nokoの花図鑑

「みんなの花図鑑」に1か月あまり投稿していました。みなさまの投稿写真を見て刺激を受け、花の写真を撮りつづけます。

10月にも咲いた アマクリナム ♥・自宅

2019年10月08日 | nokoの花図鑑

前回は 2017/08/24 に投稿していますので、今回は、改めて調べ直しました。

といっても https://flower365.jp/01/767.html  365花選さんを参考にさせて頂いただけです。

アマクリナムは、ヒガンバナ科のベラドンナリリークリナム属の属間雑種です。クリナムと比較すると一回り小さく

クリナムほどは場所をとらないので、大きめのプランターで育てることができます。

私も、20年位前に購入し鉢に植えていました。長い間、スラッと1本、高く伸び、キレイな花が咲くので気に入って

いました。何年か、すると株分けをするのにも難しく、叔母に上げられなかったのを覚えています。

15年前に、引っ越しと同時に、地に下しました。何人かの人にも上げています。

大変丈夫で、冬の寒さに気をつければ庭植えでも栽培できます。

栽培した経験では、球根が大きく、充実した球根に育たないと花が咲きにくいといえます。

耐寒性については、クリナムと比較すると少し弱いですが、霜除けをすれば大丈夫でした。

 

 学名:Amacrinum howardii  科名:ヒガンバナ科  属名:アマクリナム族  分類:春植え球根  

花期:7〜8月  高さ:50〜70cm(1mになることもあります)  花:10cm程度・花茎から8~10輪  

花色:白・ピンク  耐寒性:比較的強い  耐暑性:強い(寒さの厳しいときは霜除けをした方が安全)  

栽培難易度:開花させるのはやや難しい

 

栽培のポイント

※ 球根の肥培管理に努めないと、なかなか花が咲きません。と書いてありますが、そういえば、年数が立っているに

かかわらず、少ないです。この度咲いた花は、この春、他の場所に移植したものです。周りの高い草花に埋もれ

良く咲いたものだと思います。1週間ぐらい前に、蕾が飛び出てきたのでびっくりしました。

花が咲くと、1輪が3日位しか持ちません。13輪、付いているので、ピンクの色が長くは見られます。

元々植えているところにも6月頃も咲きましたが、撮影のチャンスを逃しました。

 

 

2枚目 2019/10/05 撮影です

 

 3~5枚目 2019/10/06 撮影です

 

 

 

6から10枚目 昨日(2019/10/07) 撮影です

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 埋もれて生きていた!ダンギ... | トップ | 寒さに弱いランタナを 地植え... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿