nokoの花図鑑

「みんなの花図鑑」に1か月あまり投稿していました。みなさまの投稿写真を見て刺激を受け、花の写真を撮りつづけます。

マンリョウ(花)・自宅

2018年07月17日 | nokoの花図鑑
学名:Ardisia crenata  科名:ヤブコウジ(サクラソウ)科  属名:ヤブコウジ属  別名:タチバナコウジ
常緑性の低木で秋~冬にかけて小さな赤い実が枝にぶら下がるようにたくさん着きます。
光沢のある葉と赤い実のコントラストが美しく、正月の縁起木として親しまれています。

マンリョウは、鳥が運んでくれるのか、芽が出ることが多いです。この木もそうですが、昨年説明しましたように
脇から30cmのマンリョウが生えていました。今年も、半夏生にうもれていましたが、脇に生えていたマンリョウにも花が
咲いていましたので、撮影の時、周りのハンゲショウを抜きました。こんなに、早く、花が付くとは、思っていませんでした。

最初は、子が大きくなたら、バランスを考えて、親を、切ると書いていましたが、花が咲き始めるとそのまま
様子をみることにしました。朝日が当たる場所ですので居心地は良いと思います。

『高低差のあるマンリョウを3本ほどまとめて植えた方が見栄えがします。』と書かれている方もいました。
こうして花が咲き始め、背も高くなると、そんな気がし始めました。赤い実が長期間残っていますので、冬の間も
彩りも添えてくれます。実が赤くなるのが、楽しみです。
近くにある。ヤブコウジは花も終わりかけ、小さな実が付いています。






























ジャンル:
みんなの花図鑑
コメント   この記事についてブログを書く
« ペロペロネ・自宅 | トップ | バラ(みやこ)・自宅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿