田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

西武新宿線の急行が鈍行になってしまう街、井口資仁を生んだ街、田無に住んでるカオスな人が野球について語るブログ。

工藤の特別な夜

2007-05-23 23:44:08 | 野球


今季の交流戦初観戦は所沢のライオンズ×ベイスターズ。
岸と工藤という先発を聞いて、打撃戦になるだろうなぁと思って球場にやってきたが、終わってみれば2-1という僅少差だった。

ただ、この試合はお世辞にも投手戦とはいえない。
典型的な貧打戦といっていいだろう。

ベイスターズが2回は吉村のタイムリー、4回は藤田のタイムリーで1点ずつ取り、2-0とリードする。
しかし、その後が続かない。

大矢監督は走者が出たらバントで2塁にとにかく送る作戦に出、それが成功を続けるものの、そこからランナーを帰すヒットが出ない。
レフトスタンドで見ていたが、イライラが溜まる試合だった。

それを補って余りあったのが工藤の好投。
正直、球には勢いがない。
緩急の「緩」ばかりを投げ続けている感じ。
しかしその「緩」がコントロール良く決まり、相手に的を絞らせず、6回無失点という結果につながった。

7回からは川村ー木塚ークルーンとリレーして逃げ切ったベイスターズ。
ヒーローインタビューはもちろん工藤。
笑顔を浮かべながら、殊勝な言葉を並べ続ける工藤。
「どうせ打たれるだろ」なんて思っていた自分が恥ずかしくなる思い。

そして工藤はマスコットを連れてなんとレフトスタンドの前まで。
所沢でプロ野球の試合は数え切れないほど見てきたが、ビジターチームの選手がレフトスタンドまでやってきてファンに挨拶をするなんて見たことがない。

今日は工藤にとって、そしてわざわざ所沢までやってきて終電の心配をしながら見守っていたベイスターズファンにとって特別な夜になった。
そしてそして8年前、優勝への使者として工藤を熱い思いで見ていた自分にとっても楽しい夜になった。

西1-2横(23日) 工藤が今季初勝利(共同通信) - goo ニュース
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パが全勝! | トップ | 自分で買ったカレーを機内の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野球」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

杜の都のふくもる&高津劇場!など5月23日の交流戦 (阪神タイガース世界一への道~野球狂あさちゃん。)
by Seesaaショッピング杜の都殺人事件¥ ふくもるがラミレスに逆転2ラン被弾の時点で、今回のエントリーは「祝!セ・リーグ全勝!(ただし、讀賣をのぞく)」でいけると思ったのに。。。高津劇場のお返しですか。。。 他のセ・リーグ系ブロガーの見解はこちら(人気ブロ...
勝負と情のはざまで (百花繚乱「ぼたんの屋敷」)
<第二回戦 ホークスvsタイガース> キナキナ対決(博多では黄色のことを”キナ”と言います) 第2ラウンドは 和田と元:鷹戦士の下柳 ほらね 2戦目にしてすでに身悶え試合が・・・ んで試合は序盤からハラハラだったわけですよ これがねー 1回・2回と早く...