田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

西武新宿線の急行が鈍行になってしまう街、井口資仁を生んだ街、田無に住んでるカオスな人が野球について語るブログ。

楽天栗原コーチが退団へ単身赴任生活続き決断か

2019-10-28 09:52:45 | 野球

プロ野球選手は成績が悪いと契約を解除されてしまうシビアな世界だが、コーチはもっとシビアな世界だと思う。

選手たちの成績が上がることがそのコーチの力量を示すバロメーターになるはずだが、選手のように打率や防御率で数値化されるかわけではない。
どちらから言えば監督やフロントと仲が良いかといった派閥的な観点で採用や配属が決まっていくイメージがある。

しかも給料は選手に比べると安い。
子供も大きくなり家庭に対する費用が重なっていく年齢のはずなのに。
ここ数年で社会人、独立リーグ、韓国プロ野球で活躍するコーチが増えて雇用の場が広がっているのはいいことだが。

で、今回イーグルスから退団を決めた栗原はカープで中心打者として活躍するも不振に陥り、選手生活の晩年を出身地の山形に近いイーグルスで過ごし、その後コーチになった。
単身生活が原因で退団を決断したとのことだが、これが古巣カープへのコーチ就任だったらいいのだが。
平石監督のように石井GMとの軋轢で退団という話でなければいいのだが。



コメント   この記事についてブログを書く
« ストレスフリーに働けば10... | トップ | 鈴木大地FA »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野球」カテゴリの最新記事