田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

西武新宿線の急行が鈍行になってしまう街、井口資仁を生んだ街、田無に住んでるカオスな人が野球について語るブログ。

攝津では負けられない

2013-08-10 23:53:41 | 野球
ソフトバンク連敗止める=プロ野球・楽天―ソフトバンク(時事通信) - goo ニュース

午後7時の気温が30、7度。
ここは宮城の仙台ではなくて鹿児島の川内ではないのかと疑いたくなる暑さ。
終盤になってもうちわであおぐ観客が目立つ。
関西人の田中ならいざ知らず、東北人の攝津にとっては厳しい環境で高めに来た直球を打たれ、変化球が外れてフォアボール。
それでも切れることはなく、初回の松田のエラーでの1点と5回の枡田のタイムリーの1点、5回2失点でまとめた。

昨日はなぜ中継ぎを早めに出さないのか疑問に思ったが、ひょっとしたら攝津の調子があまり良くなく、中盤でマウンドを降りる事をある程度予見していたのかもしれない。
田中に勝つことも大事だが、攝津で勝つことはもっと大事。

4回は高めの球を叩いて弾丸ライナー、5回は低めの球をすくいあげて放り込む。
趣が全く異なる松田の連続ホームランなどで2-8と6点リードの6回、森福が登板。3者凡退に打ち取る。
7回の柳瀬も3人で終わらせる。
そんな中、勝敗には影響はないとはいえ8回に千賀が枡田にソロを浴びたのは気になった。
どうしても終盤の一戦一戦が意味を持ってくる時期に経験の少ないピッチャーに重要な位置を任せるのは危険だと思うのだ。
コメント   この記事についてブログを書く
« よくわからない | トップ | CSがなければ終戦記念日 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

野球」カテゴリの最新記事