尾道 百島物語~From/For Momoshima~人生航海 蜃気楼 百の伝結び

生きているだけで嬉しく喜ばしく、生きているだけで幸せと思う他なく、何れにしても、この上好い事は無いと思う。父より。

怪傑ゾロ目

2018年02月13日 | 空木宝剣
瑞牆の 岩を数える 春の風

天風録によると、新聞には紙齢があって、中国新聞は、2018年2月20日に、第44444号を数えるという。
その前の、第33333号と第22222号は昭和で、第11111号は大正時代。
創刊は、明治24年(1892年)5月5日に遡る。
126年の歴史の中で、原子爆弾による広島の壊滅。
114人もの従業員の犠牲、社屋の喪失で、紙齢が途絶えようとした事が、一番の危機だったという。
記憶が正しければ、昭和30年代、校医であった赤松先生の叙勲表彰の診察風景で、お腹に聴診器をあてられた小生の写真を掲載したのが中国新聞だったと思う。
あの日の紙齢は、第何号だったのだろう。
第44444号まで、あと一週間。
新聞紙だけに、44444のぞろ目は、幸せの数字だという。
新聞は、紙合わせを紡ぐ紙の声を届けたい。
早速、今朝の第44437号、高木が銀、高梨 銅が届く。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« オリンポスの果実 | トップ | 雪からの贈物。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

空木宝剣」カテゴリの最新記事