田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

西武新宿線の急行が鈍行になってしまう街、井口資仁を生んだ街、田無に住んでるカオスな人が野球について語るブログ。

首位に完敗

2011-06-12 21:48:55 | 野球
選手も監督も通過点と話す交流戦優勝。
今日ホークスが勝ち、ファイターズが敗れれば優勝の可能性があり、試合開始が2時間ファイターズが遅いため、もしホークスが勝った場合は優勝の瞬間に備えて待機することになっていた。
休みの前の日の試合、通過点のために試合後のトレーニング、はたまた飲み?をおあずけにして待たされる選手の心境やいかに・・・

ヤクルト逃げ切る=プロ野球・ソフトバンク―ヤクルト(時事通信) - goo ニュース

と思ったら、杞憂に終わった。
攝津は力強い直球がコーナーに決まり、調子が悪くはなさそうだが、スワローズ打線の逆方向狙いのバッティングが目立つ。
正直、カープ、巨人と個人てんでバラバラに打っている印象があったが、さすがにセリーグ首位として一矢を報いたい気持ちが強いのか、つなぐ意識を感じる。

オーティズ、カブレラがスタメンから外れ、チャンスをホークスがものにできない間に、7回、二塁打の宮本を置いて藤本が逆方向・・・
ではなかったが右中間を破る当りを放ちスワローズが先制、藤本は三塁まで進み代走野口が相川の浅いレフトフライでホームに帰っている。
8回の宮本のタイムリーも、ユウイチの逆方向になるレフト前と代走福地の盗塁が生んだもの。

館山は4回松田の頭にデットボールを当て危険球退場になったが、その後中継ぎが踏ん張り8回はバーネットが昨年いったん解雇されたピッチャーとは思えない投球を見せ、9回松中が林からソロを放つも1-3でスワローズが勝った。

ホークスはこれで交流戦2敗目だが、前回の甲子園はエラー続発で自滅したようなもの。
今日は相手が強いなと思える、完敗だった。
交流戦が終われば、ファイターズとこんな試合を続けることになる。
そのための準備だと思っていれば。
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 首位相手に首位らしく勝つ | トップ | 今年最初の得点がサヨナラヒット »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

野球」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

鷹1-3燕 (好きにならずにいられない)
1か月ぶりの
今日の結果 ドーム交流戦最終戦は白星で飾ること出来ず交流戦優勝お預け・・・ (はちたかランド2~鷹と80年代JPOPとともに~)
今日の結果(交流戦キング決定戦第二R・12日) ×ホークス1-3ヤクルト○ (交流戦優勝M2のまま) YS 000 000 201 3 H 000 000 001 1 負け投手 攝津 勝ち投手(S)久古(林昌勇) ホームラン ホークス 松中(9回) ・...