なまくらや

善ちゃんといろいろをのんびりつづっていきまーす。生きてれば無限大。
妹さーちゃん生まれて家族4人になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ぜんちゃんの放課後

2017-06-30 03:50:19 | 日記
幼稚園が終わるとリハビリや療育、それから体操教室に最近は通っているぜんちゃん。
ちょっと前まではそんなに詰めないようにしてて、体調崩したらなんもならんし、詰め込みすぎるのがなんだかかわいそうだと思っていた。

でも、参観日の日、周りと遅れているところだらけのぜんちゃんが、朝のマラソンや、縄跳びを黙々とやっていて、縄跳びはまだみんなやれてなくて、ぜんちゃんは体操教室でやったかいがあって、先生に教えらてたとうりにやっていた。

ちゃんと力になってる。

周りと比べてできないことだらけのぜんちゃんでも、縄跳びは周りよりできてた。

きっと本人の自信になるだろう

って思った。

それから幼稚園以外での活動をコツコツやって経験を増やしていくことが大事なんだなって思えるようになった。

おかげで、幼稚園が終わってから週3はどこかに連れて行ってる。

春になって、風邪なんかもあんまり引かなくなって、本当強くなったなー。

それから、最近ポピーをはじめた。
とりあえず、年少さんコースから。年中のお試しも、やれるところもあったけど、アイウエオの書く練習なんかはまだ早すぎて、ぜんちゃんはまだ鉛筆が握れる段階ではないし、数字も、数えたりするのも年少さんの方が丁寧だからわかりやすい。
自信がついてきたら年中さんのもとってみようかなー。

やってみてわかったこと。

ぜんちゃん、お勉強好きやー。
わかること、知ることが楽しいらしい。
これは何?と私に早く教えろと急かしてくる。
1日1ページくらいでいいのに、まだやるまだやる!といって聞かない。

もー明日にしようってとりあえずやめたんだけど、夜ご飯食べ終わってからもまたやるって、今度はパパとやっていた。

でも、パパはむきになってわからないことを教えようとするから、ぜんちゃんも嫌になったのか、

ママとするー

って。

教えようとするより、知りたいって思うくらいでやめとかないとだな。(笑)
できないところはとりあえずできたシールを貼らずにまた復習もしくはしばらくしてわかりそうになったらやってみるとか、本人のペースでやらないとたぶん、嫌になるだろう。

やらされるととたんにやらなくなるのは誰だって同じだもんねー。

線を指でたどるっていうのがむずかしいらしい。先を見ながら動かさないとだもんねー。視野を広げなくては。

そういえばぜんちゃん、幼稚園で、よく注意散漫になっていて、まー、家でもそうなんだけど、よく考えると、2歳くらいとか普通落ち着きない時期におとなしく遊んでいる子どもだったから、そういう性格なのかな?なんてのんきにその時は思ってたけど、斜視で立体視ができてなくて、矯正のプリズムメガネをかけていたけど、度が強すぎて、老眼のおばあちゃんのようにメガネをずらしてメガネの下を覗くようによく見ていた。
幼稚園へ入る直前に斜視の手術をしてメガネが外れると、とても活発になって動けるようになった。
最近は落ち着きがなくて、じーっと何かを見て考えたりして、私にあれはなに?これは何?
とよく聞いてくるようになった。
いろんな説明書きや注意書きなんかも、読んでほしいと言ってくるし、言葉に興味でてきたのかな?と思っていた。

3ヶ月前くらいの眼科受診で、立体視ができるようになっていたことを思い出した。

そうだ、今まで見えていなかったもの感じなかったことが、本人には新鮮に入ってくるのかもしれない。

言葉が話せるようになる前に、普通指差しとかするっていうけど、それどころか、メガネのおかげで周りがよく見えないから、

ぜんちゃん見てー!これ見てー!

と注意を促すのが大変だったことを思い出した。

点と点がつながるように、今、落ち着きないのは、目の成長とともに、ぜんちゃんの興味が広がっている、ぜんちゃんの新しい成長なんだってことがわかった。

マイペースなのは性格だけじゃなくて、ぜんちゃんの今の成長なのだ。

このことをわかってほしくて、幼稚園の先生にも連絡帳に書いた。

それから、急かすだけでなくて、先の予定をもう少し本人がわかるように、副担の先生に横で言ってもらえないかとか。ひらがなは読めないけど、数字はわかるようになってきたから、時計を見せて、何時までと決めて気持ちの切り替えがしやすいようにしてもらえないかとか。年中さんだともう気持ちの切り替えなんかもスムーズにできるようだけど、ぜんちゃんはまだできないのと、その目の成長もあって、周りがいろいろと気になって、今やらないといけないことになかなか集中できないことがあるみたいだから。

このごろ、お帳面ぎっしり書いて、先生もまたかーなんて思われてそうだけど、ぜんちゃんのことがわたしもわからないなって思ってたことがすこしわかってきた気がするし、先生たちにもわかってもらえてほんとありがたいなという毎日。

そしたら昨日、朝のお支度がぜんちゃん珍しく早くできて、副担の先生にとても褒められたとかって。
わたしもたくさん褒めた。

急いでーばっかり言われてたぜんちゃんも、褒められるときっととても嬉しかったはず。


家でも筋力がついてきたのか、お風呂入る時の脱ぎ着もすごく、早くなった。

気持ちの切り替えも前に比べるとほんと早くなった。



発達は、やっぱり体からなんだなーと実感する。

体が動いて、指先が動いて、頭が動く?

なのかな?

体操教室と、リハビリでたくさん体を動かして、無意識に早く動けるようになってきたんじゃないかな。

夏休みくらいから、ピアノを習わそうと思ってる。ぜんちゃんも楽しみにしてて、発達にもいいだろうけど、気長に続けられる習い事になればなーと思っている。
近所だから、いつかは1人で歩いて行って、自分でやれることが増えていくといいなっていうのもある。

端から見ると忙しすぎる園児かなーとやっぱりたまに間違ってないか不安になるけど、ぜんちゃんの今を見失わないようちゃんと見ていこうと思う。


忘れたらまたブログ読んで思い出すためにここに記しとこう。



にほんブログ村 病気ブログ 先天性心疾患へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
ぽちっと押してみてください!


ブログを通じて、心臓病のお子さまをもつママさんや、心臓病の方とのお友達の輪が広がるとうれしいです。


3歳の頃の斜視手術前のぜんちゃん!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ママがいない! | トップ | 6歳5ヶ月カテ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事