檜山(ひやま)智子の徒然なるままに・・・

ひやま智子の日々の思いや活動をお知らせします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

待機児童解消の政府案

2016-04-01 | 日記
 先日、待機児童解消に向けた政府の緊急対策案が発表された。
 基本的に、現在ある保育所の定員枠を緩和してなんとか保育所に入れる子を増やそうというもの。
 
 例えば、現在、国基準では子どもにとって決して十分な環境ではない(ということは、保育士にとっても過酷な労働条件だということ)という理由で、自治体独自に手厚い基準を設けている自治体に、国基準までもどせ!という要請。あるいは、19人定員の小規模保育所を22人定員に広げ、なおかつ、現在2歳までのところを3歳まで継続利用できるようにする(でも、3歳からの受け入れが拡大できなければ、単なる問題の先送りでしかない)など。
 
 根本的な保育士の待遇改善の対策は、今後の『一億総活躍のプラン』に盛り込まれるんだそうな。つまり、今年度の当初予算作成に当たっては、政府与党は、保育所対策の改善には全く問題意識をもっていなかったということになる。
 
 それでなくても、先進国の中で、子どもの教育や成長にかかわる公費の支出度合いが、最低に近く低い日本。日本の政治家が、本当の意味で、日本という国を未来につなぐつもりなら、
それを担う子どもをちゃんと育てる(社会で)事が、どんだけ重要かわかるはずなのだが。

 野党時代、とにかく再び政権の座に戻りたい・・・そのためには、民主党との差別化で、より右翼的で復古的な“憲法草案”をあえてつくり、返り咲いた自民党と公明党には、しかし、そのような未来志向の政策を期待すべくもない。
 
 とにかく、子育て世代の人は、選挙に行き、ちゃんと、自分の思いを代弁してくれる人に、投票する・・・この政治の基本をちゃんと実践することです。それをやらないでいては、暮らしやすい社会は実現できませんから。 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「帝国の慰安婦」読んでます。  | トップ | 秋になってしまいました! »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事