泉大津市会議員  ただち恵子です

私の市政報告、毎日の活動、そのなかで思うこと.




「森友疑惑」幕引きなんて とんでもない!

2017-04-16 23:17:55 | 日本共産党
来週の日曜日、23日の夕方4時から、JR和泉府中駅前で日本共産党の街頭演説。

国会で「森友学園問題」を最初に取り上げた宮本たけし議員が訴えます。





掲載記事のひとつに興味があって、手に取った雑誌に、「森友問題に目を奪われている陰で、国会では重要法案が・・・」という文が目にとまりました。

重要法案のひとつ、介護保険の改悪が、どさくさまぎれのように委員会で採決されたり、共謀罪、家庭教育支援法・・・。国会論戦から目が離せません。

その雑誌も、まじめにこれらの「重要法案」について書いていました。


けれど、「森友問題に目を奪われた」ことが、問題かといえば、それはちょっと違うのでは?

それは目を奪われて当然の信じられないような、衝撃的な「事件」でした。そして、問題は解明されてもいなければ、終わってもいません。


国民の財産が「タダ同然で払い下げられた疑惑」から始まり、「交渉記録は廃棄した」と平然という官僚答弁にそもそも国有財産を管理するシステムは大丈夫か?

首相夫人の政治的関与が明らかになるなかで、さらに浮き彫りになった「公私混同」の極み、ある時は「私人」と言って逃げ、あるときは「夫人付き」の政府職員を随行して選挙応援、こんなことがなぜ、まかりとってきたのか?

大阪府の「認可適当」の疑念、認可基準を変えてまでのごり押しの舞台裏に何があったのか?

幼稚園児に教育勅語の暗唱、そして園児虐待・・・なぜ、ここまで放置されてきたのか?

多くの問題が噴出しました。その一つ一つを闇に葬るわけにはいかない。


だから、まだまだ国会審議の重要法案とともに、「森友問題」からも目が離せません。


今度の日曜日、街頭演説にぜひお越しください。


同日、2時から、泉南市立文化ホールでも演説会を開催します。お近くの方はコチラへどうぞ。
コメント   この記事についてブログを書く
« 「科学の軍事利用」・・・9条... | トップ | 「夫婦相和し」の意味は・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本共産党」カテゴリの最新記事