森羅万象・考える葦  インターネットは一つの小宇宙。想像、時には妄想まで翼を広げていきたい。

好きなアニメ・漫画、趣味の語学・数学・宇宙、真剣に防災・政治・少子高齢化まで興味の赴くまま自由に大胆に考えていきます。

【ロイター】 8月19日15:34分、""日経平均は144円高と続伸、先行き不透明感などから積極的に上値を追う動きはみられず=19日後場””

2019-08-19 16:52:34 | 経済;投資、負け犬個人投資家の必死の反撃…

 

(TOPIX)

海外(株価・指標):原則15分ディレイ(指数によって異なります)

現在値 1,494.33 (19/08/19 15:00)
前日比 +9.04 (+0.61%)
始値 1,496.03 (09:00) 前日終値 1,485.29 (19/08/16)
高値 1,498.32 (09:05) 年初来高値 1,633.96 (19/04/17)
安値 1,490.30 (11:07) 年初来安値 1,446.48 (19/01/04)

 

 

① ""日経平均は144円高と続伸、先行き不透明感などから積極的に上値を追う動きはみられず=19日後場””

2019/08/19 15:34

 

☀ 19日の日経平均株価は、前週末比144円35銭高の2万563円16銭と続伸して取引を終了した。

 朝方から買いが先行し、午前9時6分には、同215円09銭高の2万633円90銭と、きょうの高値を付ける場面がみられた。

 その後は、手掛かり材料難のなか、戻り待ちの売りに押され上値が重い展開が続いた。後場は買い先行でスタートしたものの、先行きへの不透明感などから、積極的に上値を追う動きはみられず、手控えムードのなか、動意薄の状況が続いた。

 東証1部の出来高は9億499万株、売買代金は1兆5433億円。騰落銘柄数は値上がり1518銘柄、値下がり515銘柄、変わらず117銘柄だった。

 🐔 市場では「先行き不透明感が強いなか、主力銘柄は手掛けづらいことから、材料の出た銘柄や好業績銘柄などへの個別物色が中心になりそう」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、出光興産<5019.T>、JXTG<5020.T>などの石油石炭製品株や、大和証G<8601.T>、野村<8604.T>などの証券株が上昇。三井不<8801.T>、住友不<8830.T>などの不動産株や、7&iHD<3382.T>、ファーストリテ<9983.T>などの小売株も高い。大林組<1802.T>、大和ハウス<1925.T>などの建設株や、AGC<5201.T>、ガイシ<5333.T>などのガラス土石株も堅調。郵船<9101.T>、商船三井<9104.T>などの海運株や、SUMCO<3436.T>、LIXILG<5938.T>などの金属製品株も上げた。

 ☀ 東証業種別指数は、31業種が上昇、サービズとゴムの2業種が下落した。

  個別では、ワイヤレスG<9419.T>、KLab<3656.T>、enish<3667.T>、ショーケース<3909.T>、リニカル<2183.T>などが上昇。半面、神戸物産<3038.T>、インターアク<7725.T>、YACHD<6298.T>、ワタミ<7522.T>、物語コーポ<3097.T>などが下落した。
 

  [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ] 
                      提供:モーニングスター社  (2019-08-19 15:24)

 

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 【ロイター】 8月19日15:11... | トップ | 【ロイター】 8月19日18:20... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経済;投資、負け犬個人投資家の必死の反撃…」カテゴリの最新記事