田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

西武新宿線の急行が鈍行になってしまう街、井口資仁を生んだ街、田無に住んでるカオスな人が野球について語るブログ。

岡島打たれる

2012-08-31 12:14:04 | 野球
オリックスの梶本が決勝打=プロ野球・ソフトバンク―オリックス(時事通信) - goo ニュース

オリックスは最下位独走のまま今シーズンを終わっていきそうだ。
岡田監督も今季限りが濃厚、投手コーチがベンチにいない状況でチームの士気も上がりようがない。
しかし、そんなチームでもずっと負け続けることはないわけで・・・

内川のタイムリーで初回に1点を先制したホークス。
しかしその後もチャンスを作りながらも得点を奪えない。
そうこうしているうちに、オリックス先発マクレーンが立ち直っていく。

序盤はストレートで押すピッチングで調子のよさを感じさせていたホークス先発山田。
しかし4回はコントロールを乱してノーアウト満塁。
バルディリスの犠牲フライによる1点に抑えるが、その後は不安定なピッチング。
中盤以降はオリックスが押し気味に進める。

7回途中で森福、8回はファルケンボーグ。
両者とも好調とは思えないが、無失点に切り抜ける。
そして9回の岡島。
下位打線と対したが、連打でつながれ、梶本に一、二塁間を割られるタイムリーを打たれる。
続く川端にもタイムリー、そして後藤にはスクイズを決められ一気に3点を失った。
ベイスターズから移籍も目立った活躍のない梶本、新人で後半からレギュラーをつかんだ川端。
最下位チームの目的のある選手たちにやられた一戦だった。
コメント   この記事についてブログを書く
« スミ1勝ち | トップ | 小久保の踏ん張り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野球」カテゴリの最新記事