アトリエcaco(RAIN love)

心が動いた事を気ままに…RAINがいつでもここに…

RAIN 10年振りのアクション演技

2018-05-08 17:59:23 | Rain

]'アクションスターピがかえってくる'、10年だけ'きちんとモムソてみようかな~'




[スポーツソウル李ジソク記者]'アクションスター'ピ(チョン・ジフン)が戻ってきている。2009年ハリウッドデビュー作の'ニンジャ・アサシン'からきちんとなった、アクション演技は、10年ぶりだ。

チョン・ジフンは来る25日に初放送されるJTBC新金土ドラマ'スケッチ'(脚本カンヒョンソン、演出イムテウ)で強力系刑事に分解熱演する。彼のドラマ出演は昨年4月に終映したSBS'帰ってきますおじさん'以降、2年1ヵ月ぶりだ。

この作品で、チョン・ジフンは目立つ演技変身を試みる。これまでドラマではロマンチックコメディーの主人公の役割を多く務めてきたが、'スケッチ'では笑いのない演技を披露する。ロマンスよりアクションが先だ。

所属会社レインカンパニーの関係者は"2009年'忍者オセシン'、2010年KBS2'逃亡者プランB'以後、本格的なアクション演技は初めてだ。'逃亡者プランB'時よりもっと本格的なアクション演技を披露する。それで本人も、他の作品より肉体的に、精神的に徹底的に準備し、今回の作品の撮影に臨んだ。アクション俳優チョン・ジフンの魅力を確認できる作品になるだろう"という期待感を示した。

チョン・ジフンは愛する恋人を守るためになりふり構わぬ強力系刑事同数を表現するため、船の上での決闘から水中のアクション・まで、大部分のアクションを代役なしに消化した。

現場での役者たちのアクション演技を指導するイビョンジュン武術監督は"チョン・ジフンは生まれつきのアクション俳優"と絶賛し、"和を認知して暗記するのに生まれた。基本アクションの枠組みがよく取れていてアクションをすることにやりやすかった"と明らかにした。





李監督は"アクションに困難がある俳優の場合呼吸を合わせる俳優やスタッフが難しいことができるが、チョン・ジフンはあまりにもベテランであるため、巧みに消化をした"、"初回に出るようになる浜埠頭のシーンはウォンテイク撮影数日を考えた分量だった。ところが、現場で短く合わせてみた後、たった二度ぶりにオーケーサインを取り付け、スタッフたちは皆驚いた"と話した。

イビョンジュン監督が言及した埠頭のシーンは'スケッチ'の撮影を始めたこの3月末に行われた。チョン・ジフンが序盤からアクションをよく取っておいてその後は撮影がやりやすかったという。

一方、'スケッチ'は定められた未来を変えるために孤軍奮闘する彼女たちの話を盛り込んだ捜査アクションドラマだ。恋人を失った刑事課のエース刑事と72時間以内に起こる未来を絵で'スケッチ'できる女刑事が一緒に協力捜査を展開しながら、殺人事件を追う。'ちゃんとご飯買ったきれいなお姉さん'後続で、来る25日金曜日の夜11時に初放送されている。

monami153@sportsseoul.com

<雨。写真|レイン カンパニー提供>
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« RAIN アクション俳優… | トップ | RAIN ファンミ再現レポート »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
嬉しかったです (ケナリ)
2018-05-15 13:30:18
cacoさん、アンニョンハセヨ!
昨日はお会いできて嬉しかったです。
また、お会いできますように
ケナリさん (caco)
2018-05-17 09:09:08
ケナリさん、こんにちは^ ^

先日は羽田空港でお会い出来て嬉しかったです(^^)
ジフニには会えませんでしたが、空港に行って良かったです。

また一緒にに応援しましょう^ ^
これからもよろしくお願いします(^^)

コメントを投稿

Rain」カテゴリの最新記事