田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

西武新宿線の急行が鈍行になってしまう街、井口資仁を生んだ街、田無に住んでるカオスな人が野球について語るブログ。

紹介制もいいんじゃない?

2012-02-04 00:00:29 | その他
岩波書店、採用で「著者か社員の紹介必要」(読売新聞) - goo ニュース

人を雇うのは難しい。
毎日仕事をしていく中で、浮き彫りになっていく性格を見出すには、履歴書、数回の面接、SPIをもってしても困難。
なのであれば、若くて似たような年齢の人間を集めて、一定期間教育してから実際の現場に出すのが一番。
ということを、何社も渡り歩いた30代半ばになってから気づいた(苦笑)

出版業界の老舗。
変えていく人材よりこれまでの流れをずっと続けていく人材が必要に見える会社。
なのであれば、似たような年齢、しかも似たような思考を持った人を集めればいいというのもよくわかる。
入社が紹介制であっても不思議に思わない。

また入社したいとする意欲があるのなら、何とかして関係者を捕まえてみろと。
それぐらいの行動力と気持ちがないと務まらないと。
そんな思いも人事関係者にはあるかも。

それにしても理系の大学なら就職の際には研究室の先生の紹介でなんて話は普通だし、大学院も入試の前に前もって先生に顔を通しておくのも普通だし、あらゆる場所で半ば公にされている行為が、ネット上で公開しただけで、なぜこんなに話題になってしまう(このブログのネタにもなってしまう)のか、不思議だなと思う。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 主役になる監督 | トップ | ペニー入団 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
死の街東京から逃げましょう。 (まりこ)
2012-02-08 17:39:18
東京では放射能汚染によって癌や白血病などたくさんの病気が続発しており、原因不明の急死者が増えている。放射能汚染は実質的に北海道から中国四国地方までおおっている。こんなに早く死者が大量に出るとは、と言う人々もいるけれども、死神が訪れるスピードは思ったよりはるかに早い。政府が2013年つまり来年から始めるインドへの海外移住はもっと時期を早めて規模を大きくするべきである。まずは五万人規模としているが、日本国内への避難ではもはや間に合わない悲惨な状態になっている。移住がもっと早ければ助かったかもしれない犠牲者がおおぜいいるのだ。今回は東京と同規模のインドの都市マドラスに五万人の移住だが、アジアだけでなく世界には東京と同規模の都市は実はたくさんある。かつての日本人町のような都市をもっとたくさん日本から移すべきである。そうしてチャイナタウンのような日本人町を海外にたくさんつくることしか死神からのがれる方法はないのだ。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事