森羅万象・考える葦  インターネットは一つの小宇宙。想像、時には妄想まで翼を広げていきたい。

好きなアニメ・漫画、趣味の語学・数学・宇宙、真剣に防災・政治・少子高齢化まで興味の赴くまま自由に大胆に考えていきます。

【国立天文台】 9月6日、""速報・ブラックホールの直接撮像に対して基礎物理学ブレークスルー賞の授与が決定""

2019-09-07 23:01:52 | 宇宙、地球環境、世界的気象、国立天文台、JAXA、NASA、宇宙人…

① ""速報・ブラックホールの直接撮像に対して基礎物理学ブレークスルー賞の授与が決定""

2019年9月 6日 |トピックス

 

 

   Credit: EHT Collaboration                   

 

  去る2019年4月10日にブラックホールの直接撮像を成し遂げたと発表したイベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)チームに、2020年の基礎物理学ブレークスルー賞(The Breakthrough Prize for Fundamental Physics)が贈られることが決定しました。総計347名の受賞者のうち、国立天文台に所属する研究者は、EHT Japan代表の本間希樹教授・水沢VLBI観測所長をはじめ11名となります。

 この賞は、2012年から授与されている、基礎物理学・生命科学・数学における重要な進展を表彰する国際賞のひとつです。これまでにも東京大学宇宙線研究所長の梶田隆章卓越教授など複数の日本人が受賞しており、国立天文台でも2016年に重力波の直接検出に貢献した2人の研究者が特別賞を受賞しています。

 

 

 

コメント

【nhk news web】 9月7日22:09分、""台風15号 8日午後~月曜朝 伊豆諸島 東海 関東に接近のおそれ””

2019-09-07 22:52:01 | 日本;自然災害、台風…

 

(台風15号 8日午後~月曜朝 伊豆諸島 東海 関東に接近のおそれ)

 

 

 

① ""台風15号 8日午後~月曜朝 伊豆諸島 東海 関東に接近のおそれ””

 

 気象庁によりますと、強い台風15号は暴風域を伴いながら小笠原諸島の北の海上を北西へ進んでいます。

📅 台風はこのあとも勢力を保ちながら北寄りに進み、8日の午後には伊豆諸島に、8日の夜から9日、月曜日の朝にかけては東海や関東に接近するおそれがあります。
台風の接近に伴って伊豆諸島や東海、関東では急激に風が強まり、猛烈な風が吹くおそれがあります。

🌀 8日にかけて予想される最大風速は

伊豆諸島で40メートル、

関東で35メートル、

東海で30メートル

で、最大瞬間風速は45メートルから60メートル

に達する見込みです。

🌊 8日にかけての波の高さは

伊豆諸島で10メートル

と猛烈なしけが予想され、

関東と東海で8メートル、

小笠原諸島で7メートル

と大しけとなる見込みです。

 台風の接近に伴って8日は伊豆諸島や東海、関東甲信で非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨のおそれがあります。

 東北でも9日は雨が強まる見込みです。

📅 8日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで

伊豆諸島で150ミリ、

東海で80ミリ

と予想され、

📅 その後、8日の夕方から9日夕方までの24時間には

東海で300ミリから400ミリ、

関東甲信と伊豆諸島で200ミリから300ミリ、

東北で100ミリから200ミリ

と予想されています。

 

※ 降水量 200 ミリを超えると土砂災害発生の確率が高くなります。

👀👂 8日は台風が伊豆諸島から東海、そして関東へと接近し、急激に雨や風が強まって大荒れとなる見込みです。最新の情報に注意し、早めの備えや避難を心がけてください。

 

 

コメント

【nhk news web】 9月7日16:53分、""九州 四国 南西諸島 あすにかけ激しい雨も 台風13号などの影響””

2019-09-07 22:33:56 | 日本;自然災害、台風…

 

(九州 四国 南西諸島 あすにかけ激しい雨も)

 

 

 

① ""九州 四国 南西諸島 あすにかけ激しい雨も 台風13号などの影響””

 

 気象庁によりますと、朝鮮半島付近を北上している台風13号や、沖縄付近にある別の低気圧の影響で暖かく湿った空気が流れ込み、広い範囲で大気の状態が不安定になっています。

 九州や四国、南西諸島では局地的に雨雲が発達していて、これまでの雨で地盤が緩んでいるところがあります。

 大気の不安定な状態は8日にかけて続く見込みで、九州や四国、南西諸島では局地的に激しい雨が降るおそれがあります。

🏔🎆⚡⚡🌪 気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水のほか、落雷や突風に十分注意するよう呼びかけています。


 一方、南から流れ込む暖かい空気や日中の日ざしの影響で、7日は全国的に気温が上昇し、各地で30度を超える厳しい残暑となりました。

☀☀ 日中の最高気温は、

▽大阪・堺市で36度7分、

▽新潟県魚沼市で36度4分、

▽兵庫県豊岡市で36度、

▽大阪市で35度5分、

▽鳥取市で35度2分

などと、35度以上の猛暑日となったところもありました。

☀☀ 8日も全国的に気温が上がって30度を超える厳しい暑さとなり、西日本や東日本の内陸や日本海側などでは35度以上の猛暑日となるところがある見込みで、熱中症に十分な注意が必要です。👀👂

 

 

 

コメント

【気象庁】 9月7日14:41分、””台風15号 月曜朝の通勤通学に影響も 急激に強まる風雨に警戒""

2019-09-07 22:22:03 | 日本;自然災害、台風…

  (台風15号 月曜朝の通勤通学に影響も)




① ""、””台風15号 月曜朝の通勤通学に影響も 急激に強まる風雨に警戒""

 

 

最大風速30メートル以上と予想 トラック横転も

台風15号は風速25メートル以上の暴風域を伴いながら東日本に接近する見込みです。関東や伊豆諸島、東海では最大風速が30メートル以上に達すると予想されています。樹木や電柱、ブロック塀などが倒れるおそれがあるほか、走行中のトラックが横転するおそれがあり、台風が接近している中での屋外の行動は極めて危険です。台風の暴風域に入る前に安全な場所に移動し、暴風域に入ったあとは、不要不急の外出は控えるようにしてください。

アンダーパスなどで危険な状態も

台風15号の周辺には非常に発達した雨雲があります。接近すると短時間のうちに猛烈な雨が降り、土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水が発生するおそれがあります。特に首都圏など都市部では、雨水が地中にしみ込みにくく、急激な浸水による被害や川の氾濫が起きる危険性が高まります。都市部の地下空間や、道路のアンダーパスなどでも水が排水できずにたまることで一気に危険な状態になることがあります。雨が強まっているときには近づかないようにしてください。

台風から離れていても一発大波に警戒

台風が接近する沿岸では、猛烈なしけや大しけが予想されています。台風から離れていても「一発大波」とも呼ばれる局地的な高波が突然押し寄せることがあります。台風が接近しているときだけでなく、離れているときでも海に近づくのは危険で、様子を見にいくのは控えてください。

ハザードマップを確認 早めの備えを

台風が近づく前に、自分の住んでいる地域で起きる災害の特徴を知り、備えておくことが重要です。自治体が公表しているハザードマップなどを使って災害の危険性や避難場所をあらかじめ確認してください。今後発表される気象庁の情報のほか、自治体の情報にも注意し、早めの避難を心がけてください。

月曜朝の通勤通学に影響も

台風の速度によっては9日月曜日の朝の通勤・通学にも影響が出るおそれがあります。最新の交通情報を確認するようにしてください。


 

 

 

 



コメント

【気象庁】 9月7日22:00分、""各地の震度に関する情報、9月5日~9月7日まで""

2019-09-07 22:06:35 | 防災・自然災害; 地震.津波.各種警報、気象・天気など…

 

(最近の地震活動(速報値))

 

① 利用の留意事項

  • 表示している震源には、発破等の地震以外のものや、震源決定時の計算誤差の大きなものが表示されることがあります。 個々の震源の位置ではなく、震源の分布具合に着目して地震活動の把握にご利用下さい。
  • なお、本ページに掲載している以前の期間に発生した地震については、震源リストをご利用ください。

補足説明

  • ★は最新1時間に発生した地震、◆は情報発表した地震を示します。
  • 本ページでは、震度1以上を観測した地震についてはすべて、内陸の浅い地震については概ねマグニチュード(M)1.5以上、 それ以外の地震についても概ねM4以上が表示されます。
  • 震源決定には気象庁のほか、防災科学技術研究所、大学、及び海外関連機関等のデータを使用しています。
  • 本webサイトに掲載されている一部の画像の作成にはGMT(the Generic Mapping tool [Wessel,P.and W.H.F.Smith, New, improved version of Generic Mapping Tools released, EOS Trans. Amer. Geophys. U., vol.79(47),pp579,1998])を使用しています。

 

 

② ""各地の震度に関する情報、9月5日~9月7日まで""

 地震検知日時、震央地名、マグニチュード、最大震度、情報発表日時

【9月7日】

1. 2019年 9月 7日19時38分 三河湾 M3.3 震度1  9月 7日19時41分
2. 2019年 9月 7日18時36分 浦河沖 M4.9 震度3  9月 7日18時39分★★★
3. 2019年 9月 7日17時01分 岩手県沖 M4.0 震度2  9月 7日17時04分★★
4. 2019年 9月 7日08時27分 熊本県熊本地方 M2.9 震度2  9月 7日08時30分★★
5. 2019年 9月 7日07時56分 茨城県沖 M4.1 震度2  9月 7日08時00分★★
6. 2019年 9月 7日04時04分 浦河沖 M3.8 震度1  9月 7日04時07分
7. 2019年 9月 7日00時31分 新潟県中越地方 M2.8 震度3  9月 7日00時34分★★★

【9月6日】

1. 2019年 9月 6日21時09分 根室半島南東沖 M3.8 震度2  9月 6日21時13分★★
2. 2019年 9月 6日09時08分 熊本県熊本地方 M3.5 震度3  9月 6日09時11分★★★
3. 2019年 9月 6日08時39分 福島県沖 M3.7 震度1  9月 6日08時42分
4. 2019年 9月 6日05時48分 日向灘 M3.2 震度1  9月 6日05時51分
5. 2019年 9月 6日04時20分 福島県沖 M4.0 震度1  9月 6日04時23分
6. 2019年 9月 6日00時02分 福島県中通り M3.7 震度2  9月 6日00時05分★★

【9月5日】

1. 2019年 9月 5日14時47分 奄美大島近海 M2.7 震度1  9月 5日14時50分
2. 2019年 9月 5日14時44分 岐阜県飛騨地方 M2.2 震度1  9月 5日14時47分
3. 2019年 9月 5日09時57分 和歌山県南方沖 M4.2 震度2  9月 5日10時01分★★
4. 2019年 9月 5日04時47分 宮崎県南部平野部 M3.2 震度1  9月 5日04時49分

 

 

 

コメント