干上がった~!!

千切りきゅうりは乾いた千切りキャベツのよう。
何も構想がないままとりあえず干してみたので、調理については後日検討することに~。

キュウリの性質上、干せばハリハリと食感が良さそう。
もう少し厚め&太めに切れば良かったかも?

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村
コメント (2)

休肝日 ・ こりゃ美味しい♪まかないレシピの豆腐カレー

2015年06月12日 | ・休肝日
いつもは見ない昼時の番組で、たまたまその時だけちゃんと見ていたグルメのコーナー。
そこで紹介されていたのが有名店のまかないレシピ。
たしか3つほど紹介されていましたが、このひとつにだけ耳と目がビビビッと反応しました。
慌ててレシピをメモし、2日後にさっそく再現♪

本日は休肝日。

<まかない豆腐カレー・豆ポテト・塩もみキュウリのゴマ酢和え・トマト>
          

●まかない豆腐カレー
15分で作れる上に、これがまたウマイと来た!!
額に汗するくらい辛いカレーが大好きなオットと小太郎ですが、
まろやかな和風のこのカレーには二人揃ってたちまち惚れてしまいました~。

豚ひき肉200グラム・玉ねぎみじん切り1/2個分を油で炒めます。
酒と醤油を各大さじ2・バター5gを入れてコクを加えます。
一混ぜしたら牛乳150mlを注ぎ、続いて絹ごし豆腐1丁を手で崩しながら入れます。
予め刻んでおいたカレールー20gを加え、混ぜながら煮込みます。
丼によそったごはんの上にカレーをかけ、おろし生姜・ネギ小口切り・かつお節をのせればできあがり。
        
絹ごし豆腐が水分となりダシとなるとのこと・・・なるほど。
牛乳も加わることでかなりマイルドなイメージですが、必要以上なまろやかさには決してならず
なんとも優しく品のよい味わい。
今日は新生姜なのでたっぷり目にのせました。
絹ごし豆腐は混ぜてるうちにさらに崩れるので、投入の際はごく粗く崩しす程度が良いかと思います。

普通のカレーはちょっと重いなぁと思う人にはもちろんオススメですが、
パンチの利いた濃くて辛いカレーがお好みの方にも、目覚めて欲しいこのまろみ~。
オススメです♪
15分で作れる・・・さっそく作れば~?!


●豆ポテト
塩ゆでして茹で汁ごと冷蔵してあったブンド豆。
水切りして粗く崩した粉吹き芋・カッテージチーズト合せて出来上がり。
冷蔵庫で中途半端にいろいろあったのがずいぶんと片付いて来て、週末の買い出しにちょうどイイ。
        


●塩もみキュウリのゴマ酢和え
食べないでいると、家庭菜園で採れたキュウリがたまってしまうのでとにかく消費すべし。
お弁当の隙間埋めや和えものやサラダなどすぐに使えるので
とりあえず1本は薄切りにして塩もみした状態でタッパーに入れて冷蔵庫へ。
        
キュウリの水けを絞り、砂糖ひとつまみ・ダシと米酢少々で和え、
擦りゴマを加えれば出来上がり。 

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

身近で使える店をほとんど網羅しているので、わが家も申し込んだ『愛顔のえひめ商品券』。
抽選で当たれば購入できるというものですが、なんと!購入予約は4割止まり・・えっ?そうなん?
でも、ってことは買えるってことよね。
        
宣伝不足・・・確かにねぇ。
小太郎がそれを知ったのはリビング松山の紙面広告で2回見ただけだったかな。
広報や回覧板にちょいとのせるだけでも効果あると思うけど。
1万円で2千円~最大4万円で8千円のお得なので、当然もっと売れても良かったはず。
宣伝不足もあるかもしれんけど、
「100万円の商品券」というのを一名枠で設けて、20万円お得!!なんて目玉が一つあると
そりゃ~もっと売れたんではないかと。

予約申し込みが4割止まりだというのに、16日から抽選結果の発表というのは変わらずらしい。
当たったら使用期限だけはうっかりしないように♪

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村
コメント (4)