gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

<東京大学>トルコ国籍助教の博士号取り消し 論文盗用で(毎日新聞)

2010-03-08 01:12:04 | 日記
 東京大学は5日、大学院工学系研究科のアニリール・セルカン助教(36)の博士論文に他人の論文からの悪質な盗用などの不正が見つかったとして、03年に授与した工学博士の学位を取り消したと発表した。論文不正で博士の学位が取り消されたのは東大で初めて。

 東大によると、学位を申請した宇宙での長期滞在施設に関する論文全376ページのうち約4割の149ページで他人の論文からの盗用が見つかった。他人の論文の主語を自分に書き換えるなどした悪質な盗用やその疑いがある個所は計21カ所あった。セルカン助教は盗用した事実を認めているという。

 セルカン助教はトルコ国籍。東大博士課程、宇宙航空研究開発機構研究員を経て、05年に東大大学院建築学専攻助手(現助教)になった。自身の著書やブログで「米航空宇宙局(NASA)で訓練したトルコ人初の宇宙飛行士候補」と称して講演や執筆活動を続けていた。昨年秋に経歴を疑問視する声や論文不正の指摘が東大に寄せられ、調査委が設置されていた。

 東大の佐藤慎一副学長は「極めて遺憾である。二度とこのようなことがないよう、全学をあげて取り組んでまいりたい」とのコメントを発表した。

 東大の決定を受け、中央公論新社は5日、セルカン氏の著書「ポケットの中の宇宙」(中公新書ラクレ)を絶版にしたと発表した。【江口一】

【関連ニュース】
ナノ微粒子:遺伝子を搬送、がん治療に応用も 東大が実験
東北大:学長の過去の論文に不正…教授らが告発文書
新型インフル:東大、名古屋大など追試せず
東北大:学長の「論文に不正」 教授らが告発文書
ナノ微粒子:遺伝子運ぶ がん治療に応用も--東大マウス実験

外国人参政権を議論=4月6日に臨時知事会議(時事通信)
自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判(産経新聞)
無償化へ朝鮮学校側が“攻勢” 社民は首相に生徒との面会要請(産経新聞)
シュワブ陸上案は公約違反=自民総裁(時事通信)
食事与えず5歳児死なす=2カ月放置、体重約6キロに-容疑で両親逮捕・奈良県警(時事通信)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本アイ・ビー・エム、証券... | トップ | 三遊亭楽太郎さん 六代目円... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事