泉大津市会議員  ただち恵子です

私の市政報告、毎日の活動、そのなかで思うこと.




汚染ガレキ・・・・住民勉強会

2012-02-14 17:18:44 | 東北被災地支援・がれき処理問題
「放射能汚染ガレキを燃やすと私たちの暮らしはどう変わる?・・・住民による住民のための住民勉強会~私たちの考える東北支援~」という案内をいただき、参加しました。

3.11以来、原発・放射能について勉強してこられた市民グループのみなさんが準備してくださった勉強会。和泉中央駅近くのシティプラザの学習室に、椅子を詰め込んで会場はあふれるほどでした。

大阪府が進めようとしている「岩手県の震災ガレキ18万トン(当面?)受け入れ方針」の問題点をわかりやすく整理してくださいました。

特に「受け入れ反対というのは地域エゴ。震災復興に協力するのは当然」という言い分、あるいは「当然」とまで言わなくても「やむを得ないのでは?」という疑問に対して、安易に受け入れることが、被災地で今なお暮らしている人たちの環境・健康・雇用を脅かすことが、具体的に明らかにされました。


一番こころに残ったのは、福島からふたりの子どもさんとともに大阪に避難してこられたおかあさんの発言です。

岸和田の勉強会でも同じ発言をされ、その内容は、以前にある方のコメントの中で紹介していただいていました。

ですので、私はその発言を「初めて」ではない思いで聞いたのですが、目の前で語られる一言一言は重く、胸に響きました。
会ったことのない子どもさんたちの顔を思い描きながら、聞きました。
福島の子どもたちのために、自分が何ができるのだろうか・・・と考えながら聞きました。

ご本人の了解をいただきましたので、以下に掲載します。

どうぞ、読んでください。


私は、福島県郡山市から大阪府堺市に、小学生のこどもたちを放射能から守るため、
母子3人で自主的に避難してきました。

夫は、いまだに福島に残って仕事をして、生活を支えてくれています。

避難してくる前に住んでいた福島県郡山市は、原発から50~60キロ離れたあたりにあり、
国が定めた避難地域に入っていません。
しかし、いまだに放射線管理区域である0.6マイクロシーベルト/時を超える
0.7マイクロシーベルト/時の空間線量があり、非常に放射線の高いホットスポットも存在するところです。

そのため、自主的に避難する人と、避難しない人に分かれる地域です。

そのため、3/11に大地震が起こり、原発が爆発してからずっと、
放射能から避難すべきか悩む日々が続きました。
パソコンがなかったため、テレビにかじりついて、いつ避難指示が出るのか、
どういう状態ならば避難してもいいのか、判断材料を求め続けました。

しかし、枝野大臣は「ただちに健康に影響はない」というばかりで、
判断材料となるべき情報を何も示してはくれませんでした。

早い段階で、SPEEDIの情報を公表してくれていたら、原発が大爆発する映像をテレビで
流してくれていたら、もっと早く避難できて、こどもたちに余計な被曝をさせなくて済んだのに…と
悔しくてなりません。

何も知らず、避難地域に指定されなかった郡山は、たいした被害はないのだと思いこんでしまいました。
危険な状態なら、国が何もしない訳がないと思っていました。

そんな中、高い放射能が降る中を、地震の影響で断水で水が出ないため、
スーパーにもほとんど物資がない中、生活するための水や食料を得るため、
スーパーの長蛇の列にこどもたちと並んでしまっていました。

それから、私の小学生の長男の体には、異変が起こりはじめました。
口内炎、湿疹、発熱、鼻血などの症状が出てきたのです。その時には、まだ知りませんでしたが、
それはチェルノブイリ原発事故の後に、その周辺の人たちに多く表れた放射性物質による
健康被害の初期症状そのものでした。

そうした症状は、私の長男だけでなく、多くの福島県に住むこどもたちや、
東北・関東に住むこどもたちにまで、広くでています。

例年とは違うこどもの体調の変化に、多くの母親は直感的に危機感を感じ、
データをインターネットで調べて確信を深め、様々なものを失いながらも避難を決意しています。

もし今、母親の私が避難を決意しなかったことで、大切なこどもたちが3年後5年後10年後に
命を失うような病気にかかったとしたら、命を失うとしたら、私は自分で自分を許せないだろうと
思いました。枝野大臣が言い続けた「ただちに健康に影響はない」とは、
「いずれは健康に影響がある」ということです。
テレビなどでは大々的に公表はされていませんが、すでにチェルノブイリ原発事故の時のデータでは、
事故から3年後から甲状腺ガンが増えはじめ、10年後にピークに達していることは分かっています。

ただちに、健康に影響はなくても、放射線を浴びつづけたら、近い将来、健康に被害があらわれることは、
すでに分かっているのです。
自分の命に代えても惜しくないこどもたちの命が脅かされているとしたら、何を失っても避難しなくてはと思い、福島第一原発から600キロ離れた大阪まで避難してきました。

しかし、その安全だと信じた大阪が、今、放射性物質のついた震災瓦礫を受け入れようとしています。

大阪で受け入れるのは、岩手の瓦礫ということですが、京都で燃やされようとした岩手の松からセシウムが検出されたことがニュースになったように、岩手といえどもすでに放射性物質に汚染されているのです。

その瓦礫を大阪で焼却したら、今、奇跡的に汚染を免れて安全な大阪までも放射能汚染されてしまいます。

私たちは、放射能からこどもたちを守るために、はるばる身寄りのない大阪まで避難してきたのに、
その大阪までもが汚染されてしまったら、私たちはどうすればいいのでしょうか?

震災瓦礫を大阪で受け入れることによって、私たちのように被曝したものは更なる命の危険に脅かされるばかりか、今まで被曝していない大阪のこどもたちまで被曝させる危険があるのです。

大阪の人たちにまで、私たちと同じ苦しみを味わってほしくありません。

福島でも、原発は安全かのように言われていましたが、今回の事故によりたくさんの人が健康に被害を受け、
将来に不安を抱え続けることになりました。

大阪でも、瓦礫の受け入れは安全かのように言われていますが、それを鵜呑みにして受け入れたら、
福島の二の舞になってしまうと思います。

瓦礫の受け入れが、被災地の支援のように言われていますが、私はそうは思いません。
大阪で処理できるくらい安全な瓦礫なら、岩手で処理したいと陸前高田市長は言っています。
その方が被災地の処理業者が潤いますし、雇用が生まれるからです。

被災地の支援をしたいという気持ちには、とても感謝していますが、瓦礫の受け入れだけが
被災地の支援ではないと思います。

被曝しても死なない瓦礫を受け入れるより、いまだに被曝し続け命を脅かされている福島のこどもたちの
避難を受け入れること、その方がずっと命の方を向いた支援だと思います。

いまだに、福島に残るこどもたちはたくさんいます。
放射線管理区域以上の空間線量が存在する中を、放射能汚染された食品を食べさせられて暮らしています。

私たちが住んでいた郡山の学校では、避難したのはクラスで3人しかいません。
割合で言うと避難したのは一割で残り九割のこどもたちは残っています。

そして、郡山の学校給食では、去年高い放射能の降った土に育った米を使用したご飯や、
セシウムが18ベクレル検出された牛乳を使用しています。

保護者が、そうした給食を改善するように教育委員会や学校に働きかけても、
今までの業者との繋がりがあるからと改善に至っていません。

また、郡山のこどもたちが集団疎開できるように避難の権利を求める裁判をおこしましたが、棄
却され、控訴しているところです。

郡山の友人には、せめてこどもに給食の牛乳を飲ませないように、ご飯は安全な産地のものを
自宅で炊いたものを持っていくように頼みましたが、ムラ意識のせいか「みんなと違うことは、できない」と、
そういった防護すらできない状態です。

チェルノブイリ原発事故のデータから、被曝してしまったこどもたちでも、
安全な場所に短期間でも避難して安全な空気を吸い安全な食べ物を食べれば、
深刻な病気から免れていることが分かっています。

どうか、被災地に遠慮なく、震災瓦礫の受け入れ反対の声を上げてください。
そして、瓦礫の受け入れより、避難者の受け入れに目を向けてください。
いまだに、原発から20キロ圏内以外の放射能汚染から避難するための補償はされておらず、
それが経済的負担となり、命を救うための避難を妨げています。

瓦礫受け入れに反対して、避難できる安全な大阪を守っていただくことが、
福島をはじめとする被曝し続ける人たちの命を救う支援になります。

これ以上、福島の悲劇を繰り返さないためにも、大阪が汚染されないように瓦礫受け入れを防ぐこと、
よろしくお願いします。






岸和田で野菜を作っている方が「安心して食べられる野菜を被災地に送り続けることが自分にできる東北支援」と発言されました。

私には、何ができるのか・・・よくよく考えなければならないと思っています。

市のHP上の「東日本震災の瓦礫の受け入れについて」の記述が、先週末から変わっています。(議会答弁と整合性のない記述を改めるよう、再三申し入れてきました。)一部、大変わかりにくく、読み方によっては「とんでもない!」と思うところがあります。
「市民の不安、疑問に正面から答える」ことを行政に求めることが、まずは自分の役割です。

勉強会を終わって、コーヒー飲みながら参加した泉大津、和泉、高石の議員と意見交換をしました。

ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「乳幼児医療費助成」が「子... | トップ | 絶対にしてはならないことがある »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
冷たい雨の中、お疲れ様です。 (汐見渚)
2012-02-15 18:41:05
悪天候のうえ平日の午前中とあり、参加者少数ではないかと案じておりましたが、
(もっとも私も昨日は行けなかったのですが)、
和泉市や高石市の議員さんとの意見交換等、たくさんの収穫があったご様子、とても頼もしく記事を拝見致しました。

さて、こちらは瓦礫の広域処理自体が違法であるとの指摘を見つけましたので、ご紹介致します。

広域がれき処理は違法(1月30日の質疑から)
http://wonderful-ww.jugem.jp/?eid=414

市の公式サイトの瓦礫に関する記述ですが、

「受け入れについての地元協議が関係団体からありましたら」

の部分、気になりますね。
文章全体では受入は事実上不可能と読み取れる記述をしながらも、
可能性が全く無いわけでもないような、そんな含みを持たした一文…。
「関係団体」とは?いったいどういった人達の事なのでしょう。
受け入れを希望している、受入処分をする事で何らかの利益を得る人達が、役所内あるいは市内の企業の中に存在するのでしょうか。
一抹の不安が残る記述です…。
Unknown (ただち恵子)
2012-02-16 23:42:36
汐見渚さんへ

本当によく研究しておられて、敬服です。

いつも貴重な情報、ありがとうございます。


昨日の学習会は「行ってよかった!」と思います。どしゃぶりの雨の中、あかちゃんを抱いて参加されている方もありました。

市民のひとりひとりが、声をあげ、行動することがとても大きな力になると思っています。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東北被災地支援・がれき処理問題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事