田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

西武新宿線の急行が鈍行になってしまう街、井口資仁を生んだ街、田無に住んでるカオスな人が野球について語るブログ。

初物に弱いんじゃないの説

2014-10-27 00:44:28 | 野球
ソフトBが雪辱し1勝1敗で福岡へ…21歳・武田が7回1失点(サンケイスポーツ) - goo ニュース

初回1アウト2塁から内川がレフトにタイムリーを放ってホークス先制。
しかし李がショートゴロダブルプレーで追加点のチャンスが一瞬で消える。
そしてその李が4回表にレフトにソロを放って0-2、ホークスが僅差でリードして試合が進む。

先発武田の出来がいい。
ストレートが走っているのでカーブが効果的に決まる。
ストライク先行で進められる。
去年今年の変化球を多投してコントロールを乱してランナーためて失点する武田はどこへ。

5回を過ぎても一向にランナーは出ない。
これがペナントレースなら完全試合の期待を持ちながら見ておけばいいが、日本シリーズでは話が違う。
どこでヒットを喫するか、そして一発を食らってゲームがひっくり返る危険性・・・

それを考えると6回2アウトから狩野にセンター前に打たれたのはかえって「よかった」とさえ思えた。
その後西岡にタイムリーを打たれたが武田は7回まで投げ五十嵐サファテのリレーで逃げ切ることが出来た。

2011年の日本シリーズ5戦目。
山田がドラゴンズ打線に好投をしたのを思い出した。
今日の武田はあのときの山田にダブって見えた。
ホークスの若手投手にセリーグのチームは弱いのか。
そう考えると福岡では飯田や東浜を使ってみると面白かったりして?
コメント   この記事についてブログを書く
« ペースに持っていけるか | トップ | ある意味ホークスらしい試合 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野球」カテゴリの最新記事