森羅万象・考える葦  インターネットは一つの小宇宙。想像、時には妄想まで翼を広げていきたい。

好きなアニメ・漫画、趣味の語学・数学・宇宙、真剣に防災・政治・少子高齢化まで興味の赴くまま自由に大胆に考えていきます。

【nhk news web】 12月3日12:10分、「はやぶさ2」小惑星探査終え地球帰還へ 本格的な飛行開始

2019-12-03 22:18:23 | 宇宙 ; 人類のロマンと挑戦、国立天文台、JAXA、NAS…

 ※ 本日、最後の記事のUPです。

 

(「はやぶさ2」小惑星探査終え地球帰還へ 本格的な飛行開始)

 

 

 ①  はやぶさ2」小惑星探査終え地球帰還へ 本格的な飛行開始

 

☁ 小惑星「リュウグウ」のおよそ1年半にわたる探査を終えた日本の探査機「はやぶさ2」は、先月13日、地球に向けて小惑星を出発し、メインエンジンであるイオンエンジンの試験運転を行ってきました。

 そして、4基のイオンエンジンがいずれも正常に作動することが確認されたため、3日午前11時から本格的に噴射して地球に向けて飛行を始めました。

🌎 「はやぶさ2」は現在、地球との距離が2億5000万キロ余りの位置にあり、およそ1年後の来年11月から12月に地球近くに達し、「リュウグウ」の岩石の破片が入ったと見られるカプセルを分離して、オーストラリアの砂漠に落下させる計画です。

 そして、回収した岩石の破片は国内の研究者を中心に配られ、再来年の夏ごろから分析が行われる予定です。

“生命の起源につながるような成果を”

    
 「リュウグウ」の岩石の破片は、国内の研究者などに配られ、再来年の夏ごろから詳しい分析が行われることになっています。
 
📘 分析は、有機物や鉱物、それにガスなど6つの班に研究者がわかれて行います。
そのなかでも特に注目されるのが有機物です。
 
👤 有機物の分析チームの代表の広島大学の薮田ひかる教授は、IOMと呼ばれる有機物を分析する計画です。
 
 IOMは、炭素原子が多数連なった複雑な構造をした有機物です。
 
 これまで宇宙では、構造が複雑な有機物は、ほとんど存在しないと思われてきましたが、分析技術の向上などで広く存在することがわかってきたのです。
 一部の隕石(いんせき)などで検出されていて、このIOMが分解されると生命が利用できるような有機物になって、生命誕生の材料になった可能性があるとする研究者もいます。
 
🔬 X線顕微鏡という特殊な装置を使うとIOMは白く見え、岩石のどの部分にあるか調べることができます。
👤 薮田教授は「IOMが宇宙でどのように作られてきたのか解き明かすことで、生命の起源にもつながるような成果を出したい」と話しています。

 

 

 

 

 

コメント

【Bloomberg】 12月3日15:30分、""日本株反落、米製造業悪化と貿易摩擦の再燃警戒-素材など内外需安い””

2019-12-03 21:30:56 | 経済;投資、負け犬個人投資家の必死の反撃…

 

(Employees work at the Tokyo Stock Exchange (TSE))

 

 

 

① ""日本株反落、米製造業悪化と貿易摩擦の再燃警戒-素材など内外需安い””

2019年12月3日 7:49 JST        
 更新日時         
 2019年12月3日 15:30 JST  
                        
  •  11月の米ISM製造業指数48.1に低下、予想下回り4カ月連続縮小            
  •  合意なければ15日に対中関税を引き上げとロス商務長官-FOX            
                
Employees work at the Tokyo Stock Exchange (TSE), operated by Japan Exchange Group Inc. (JPX), in Tokyo, Japan, on Friday, Dec. 28, 2018. Japanese shares fell, with the Topix index capping its worst annual performance since 2011, in a year that saw U.S.-China trade tensions deal a heavy blow to investor sentiment.
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
 
    

🌧 3日の東京株式相場は反落。米国の製造業指数が予想外に悪化したほか、世界的な貿易摩擦への懸念から景気の先行きに対して警戒感が広がった。鉄鋼など素材関連や自動車、陸運など内外需とも安い。

  
  • TOPIXの終値は前日比7.76ポイント(0.5%)安の1706.73
  • 日経平均株価は同149円69銭(0.6%)安の2万3379円81銭
<きょうのポイント>
  • 11月の米供給管理協会(ISM)製造業景況指数は市場予想下回るロス米商務長官は中国と合意なければトランプ氏が関税引き上げへ、論理的な期限は15日-FOXビジネス
  • 製造業購買担当者指数(PMI)改定値は52.6に上昇
  • 中国、米企業など「信頼できないリスト」近く公表へ-環球時報
  • トランプ大統領はブラジルとアルゼンチンから輸入する鉄鋼・アルミに追加関税

 

👤 アストマックス投信投資顧問の山田拓也執行役員は、「米製造業指数は改善への期待値が高かっただけに悪化はサプライズ。米景気は悪くないものの世界経済を引っ張っていくような力はない」 と指摘。

 米中協議では追加関税期限の15日までに合意できなくても延期されるとみていたが、「米国は交渉で強いポーズを示してきており、不透明感が出てきた」と話した。

 
 ☂⛆⛆ 米国株安を引き継ぐ形で売りが広がり、日経平均株価の下げ幅は一時300円を超えた。
 
 その後は中国株などの下げ渋りを背景に下げ幅を縮小した。米国でISM製造業指数は低下した半面、「PMI改定値は上昇して景況感が改善している部分もある」と大和証券の壁谷洋和チーフグローバルストラテジストは指摘。
 
 きょうは個人投資家を中心に配当などの再投資資金が滞留していたところに、「都合よく調整で安くなり、押し目買いが入った」とみていた。

 

  • 東証1部33業種は鉄鋼、陸運、電気・ガス、食料品などが下落率上位
  • 鉱業やその他製品は上昇
最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中            
 
             LEARN MORE

コメント

【ロイター】 12月3日20:07分、""【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (12月3日発表分) ””

2019-12-03 21:15:52 | 経済;投資、負け犬個人投資家の必死の反撃…

 

(NYダウ先物 円建)

海外(株価・指標):原則15分ディレイ(指数によって異なります)

現在値27,693.00 (19/12/03 20:51)
前日比-121.00 (-0.44%)
高値27,835.00 (18:04)始値27,813.00 (16:30)
安値27,661.00 (19:40)前日終値27,814.00 (19/12/03)

 

 

 

① ""【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (12月3日発表分) ””

2019/12/03 20:07 

 【好材料】  ――――――――――――

■システナ <2317.T>
発行済み株式数(自社株を除く)の0.71%にあたる70万株(金額で12億4600万円)を上限に、12月4日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

■エービーシー・マート <2670.T>
11月既存店売上高は前年同月比2.4%増と2ヵ月ぶりに前年実績を上回った。

■ラクーンホールディングス <3031.T>
卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」でAmazon Fashionへの卸販売を本格スタート。

■THEグローバル社 <3271.T>
国内外でホテルやレストランを運営するPlan・Do・Seeと業務提携。

■ディー・ディー・エス <3782.T> [東証M]
Micrometrics Technologies社の超薄型指紋センサーに対応した指紋認証ライブラリをリリース。スマホのインディスプレー指紋センサーから入退出ドアまで対応。

■SKIYAKI <3995.T> [東証M]
シンガポールに海外子会社を設立。

■サインポスト <3996.T>
来春開業の高輪ゲートウェイ駅に無人AI決済店舗1号店をオープン。

■レッグス <4286.T>
インフルエンサーのマネジメントやマーケティングを手掛けるRERAISEの株式を取得。RERAISEは短編動画共有アプリ「ティックトック」の関連サービス提供に強みを持つ。

■日本エンタープライズ <4829.T>
クラウド型コールシステム「T-Macss」を提供開始。コールセンター業務の効率化に貢献。

■アトラエ <6194.T>
スポーツ関連ITサービスを手掛けるユーフォリアと資本業務提携。

■千代田化工建設 <6366.T> [東証2]
米国キャメロンLNGプロジェクト第2系列に原料ガス注入開始。

■キュービーネットホールディングス <6571.T>
11月既存店売上高は前年同月比7.6%増と増収基調が続いた。

■原田工業 <6904.T>
ベトナム第3工場が来年1月から本格稼働。

■良品計画 <7453.T>
11月直営既存店売上高は前年同月比0.8%増と7ヵ月連続で前年実績を上回った。

■ユナイテッドアローズ <7606.T>
11月既存店売上高は前年同月比1.6%増と2ヵ月ぶりに前年実績を上回った。

■丸井グループ <8252.T>
中古品販売の「駿河屋」を運営するエーツーと資本業務提携。

■トーセイ <8923.T>
前期税引き前を7%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も5円増額。

■サカイ引越センター <9039.T>
11月売上高は前年同月比1.5%増と増収基調が続いた。

■ナルミヤ・インターナショナル <9275.T>
11月既存店売上高は前年同月比2.1%増と2ヵ月ぶりに前年実績を上回った。

■アインホールディングス <9627.T>
上期経常が25%増益で着地・8-10月期も34%増益。

 【悪材料】  ――――――――――――

■アダストリア <2685.T>
11月既存店売上高は前年同月比0.7%減と2ヵ月連続で前年割れとなった。

■アークランドサービスホールディングス <3085.T>
11月かつや既存店売上高は前年同月比3.2%減と3ヵ月連続で前年割れとなった。

■ジーンズメイト <7448.T>
11月既存店売上高は前年同月比5.4%減と3ヵ月連続で前年割れとなった。

■幸楽苑ホールディングス <7554.T>
11月既存店売上高は前年同月比11.8%減と3ヵ月連続で前年割れとなった。

■セレスポ <9625.T> [JQ]
東証と日証金が4日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。

■ながの東急百貨店 <9829.T> [JQ]
2-10月期(3Q累計)経常が赤字転落で着地・8-10月期は赤字拡大。

■ファーストリテイリング <9983.T>
11月国内ユニクロ既存店売上高は前年同月比5.5%減と3ヵ月連続で前年割れとなった。

■サックスバー ホールディングス <9990.T>
東京デリカの11月既存店売上高は前年同月比3.9%減と2ヵ月連続で前年割れとなった。

 【好悪材料が混在】 ―――――――――

■ミダック <6564.T> [東証2]
東証が24日付で市場1部に指定する。また、1月31日現在の株主を対象に1→1.3の株式分割を実施する。今期配当を実質増額修正。一方、25万株の公募増資とオーバーアロットメントによる売り出しに伴う上限7万4600株の第三者割当増資を実施するほか、自己株処分による28万7000株と既存株主による20万9000株の株式売り出しを行う。

※12月3日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む
[2019年12月3日]

株探ニュース

 

 

 

 

 


 

 


コメント

【気象庁】 12月3日20:02分、千葉県北西部で最大震度2!!

2019-12-03 20:33:37 | 防災・自然災害/環境対策; 地震.津波.警報、気象・天気、…

 

(全体図)

 

(地域図)

 

(千葉)


 

① ""各地の震度に関する情報””

令和 元年12月 3日20時05分 気象庁発表

3日20時02分ころ、地震がありました。

震源地は、千葉県北西部(北緯35.7度、東経140.0度)で、震源の深さは約90km、地震の規模(マグニチュード)は3.8と推定されます。

この地震による津波の心配はありません。

この地震により観測された最大震度は2です。

[震度1以上が観測された地点(千葉県)]
 *印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。 

千葉県  震度2  千葉中央区都町* 千葉花見川区花島町*
          千葉稲毛区園生町*
     震度1  千葉中央区中央港 千葉中央区千葉市役所*
          千葉若葉区小倉台* 千葉緑区おゆみ野*
          千葉美浜区ひび野 千葉美浜区稲毛海岸*
          船橋市湊町* 東金市日吉台* 習志野市鷺沼*
          市原市姉崎* 八千代市大和田新田*
          鎌ケ谷市新鎌ケ谷* 四街道市鹿渡* 白井市復*
          長南町総合グラウンド 長南町長南*

 


 

 


 

 

 



コメント

【ロイター】 12月3日19:55分、""【↓】日経平均 大引け| 反落、米株安や円高で利益確定の売り優勢 (12月3日) ””

2019-12-03 20:20:51 | 経済;投資、負け犬個人投資家の必死の反撃…

 

(日経平均先物)

海外(株価・指標):原則15分ディレイ(指数によって異なります)

現在値23,160.00 (19/12/03 20:01)
前日比-170.00 (-0.73%)
高値23,320.00 (16:30)始値23,320.00 (16:30)
安値23,130.00 (19:22)前日終値23,330.00 (19/12/03)

 

 

 ① ""【↓】日経平均 大引け| 反落、米株安や円高で利益確定の売り優勢 (12月3日) ””

2019/12/03 19:55 

📘 日経平均株価
始値  23231.14
高値  23388.18(13:32)
安値  23186.84(09:03)
大引け 23379.81(前日比 -149.69 、 -0.64% )

売買高  10億7475万株 (東証1部概算)
売買代金  1兆9566億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

本日のポイント

 1.日経平均は反落、前日の米株安や為替の円高が嫌気され利益確定売り誘発
 2.米国ではISM製造業景況感指数が市場予測に反し悪化、景気への警戒感浮上
 3.米国との貿易摩擦が南米に広がるとの見方も手控え感を助長し、主力株に逆風
 4.朝安後は下げ渋る、中国株や台湾株などが底堅さを発揮し押し目買い誘う
 5.全体の7割の銘柄が下落も、中小型株の一角はテーマ買いで値を飛ばすものも

東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは268ドル安と続落した。ISM製造業景況感指数が市場予想を下回ったことやトランプ米大統領が一部の南米産鉄鋼などへの追加関税を復活させると発表したことで売りが優勢となった。

 東京市場では、前日の米株安を受け主力株中心にリスクを回避する動きが優勢となり、日経平均株価は反落となった。ただ、朝方に大きく下値を試した後は押し目買いに下げ渋る展開となった。

 3日の東京市場は、前日に米国株市場でNYダウやナスダック総合指数が大きく下げたことを受け、目先利益確定の動きを誘発した。米国ではISM製造業景況感指数が改善を見込んでいた事前予想を覆し悪化したことで、景気減速懸念から株安の背景となった。米国の貿易摩擦問題が南米にも広がるとの見方も売りを助長した。東京市場でも朝方はリスク回避ムードが強く、為替が一時1ドル=108円台に入る円高に振れたことや、アジア株安などが買いを手控えさせた。その後は、中国株や台湾株などが底堅さを発揮、円高にも歯止めがかかり、これを横目に押し目買いの動きが強まった。東証1部全体の7割の銘柄が下落し、売買代金は1兆円に届かなかったが、一部の個別株に対する物色意欲は旺盛で、中小型株は全体相場に逆行して値を飛ばすものも少なくなかった。

 個別では、ソフトバンクグループ<9984.T>が軟調、日立製作所<6501.T>も値を下げた。太陽誘電<6976.T>も売られた。ファーストリテイリング<9983.T>が下落したほか、エーザイ<4523.T>も安い。ピジョン<7956.T>が急落、リンクアンドモチベーション<2170.T>、幸楽苑ホールディングス<7554.T>などの下げも目立つ。トプコン<7732.T>、マルハニチロ<1333.T>も水準を切り下げた。
 半面、売買代金で群を抜く任天堂<7974.T>が全体相場に逆行し1000円を超える上昇、ソニー<6758.T>も堅調。TDK<6762.T>などもしっかり。第一生命ホールディングス<8750.T>が頑強な動きをみせ、KDDI<9433.T>もプラス圏を維持した。レーザーテック<6920.T>も上昇した。このほか、本多通信工業<6826.T>、内田洋行<8057.T>、阿波製紙<3896.T>、木村化工機<6378.T>がいずれもストップ高に買われるなど集中人気となった。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はTDK <6762.T> 、KDDI <9433.T> 、ソニー <6758.T> 、テルモ <4543.T> 、東エレク <8035.T> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約18円。
 日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄はファストリ <9983.T> 、SBG <9984.T> 、エーザイ <4523.T> 、ファナック <6954.T> 、ファミマ <8028.T> 。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約58円。

 東証33業種のうち上昇は鉱業、その他製品、電気機器の3業種のみ。下落率の小さかった上位5業種は(1)精密機器、(2)非鉄金属、(3)情報・通信業、(4)サービス業、(5)石油石炭製品。一方、下落率の大きかった5業種は(1)水産・農林業、(2)パルプ・紙、(3)電気・ガス業、(4)倉庫運輸関連、(5)陸運業。

個別材料株

△JSB <3480.T>
 前期の経常最高益予想を10%上乗せ、配当も14円増額。
△リネットJ <3556.T> [東証M]
 リチウムイオン電池を用いた電子機器メーカー向けに安全回収サービスを提供。
△ガンホー <3765.T>
 「TEPPEN」が全世界で累計400万DL突破。
△ディディエス <3782.T> [東証M]
 本人認証システム「マガタマプラットフォーム」の販売網拡大。
△gumi <3903.T>
 上期経常を2.3倍上方修正。
△東名 <4439.T> [東証M]
 1→3の株式分割を実施。
△松尾電 <6969.T> [東証2]
 時価総額に係る猶予期間を解除。
△GセブンHD <7508.T>
 1→2の株式分割を実施。
△日神不動 <8881.T>
 今期配当の増額と株主優待にクオカード追加を発表。
△シノケンG <8909.T> [JQ]
 今期経常を13%上方修正、期末配当も8円増額。

▼ライトオン <7445.T>
 11月既存店売上高は6ヵ月連続前年下回る。
▼ピープル <7865.T> [JQ]
 非開示だった今期経常は50%減益へ。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)内田洋 <8057.T> 、(2)本多通信 <6826.T> 、(3)阿波製紙 <3896.T> 、(4)木村化 <6378.T> 、(5)日神不動 <8881.T> 、(6)ブラス <2424.T> 、(7)パスコ <9232.T> 、(8)日本ドライ <1909.T> 、(9)ダイワボウ <3107.T> 、(10)ファインデ <3649.T> 。
 値下がり率上位10傑は(1)ピジョン <7956.T> 、(2)オリバー <7959.T> 、(3)メディシス <4350.T> 、(4)ザッパラス <3770.T> 、(5)幸楽苑HD <7554.T> 、(6)LINK&M <2170.T> 、(7)やまみ <2820.T> 、(8)日産車体 <7222.T> 、(9)ライトオン <7445.T> 、(10)山形銀 <8344.T> 。

【大引け】

 日経平均は前日比149.69円(0.64%)安の2万3379.81円。TOPIXは前日比7.76(0.45%)安の1706.73。出来高は概算で10億7475万株。東証1部の値上がり銘柄数は551、値下がり銘柄数は1540となった。日経ジャスダック平均は3689.81円(4.27円高)。

[2019年12月3日]

株探ニュース



コメント