狐の日記帳

倉敷美観地区内の陶芸店の店員が店内の生け花の写真をUpしたりしなかったりするブログ

『魔女』/五十嵐大介

2010年06月05日 06時55分00秒 | 漫画・ゲームに関する日記




 昨晩は五十嵐大介の漫画『魔女』を読んでおりました。
 魔女をテーマとした連作幻想奇譚です。
 第一話は、イスタンブールを舞台に、過去にとらわれ強大な力を手に入れた魔女と遊牧民の少女の物語。
 第二話は、開発の圧力を受ける熱帯雨林に暮らす呪術師の女の物語。
 第三話は、宇宙空間からもたらされた物と北欧の山奥に暮らす魔女の物語。
 第四話は、虚無な日々を送っている女子高校生が旅に出て出合ったものとは? という物語です。

 作者は、言葉では表現しきれない何かを漫画で表現しようと試みているのかもしんない。
 湧き出るイメージの奔流を押さえ込んで制御して物語にしているって感じです。
 アクがあるけど魅力的な絵であり物語でありました。


コメント   この記事についてブログを書く
« 日本代表vsコートジボワール | トップ | 第五次岡山遠征計画。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

漫画・ゲームに関する日記」カテゴリの最新記事