田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

西武新宿線の急行が鈍行になってしまう街、井口資仁を生んだ街、田無に住んでるカオスな人が野球について語るブログ。

結局は昨日の裏返し

2010-04-21 23:37:44 | 野球
ソ7―1西(21日) 高橋秀が今季初勝利(共同通信) - goo ニュース

北九州での試合。
ホームランが飛び交う乱打戦になるかと思いきや、実際はランナーがでても拙攻の連続という貧打線。
雨が降り始めた6回、2-1とホークスリードの場面で攝津がマウンドへ。
高めの球ながらも勢いで連続三振。
7回はファルケンボーグが安定したピッチング。
その裏2アウト、多村がバッターボックスに入り、レフト線にファールを打って追い込まれたところで中断に入った。

最近はドーム球場が多くなって雨天中断も少なくなったが、待ちのタイミングは大体30分だったと思う。
しかし中断後30分を過ぎても試合終了のコールどころか、砂を入れ水溜りに雑巾を突っこんで吸い出して・・・

正直、これで流れが変わると思っていた。
もうコールドになったほうがいいのにとも思っていた。
しかし、流れを相手に渡すことなく、むしろ確かにしたのが今日のホークスだった。

2アウト満塁から、左の星野相手に本多がライト線への走者一掃のタイムリー。
初回に2ランを放った松田もセンター前へのポテンヒットで続き、森本の今シーズン初ヒット、そして多村のレフト線へのタイムリー。
この回5点を取って、勝負を決めた。

昨日はライオンズがホークスの中継ぎから5点を奪ったが、今日は逆にホークスがライオンズの中継ぎから5点を奪った。
お互い中継ぎに難ありという面を見せあったともいえるが、ともかく今一つ乗り切れていない本多が左から快打を放ったことが大きかった。
コールドにならなくて良かった。
もちろん、5回1失点、初先発初勝利の高橋には自信になる試合であった。
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 棚から金鉱が落ちてくる話 | トップ | 吉川の居場所 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野球」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

今日の結果 「小倉花火大会」緒戦は雨中打者一巡の猛攻などもあり圧勝!! (はちたかランド2~鷹と80年代JPOPとともに~)
今日の結果(21日) ◎ホークス7-1西武× L 001 000 000 1 H 200 000 05× 7 勝ち投手(S) 高橋秀 (馬原) 負け投手 石井一 ホームラン ホークス 松田2号(1回) もう今日は雨中花火大会を期待していたけれど松田一...
鷹7-1猫 (好きにならずにいられない)
現地観戦の皆さん、お疲れ様でした
雨の谷間を拾う(H-L@北九州) (FSH日録)
三瀬・水田・田上が二軍へ落ち、高橋秀・高橋徹・高谷が上がってきた。もうひとつワクワクしない入れ替えだが、プロ初昇格かつラストチャンスかもしれない高橋徹には敗戦処理でもいい...
雨にも負けず・・・ (ともみの言いたい放題♪)
今日は、北九州市民球場・・・ 天気が心配されたものの、無事にプレーボール 初回、いきなり松田クンの先制パンチ 終盤、40分ほど雨で中断 その後、ダメ押しに成功。 不振のポンちゃんと長谷川クンの活躍がうれしかった 宗リンは、好調を維持 先発は九...