多様性の否定

2018-10-15 06:04:48 | 日記
ジャーナリスト 受難

本当のことを言うと捕まり 粛正

殺される


サウジアラビアは世界でも一番自由旅行ができない国

女性は自由に車の免許が持てない

はだけた服装はダメ

映画を女性だけで見ちゃダメ

そんなサウジも世界が脱石油の中で焦ってる

オイルマネーが激減すれば

サウジの民衆も静かにはしていないだろう



そんな中で





サウジアラビア政府を批判してきた同国の著名なジャーナリストが

トルコ・イスタンブールのサウジ総領事館に入った後に行方不明になっている問題で

ロイター通信は6日

ジャーナリストは館内で殺害されたとするトルコ当局の見方を報じた

両国の言い分は対立しており、中東の地域大国同士の外交問題に発展する可能性がある。




サウジ国籍のジャマル・カショギ氏は2日、結婚手続きのために総領事館に入った後

行方不明になっている。ロイター通信によると

トルコ当局はカショギ氏が殺され、遺体が総領事館の外に運び出されたとみている。

当局者の一人は同通信に

「殺害は前もって計画されたものだと考えている」

と語ったというAFP通信によると

2日には政府関係者を含む約15人のサウジ人がイスタンブールに到着

カショギ氏が総領事館にいる間に館内にいたという

トルコ当局は、この一団がカショギ氏を殺害したとの見方を強めているという




カショギ氏の行方をめぐっては、トルコ側が3日に「総領事館の中にいる」

と主張したのに対し

サウジ側は「総領事館を出た後に行方不明になった」と反論していた




サウジのムハンマド皇太子はメディアの取材に

「トルコ政府が建物に入り、捜索することを受け入れる。何も隠すことはない」

と述べていた

カショギ氏は米国を拠点にワシントン・ポスト紙などに寄稿し

ムハンマド皇太子が主導する改革などを批判してきた



ジャーナリスト受難な時代です

時の権力者はたたかれてなんぼなんですよ

それができてる国は生きやすいのですよ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 来年のカレンダー 天皇生前... | トップ | お前らもか 大学入試 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事