田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

西武新宿線の急行が鈍行になってしまう街、井口資仁を生んだ街、田無に住んでるカオスな人が野球について語るブログ。

細川、ホークス入り、か

2010-11-22 00:00:01 | 野球
名古屋グランパスが初優勝を成し遂げた。
種目が違っても、10数年かかっての初優勝は味わい深いものだと思うが、プロスポーツの最大の醍醐味といっていいシーンそっちのけでダルビッシュの離婚騒動を一面に持ってきた某スポーツ紙には・・・

細川ソフトB決断 4年5億超の大型条件(日刊スポーツ) - goo ニュース

その某紙を含め、複数の新聞で細川のホークス入り確実との報道が挙がっている。
この時期のスポーツ紙ほど信用ならないものはないが、ここまできたら確実と言えそうだ。

ベイスターズは横浜にある超高級中華料理屋で交渉を行った。
超高級という割にはランチは平日なら1000円からあるようなので、差ほどでもないなと思ったが(笑)それはともかく、ベイスターズに付きまとう身売り、そして本拠地移転に対する疑念は、一晩のふかひれで片付くようなものではないだろう。

オリックスも細川入りに手を挙げて、岡田監督は3万円を超える中華料理で接待するなんて記事も見たが、実績トップの日高を信用せず、鈴木、前田あたりをとっかえひっかえしているような姿勢では、細川の信頼感を得られるとは思えない。

ホークスサイドは細川に対して「谷繁のようになってほしい」と伝えている。
谷繁ももう40歳。休む日も出てきたが、それでもドラゴンズの主戦キャッチャーとしての座を有している。
野村克也氏はキャッチャーは35歳から円熟味が出てくると語っている。
山崎には気の毒な話だが、円熟味の出たキャッチャーがどっかり座っているチームは、強いはずだと思う。
コメント   この記事についてブログを書く
« 人生いろいろ | トップ | 人んちの離婚話ではあるが »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野球」カテゴリの最新記事