狐の日記帳

倉敷美観地区内の陶芸店の店員が店内の生け花の写真をUpしたりしなかったりするブログ

時の中で凍り付く幻を追い越した時 虹の彼方 愛は待つ 幾閃の光が待つ

2017年04月25日 18時05分30秒 | 知人、友人に関する日記





 狐が友に櫻の花に梅が香留めて柳の枝に咲く姿と聞くばかりも床しきを心憎き獨栖みの者有りけり。
 立つ名 雅男の心を動かして山の井の水に浮岩あくがるる戀も有り。罪な者也。

 同族中に其人有りと知しられて一重と呼ばるヽ令孃の美色。
 姉に妹に數多き同胞を越して肩縫い上げの幼だちより出で若紫行く末はと寄する心の人々も多かりし。

 空しく二八の春も二十の春も過ぎて、何事ぞ飽く迄優しき孝行のこヽろに似す父君母君が苦勞の種の嫁入りの相談かけ給ふごとに「我まヽながら私一生獨栖みの願ひあり。仰せに背くは罪深けれど是ばかりは」と子細もなく、千扁一律いやいやを徹ほして、果ては世上に忌しき名を謠はれながら、狹き乙名の氣にもかけず、更ゆく歳を惜しみもせず、靜かに月花を楽しんで、態とにあらねど浮世の風に近づかねば、慈善會に袖引かれたき願ひも叶はず、園遊會に物いひなれん頼みもなくて、いとヾ高嶺の花ごヽろに苦しむ人多しと聞きし。罪な者也。

 狐が此の者を見知らぬ頃---如何なる風や誘ひけん---果放なき便りに此の令孃の噂耳にして可笑しき奴と笑つて聞きし。
 その獨栖みの理由、我人ともに分らぬ處 何故か探りたく「何ともして一目見たし。否。見たしでは無く見てくれん。世は冠せ物の滅金をも秘佛と唱へて御戸帳の奧深に信を増さする習ひ。朝日かげ玉だれの小簾の外とには耻かヾやかしく、娘とも言はれぬ愚物などにて、慈悲深き親の勿体を付けたる拵らへ言かも知しれず。夫れに乘りて床しがるは、雪の後朝の末つむ花に見參まへの心なるべし。笑止笑止」と貶しながら心にかヽれば、何時も門前を通る時は夫れとなく見返りて見ることも有れかしと待ちし。
 同族・同属の予感有りしか。

 時はあるもの御仕事の歸りがけ。
 日暮れ前の川岸づたひを淋しく來れば後ろより駈け拔けし自転車有り。
 其の自転車の主は令孃なりけり。
 何處くの歸へりか黒髪おとなしやかに、白粉にはあるまじき色の肌の白さ。
 衣類は何か見とむる間もなけれど上品で高尚き御姿。
 若しやと敏し我知らず馳せ出せば、車の輪の何に触れてか「がたり」と音して一揺り搖れヽば自転車の籠から落つる物ありけり。
 夫れと知らねば自転車は其のまヽに急ぐを、敏し何ものとも知らず我遽しく拾ひぬ。

 落とし物は草子なり。
 顎の尖った美男弐名が睦むエロい表紙の草子なり。
 狐は膝を打ちぬ。
 あの令嬢は腐の者であつたか。腐の者 弐次元の戀を好むと聞く。獨栖みの願ひは斯様な訳であつたか。
 我と少し趣味趣向に相違在りしが友となれるやも知れぬ。

 狐は令嬢の屋敷の門を叩き令嬢の落とし物 エロい表紙の草子を令嬢に届けし。
 令嬢は美しきかんばぜを朱く染め瞳に涙を溜めぷるぷると震えながら我が差し出せし草子を受け取れり。
 狐が此の令嬢に狐の趣味を話せし処、此の令嬢は驚き給い瞳を大きく見開きその眼を綺羅綺羅と輝かせて我の話を聞き給ゐ狐の手を取り御部屋に誘い給ふ。



 以来、狐と令嬢はそうるめいとと相成りぬ。


ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クレマチスその7。 | トップ | 『PK』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

知人、友人に関する日記」カテゴリの最新記事