森羅万象・考える葦  インターネットは一つの小宇宙。想像、時には妄想まで翼を広げていきたい。

好きなアニメ・漫画、趣味の語学・数学・宇宙、真剣に防災・政治・少子高齢化まで興味の赴くまま自由に大胆に考えていきます。

【ロイター】 10月23日12:03分、""〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは108円前半、英ポンド急変に警戒””

2019-10-23 12:26:44 | 経済;投資、負け犬個人投資家の必死の反撃…

 

(米ドル/円)

海外(株価・指標):原則15分ディレイ(指数によって異なります)

買・売 108.32-108.33(19/10/23 12:19)
前日比 -0.15 (-0.14%)
高値 108.51 (06:02) 始値 108.48 (06:00)
安値 108.23 (09:20) 前日終値 108.47 (19/10/22)

 

 

 

① ""〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは108円前半、英ポンド急変に警戒””

2019/10/23 12:03

    [東京 23日 ロイター] -    

 

  <12:01> 正午のドルは108円前半、英ポンド急変に警戒       

💲¥   正午のドルは前日NY市場終盤の水準から小幅安の108円前半。英国の欧州連合(EU)離脱問題の混迷を警戒する形で、海外市場に続いて円が底堅い展開となった。       

   ドルは一時108.25円まで下落。15日以来1週間ぶり安値をつけた。市場では「ポンドの激しい動きが市場を主導しているため、ドル/円の先行きを見通すのが難しい」(外銀)との指摘が出ていた。     

£    ポンドは139円前半までじり安。17日以来の安値をつけた。          

 

    <09:30> ドル108.30円付近、ポンド発の「玉突き事故」に警戒       

💲¥   ドルは一時108.25円まで下落。目立った手掛かりはないものの、短期筋の円買いが入ったとの声が出ている。       

   ポンドもつれて上値の重い展開。139円前半と10月17日以来ほぼ1カ月ぶりの安値を更新した。       

   引き続き、英のEU離脱問題が市場に大きく影響する見通し。「ポンド安はドルやユーロ、円など他通貨の買い圧力を高めるはずだが、実際には交渉難航はユーロにも売り手がかりとなりやすく、リスク心理の暗転は円相場をより強く支える。

 どのような経路で玉突きが起こるかには注意すべき」(トレーダー)との声が出ていた。              

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 【ロイター】 10月23日11:51... | トップ | 【nhk news web】 (支援関... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経済;投資、負け犬個人投資家の必死の反撃…」カテゴリの最新記事