nokoの花図鑑

「みんなの花図鑑」に1か月あまり投稿していました。みなさまの投稿写真を見て刺激を受け、花の写真を撮りつづけます。

シュウメイギク・自宅

2018年11月14日 | nokoの花図鑑
学名:Anemone hupehensis  科名:キンポウゲ科  属名:イチリンソウ属(アネモネ属) 
別名:キブネギク(貴船菊)、秋牡丹  原産国:中国、台湾  花色:白、ピンク  日照:半日陰

八重のピンク・キブネキク(原種)です。草丈:30cm~80cm

花がキクに似ており,秋に咲くので秋明菊という。キクの仲間ではなくアネモネの仲間であす。

また別名のキブネギク(貴船菊)は京都北部の貴船に多かったために名づけたらしい。高さ50~80cm,地中に匍匐(ほふく)枝を
出して繁殖します。

ほとんど手がかかりません。夏の高温乾燥や、冬期の株の浮き上がりを防ぐため、株元をバークチップなどでマルチングして
おくと生育がよくなります。株が込み合ってきたり、周囲に広がるようなら間引きを行います。
間引きは増やさないようにしているので大丈夫ですが、この夏の高温乾燥が堪えたみたいです。

原種と言って貰ったが、やはり、これがキブネギク(Anemone hupehensis)で、本来のシュウメイギクだったみたいです。

ただし、現在は類似のいくつかの種や、これらの交配種も含めて、総称的にシュウメイギクと呼ばれています。

今年は、暑い夏で、シュウメイギク・ホトトギスも弱りました。花が咲かないと思っていましたら、いつの間にか咲いていました。
蕾の時が撮れなくて残念でした。

最後の3枚は2輪残っていたつぼみが、今日、咲いていました。かなり小型にはなっています。今日の撮影です。



















本日(2018/11/14)撮影です








ジャンル:
みんなの花図鑑
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ミセバヤ・自宅 | トップ | ツバキ(初嵐)・自宅 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
再開しました (yoko)
2018-11-14 20:53:32
nokoさん~ こんばんは^^
ブログお休みの折には、コメントありがとうございました。
今日からまたよろしくお願いたします<(__)>
たった3週間足らずのお休みでしたが、いろいろ考える事が出来ました。
自己満足にも思えるブログですが、やはり何かもの足りなさを感じていました。
これからゆっくりとやって行きます。

nokoさん~いつもお花のこと、詳しく書いてくださって、知らないことだらけの
私は感心しきりです。
こうしてnokoさんのように、続けていく事の難しさも痛感致しました。
おかえりなさい。 (noko)
2018-11-15 00:18:45
yokoさん  明るくシャレたお写真と共に、お帰りなさい(^^♪
私も、休みたいなぁ~と思いながらついパソコンを開いてしまいます。
まだまだ、カメラが上手になりたくて引きずられています。
何事であってももこの歳で打ち込めることがあるという事は幸せなことだと思います。他の事が相当抜けていると思いますが。(笑)
でも、食事の事は贅沢という事ではなく、健康のために手を抜かないように頑張っています。食に関する、テレビ番組が多いですから。勉強にもなります。
昔、こんなに台所に立っていたかなと思う事があります。
最近、特に、いつ何が起こるか分からない世の中ですから、今からも気楽に頑張ります。
これからもよろしくお願いします。
今日は、ありがとうございました。

コメントを投稿