森羅万象・考える葦  インターネットは一つの小宇宙。想像、時には妄想まで翼を広げていきたい。

好きなアニメ・漫画、趣味の語学・数学・宇宙、真剣に防災・政治・少子高齢化まで興味の赴くまま自由に大胆に考えていきます。

【ロイター】 12月10日16:08分、""再送-東京株式市場・大引け=小反落、ソニーは連騰で17年ぶり高値””

2019-12-10 17:26:17 | 経済;投資、負け犬個人投資家の必死の反撃…

 

(日経平均)

海外(株価・指標):原則15分ディレイ(指数によって異なります)

現在値 23,410.19 (19/12/10 15:15)
前日比 -20.51 (-0.09%)
始値 23,372.39 (09:00) 前日終値 23,430.70 (19/12/09)
高値 23,449.47 (12:31) 年初来高値 23,608.06 (19/11/26)
安値 23,336.93 (09:24) 年初来安値 19,241.37 (19/01/04)

 

 

 

① ""再送-東京株式市場・大引け=小反落、ソニーは連騰で17年ぶり高値””

2019/12/10 16:08

 (本文中のソニーに関する記述をより明確にしました)   

  [東京 10日 ロイター] - 

 

  🌼  日経平均<.N225>                        

   終値         23410.19              -20.51

  寄り付き       23372.39              

  安値/高値      23,336.93─23,449.47                                                    

🌼 TOPIX<.TOPX >                                      

   終値        1720.77               -1.30                                          

  寄り付き      1720.67                                                         

  安値/高値     1,719.14─1,724.08                                                                                              

  東証出来高(万株)  104711                

  東証売買代金(億   19042.75  円)                                            

 

   東京株式市場で日経平均は、小反落した。

   米国の追加関税発動期限が15日に迫る中 、米連邦公開市場委員会(FOMC)、英国総選挙、国内では週末のメジャーSQ(特別 清算指数)算出とイベントを多数控えていることから、見送りムードが強まった。

 

 東証1 部の売買代金は節目の2兆円を連日で割り込んだ。ソニー<6758.T>は17年ぶり高値をつ けた。           

   TOPIXはも小反落。東証33業種では、電気・ガス業、パルプ・紙、輸送用機器 などが値下がりし、その他製品、医薬品、水産・農林業などは値上がりした。

   前日の米国株式市場は、15日に予定している対中追加関税の発動に踏み切るか注目 が集まる中、主要株価3指数は軟化。中国商務省の任鴻斌次官補は9日の記者会見で、で きるだけ早期に米中双方が納得する通商合意を得られることを期待すると述べた。       

   日経平均は反落スタートした後はマイナス圏で一進一退。前場引けと後場寄り付きで 一時プラス転換する場面もあったが、追随する買いは入らなかった。後場は2万3400 円台前半で膠着し取引を終えた。

   外為市場でもドル/円は膠着状態となり、株価にインパ クトを与える要因にはならなかったほか、前場の立ち会い時間中に発表された11月分の 中国消費者物価指数(CPI)・生産者物価指数(PPI)も材料視されなかった。       

 

   個別銘柄では任天堂<7974.T>、太陽誘電<6976.T>などが連日の年初来高値を更新。ソ ニーも年初来高値を更新した。キーエンス<6861.T>は年初来高値を更新した後利益確定売 りに押され、マイナス転換した。トヨタ自動車<7203.T>は反落した。       

 

🐔  市場からは「重要イベントを控えている割にはしっかりしている。12月15日の追 加関税は見送る可能性が高くなった。ある程度織り込まれ、押し目買いが入るのではない か」 (岡三オンライン証券チーフストラテジストの伊藤嘉洋氏)との声が出ていた。

 「商 いは盛り上がっていないものの、任天堂やソニーなどは年初来高値を更新するなど、個別 物色が相場の支えとなっている」 (同)との指摘もあった。  

   東証1部の騰落数は、値上がり989銘柄に対し、値下がりが1035銘柄、変わら ずが133銘柄だった。    

 

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 【nhk news web】 12月10日... | トップ | 【ロイター】 12月10日16:21... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経済;投資、負け犬個人投資家の必死の反撃…」カテゴリの最新記事