森羅万象・考える葦  インターネットは一つの小宇宙。想像、時には妄想まで翼を広げていきたい。

熊本県/被害状況 ; (被害から1か月) 8月3日20:49分、 熊本 豪雨被害から4日で1か月 「在宅避難」500人以上も



◎◎  熊本 豪雨被害から4日で1か月 「在宅避難」500人以上も


2020年8月3日 20時49分


◆◆⇨  記録的な豪雨によって熊本県で甚大な被害が出てから4日で1か月です。ボランティアの受け入れが県内に限定されるなど、新型コロナウイルスの感染拡大が復旧の足かせとなるなかで、被災者の生活再建をどう進めていくかが課題となっています。

■■⇨  先月4日の記録的な豪雨で、熊本県内では球磨川の氾濫や土砂崩れなどで65人が死亡したほか、今も2人の行方が分かっていません。

¤¤¤⇨  住宅の被害は確認されているだけで全壊が223棟、半壊が383棟、床上浸水が5686棟に上り、727世帯、1408人が避難所での生活を余儀なくされています。

▼▼⇨  一方で、新型コロナウイルスへの感染を心配するなどして、被災した自宅で「在宅避難」を続ける人が500人以上いることが県の調査で分かっています。

  こうした人たちは支援の手が届きにくく、孤立するおそれもあると指摘されていて、民間の支援団体が実態の把握を進めています。

★★★  また、被災地では土砂やがれきを撤去する作業が続いていますが、感染拡大防止のためボランティアの受け入れが県内に限られていることなどから人手が足りず、復旧が遅れている地域があります。

◐◐⇨ 新型コロナウイルスの感染拡大が復旧の足かせとなるなかで、被災者の生活再建をどう進めていくかが課題となっています。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「九州北部、 福岡県  大分県  長崎県  佐賀県  熊本県 」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事