岸本晃の住民ディレクターNEWS

地域活性化を実践するAction Media です。

ぶれないことの大切さ。

2007年12月18日 | Weblog
 ぶれない、ということがいかに難しいか最近つくづく考える。地域を回っていていろんな形で地域振興策が模索されているが、担当者がぶれるかぶれないかで先があるかどうか、ほとんど決まる。私自身、かなりおおざっぱなやり方で対応するようにしているが、最近は逆にそれが足を引っ張っているかもしれないと感じる場面もある。住民ディレクターの発想は日常の中で忙しい皆さんがやれる範囲でやっていこうという大雑把なやり方でプロデュースできる方法を考え出した。しかし、逆にどうにでもなるという安心感が生まれ、ぶれようがぶれまいが何とかなっていくという習慣がついてしまっている場合もあるようだ。ぶれないのは頑固とは違うので「柔軟にしてぶれない」方向に行くことが大切だ。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 行動する梅干し屋さんに学んだ! | トップ | 「地アニメ」構想に宇宙人も... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事