プリウスと風景

私にとっての「銀河鉄道」プリウスで旅へ、そして自由な思考表明をと考えています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

4代プリウス実体感 ②車内フィーリング

2018年05月24日 | 4  車とエッセイ(燃費・車種・小物・他)
外観、特に前部と後部デザインについては賛否が激しく分かれる。

私は酷いと思う立場だ。

その故か内部まですべて改悪になっているに違いないと予断していた。

1 視界の点



 右前方は3代目より良くなっているではないか。

 (左前方は変わらいように見えるが)

 バックミラーで見る後方も広くなっている。

2 運転席脇のボックスは前後ではなく左上に開けることになった。確かに使いやすい。

ドリンクも二つ置けるし、高さも高くなっているので財布その他を置きやすく便利となっている。



3 白いトーン

当初は違和感を覚えたがしばらくすると高級感を感じるようになってきたから不思議だ。



総じて3代は一般車というフィーリングだったのが4代は高級車という雰囲気に包まれることになる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 4代(50系)プリウス実体感 ... | トップ | 日大をいじめているみたい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

4  車とエッセイ(燃費・車種・小物・他)」カテゴリの最新記事