nokoの花図鑑

「みんなの花図鑑」に1か月あまり投稿していました。みなさまの投稿写真を見て刺激を受け、花の写真を撮りつづけます。

優しいピンクで、細長い 繊細な花びらが ステキ♪  ダイヤモンドリリークレスパ ♪

2020年11月27日 | nokoの花図鑑

ネリネ(ダイヤモンドリリー)別名クリスパです。

11月21日にアップした同じダイヤモンドリリーの本種のサルエンシスの仲間です。学名:Nerine   

科名:ヒガンバナ科  属名:ネリネ属  英名Nerine Diamond lily  原産地:南アフリカ  開花期:10~12月

分類:半耐寒性球根  花の大きさ:10cm  別名:ダイヤモンドリリー・姫彼岸花(ヒメヒガンバナ)

このピンクのお花はクリスパという別名も持っています。

かなり、前から、持っています。地植えにもしています。優しいピンクで、細長い縁がちじれた繊細な花びらがステキで、小型なだけに、切り花に重宝しています。

筑紫哲也さんが『筑紫哲也 NEWS23』をされていた時、いつも、このお花の鉢植えが映し出されていました。

1989年10月2日2008年3月28日まで、TBS系列で平日祝日含む)23時台に生放送されていた、平日最終版報道番組

を見ていましたが、いつもお2人の後ろにクリスパの鉢植が飾られていいたのです。どう見ても造花には見えません

でしたが、あんなに長期間飾っておられるはずはないと、いつも不思議でした。

もうその頃は私も、持っていました。20年近く前に持っていたと思います。思い出の花です。花の開花時期が前回の

ダイヤモンドリリーより半月程遅れます。

今(Pm5時)見に行きましたら、2鉢で50本以上咲いていました。

まだ固い蕾もあります。地植えも今咲いています。

育て方のポイント

鉢植えがおすすめです。水はけのよい培養土を使い、過湿にならないようにし、

やや小さめの鉢に植えて根腐れを起こさせないようにする。冬の温度の低いときは日当たりのよい、

凍らない場所で保護することがポイント。ネリネは、ヒガンバナとは違って毒がなく、

花もちのいい植物です。花色にもバリエーションがあり、切り花にも好んで使われる機会が増えました。


詳しい育て方は、11月21日のダイヤモンドリリーに詳しく書いております。

 

撮影は 2020/11/24 の撮影です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 前回の続き・・・ 公園の 初冬... | トップ | カメラ講座から 山口県防府... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿