アーモーおやじ

テニスで失敗すると出る「あーもー」。夫婦で田舎暮らし、楽しみます。スノボもどんどんやるぞー‼︎

退職旅行、その2

2018-06-25 05:22:44 | Weblog
退職旅行2日めは、四国の最西端の佐田岬に行きました。かねてから行きたかった所で、あの細くなった先の先をドライブしたかったのです。
しかし、天気は雨、さらに、霧で視界はなく、快適なドライブどころか、ライトをつけての慎重運転。
やっとのことで佐田岬の駐車場に到着しましたが、ここから灯台までは徒歩。幸い雨は小降りになってたので歩き始めましたが、意外と時間がかかり、途中までで引き返しました。

私のイメージでは、佐田岬までの道は、尾根伝いで両側に海を見てのドライブだったのですが、実際は山が深く、最後まで山の中腹を走ってました。しかも霧の中を、です。

佐田岬は、鹿児島に佐多岬という田の字が多になっている岬があり、次はそこに行くかな

佐田岬の次は宇和島城です。
宇和島は、大学2回生のとき、寮の先輩の吉田さんと、足摺岬を見に行ったときに泊まったことがあり、42年ぶりの訪問です。
そのとき、宇和島城にも行ったのですが、宇和島城の下にあった"秘宝館"を二人で見学した印象しかないため、城マニアとしてはそのトラウマを払拭せねばなりません。
築城の名手、藤堂高虎が建てた堅固な城で、現存は天守と石垣ぐらいでしたが、素朴な味がありました。

その後、高知市まで走りましたが、大好きな四万十川も仁淀川も、雨で清流という姿とはほど遠く、堪能できませんでした。

3日めは高知城からスタート。

快晴で、気持ちがいいです。
追手門に、「国宝高知城」の石碑がありました?
待てよ、高知城は現存12天守ではあるが、国宝ではないはず。近づいて説明板を見ると、かつて国宝だったらしいです。


この石碑を堂々と残している高知人、恐るべし。

高知城の横の日曜市。大賑わいでした。
そこで、上郡の家の表札を書いてもらいました。旅の記念です。



そのあと、大歩危小歩危を通り、中央構造線沿いに徳島までドライブ。あの池田高校の横を通りましたが、山の高校が全国制覇したこと、荒木大輔をボコボコの打ちまくった偉業を思い出しました。
最後に10番札所の切幡寺で旅のお礼と、これからも夫婦仲良く、健康的に過ごしていけますようにとお願いして、旅を締めくくりました。


邑久光明園からスタートした旅でしたが、これからも年に1回ぐらいは行きたいなあ、としみじみ感じた老夫婦でした
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 退職旅行 | トップ | 普通二種免許 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事