日々これ楽日

桜情報を機に始めたブログがH25年猫は天国に、娘は結婚、夫は認知症と一気に環境が変わって老老介護の記録になって来ました。

訪問歯科医

2018-08-09 21:38:51 | アルツハイマー病

3月頃まで月1回歯科医に行き歯のお掃除をしてもらっていましたがこの頃の状態では歯医者に行くのも困難です。

ケアマネさんに相談し訪問歯科医をお願いする事にしました。

その日いらしたのは1台の車で女医さんを含め3人の女性スタッフがなにやら大きな入れ物を持っていました。

開業医でみて貰うのと違い正直ちょっと物足りない感じでしたがこれは仕方ありません。

書類の説明、サインなどしている間に治療は終わっていました。
後からケアマネさんから「治療は丁寧でしたか?」と聞かれましたが「ちょっと見ていられなかったので」
次回からゆっくりお話を聞きたいと思っています。

「今のところ歯もしっかり残っているし綺麗ですよ」と言っていただきました。
「うがいをしてもそのまま飲み込んでしまうので歯磨き粉を使わずに水だけでやっています。又舌が黒くなっているように思うのです。麦茶かとも思っているのですがもしかしたら黴かとも思って・・・」というと
「水だけだと口の中の殺菌が出来ないのでやはり歯磨き粉を使ったほうが良いですよ」と教えていただきました。
ジェル状の歯磨き粉で飲み込んでも害にはならない物があるとか、舌を磨くへらのような平らなものと細い歯ブラシも教えていただきました。
舌を磨くのは口をつぐんで嫌がるので出来ません。
細いブラシは歯並びの悪い夫の口の細かいところを磨くには便利です。

あれから2週間ぐらいジェル状の歯磨き粉を使っていますが嗽は3回に1回ぐらい吐き出す事は出来ますが後は一所懸命ブクブクとしているので出せるのかと思う期待はむなしくゴクと飲み込んでいます。
自分の口の中のものだし“ま、良いか”と思う事にして・・・・。

大まかには電動ブラシを使っています。
なかなか自分の口のように丁寧には行きません。

   

コメント

エアコン

2018-07-25 21:47:15 | その他

 

連日の酷暑皆様いかがお過ごしでしょうか?

豪雨で被害を受けた方々はこの暑さの中での後始末。ご苦労いかばかりかとお見舞い申し上げます。

仙台は全国から比べると低い温度ですがそれでも連日30度超え。22日は36.7度でした。

我が家のエアコンは取り付けてから27,8年。超働き者です。
何時壊れるかと案じ、更に私達が元気でいられるのも後何年か?と考えると少しでも早く新しくしたいと思いつつ去年からどれにしようかなと迷っている間にこの暑さ。
23日。やっと思い腰を上げて電気屋さん行って見るとこれから取り付けるには最速で8月14日とか。エアコンも高い物ばかりが残っていて機種も少ない模様。私の心積もりの機械なんてありません。

今更最新の物を取り付けてもリモコンを使いこなせないと言う友達の話に妙に納得してしまうこの頃の私です。
取り寄せてもらう事も出来るのでしょうが・・・

今は相談する術もありませんが元気な頃の夫は「どれでも良いんだ。一番新しいのが良いに決まっている」なんて言って私を納得はさせてはくれませんでしたがこの頃はそれも一つのシンプルな考え方かなと思ってしまいます。

そんなこんなで今年もエアコンの取り付けは見送り。
ひたすらプツンと機械が動かなくならない事を願って・・・

コメント (2)

快調?

2018-07-11 00:28:06 | アルツハイマー病

この頃夫はとても快調です。
私や看護婦さんの話に反応するようにもなっています。

11月下旬転倒してからどんどん症状が進んできました。
家の中でも何回かふら付いて転んで立ち上がれず近所の方々にお世話になった日々。

先生は心配してメマリーはふら付くからと言ってしばらく休んでいました。
どんどん体調は悪くなる一方で、
ほとんど寝たきりになってしまったのでもう転倒をする事も無いのではと5月にメマリーを復活。

復活してから2ヶ月。

先日、脳外科に言った折この頃好調な事を話すと「メマリーが効いているのかな」と。
本当にこの薬の効き目であろうと実感しています。

 
何日か前の朝少しですが反応がありました。

「お父さんおはよう」と言うと「お父さんではない。〇〇だ」と自分の名前を言う。
今まではただウンとうなずくだけでした。


訪問看護の看護師さんに何時もと違うと思ったのか「今日は何かあるの?」と聞いていました。


これも朝、何か話しているが小さな声で聞き取れないので「もう少し大きな声で話して。私、年を取ってこの頃聞こえが悪いの・・・」
「〇〇さんはいくつになったの?」
「36歳」???

年が分からなくなってきた頃よりもっと若くなっていましたがしばらく無かった反応でした。

 

「市民センターに行かなくては・・・」

この病気が宣告される前ずっと力を入れてやってきた市民センターの活動を突然思い出したようです。

「行きたいの?早く元気になって行けると良いね。歩けないと行けないよ」

「ウン」

 

少し元気になり嬉しいと思いつつ治る事のない夫の病気を思うとちょっと切なく悲しい反応で胸が痛くなります。

 

コメント (2)

さくらんぼ

2018-06-28 23:48:20 | アルツハイマー病

過日久しぶりにさくらんぼを買ってきました。

食後に「デザートだよ」と口に入れると喜んで食べています。

口に入れてから「あ、種の儘やってしまった」
「種を口から出して」と声をかけますが出そうとはせずとうとう種をカリカリと齧り初め口から出す事無くそのまま飲み込んでしまいました。

あまりの歯の強さにびっくり。

何時もは茹で野菜の芯等でも少しでも口に残る物は何時までも噛んでいて最後には口から出してしまいます。

3月頃までは毎月1度歯医者さんに行き歯のお掃除をしてもらいましたが歩くのが困難になってきたこの頃は家で私が手抜き?の歯磨きを朝夕食後にしているだけ。
それも嗽が出来ず「口から水を吐き出して」とやって見せますがそれも出来ず結局飲み込んでしまいます。
自分の口の中の物だから「ま、いいか」と諦めて、
飲み込んでしまうので歯磨き粉も使わず水だけでの歯磨きです。

色々教えていただいているアワキビさんのブログで飲み込むことが出来る歯磨き粉”オーラルピース”というのを教えていただきました。それを使おうと思っています。

先日薬を飲ませようと「大きく口を開けて」と云うと大きく口を開けその時たまたま舌の奥の方まで見る事が出来ました。奥の方が黒くなっているのにびっくりしました。この頃麦茶を飲ませる事が多いのでその色かと思っていますがもしかしてカビではないかと心配です。その後舌を拭いてやろうと思いアカンベーをしてとやって見せますがそれも出来ません。

訪問歯科医という方法もある様で今ケアマネさんにいいお医者さんを紹介していただく様にお願いしています。

まだ食べられる歯が24,5本残っていますので大事にしてやりたいと思っています。

コメント (2)

ショートステイ

2018-06-15 00:17:56 | アルツハイマー病

6月3,4,5日と京都に行って来ました

夫の甥の結婚式がありそれに出席する為です。

しばらく旅行に行く事もありませんでしたので知らせを頂いた時から気持ちを旅行に馳せてしばらく楽しみました。

夫は残念ながら参加出来ません。

5年位前、夫がまだ病気の診断が確定しなかった頃お嫁さんになる方を連れて会いに来てくれました。

丁度夫は所用があり夕方駅前で食事をしました。ほっそりした可愛らしい方で皆で良かったねと喜びあいました。

 

一緒に行けなかったのは残念でしたが夫には初の長期ショートステイに行ってもらいました。

1日から6日までです。こんなに長くは初めてです。

私は三日間忙しい日々でしたが久しぶりの旅行は目の保養、心の保養が出来ました。

4日夜遅く帰宅し、5日の午後、夫のお世話になっているショートステイ先に面会に言って来ました。

夫は「先ほどお風呂に入ったところです」と寝ていました。私が顔を出しても全く関心を示しません。

職員さんは「以前より体力も落ち、車椅子に座った状態での姿勢は保てずずり落ちそうになるので苑の車椅子を使っています。職員の声がけも理解できないことが多くなっています」と言っていました。

移乗の際にはリフターを使用しているとう事で前回5月9,10日に利用したときより更に出来ない事が多くなっています。


プロの介護する方でも夫を持ち上げるのは大変なのかと思いましたがそれだけではなく夫は兎に角手の届く所にある物を掴んでなかなか手を離そうとはせず身体に力を入れ強張ってしまうようです。リフターで移乗する事によって本人の負担も看護する方の負担も軽減するようです。

褥瘡辱創の処置もしていただき現状維持は保持して貰いました。

帰宅した日から看護師さんに来ていただき褥瘡辱創の処置をしていただいて居ます。

 ショートから戻って7日から夫は急に元気になって来ました。しばらく声を出して話すこともありませでしたがこの日は訳の分からない事柄でしたが一生懸命に何かを話していました。通じなくてもちょっと嬉しくなります。

又昨日13日は治療している看護師さんに向かって「今日は何かあるの?」とはっきり尋ねていました。看護師さんが家にいる事が不思議だったのでしょうか?

12月からアルツハイマーの薬メマリーをふら付くからと止めていましたが5月中旬から又復活して貰いました。
その薬が効いてきたのでしょうか?

食事も5月初めにはリスのように口に溜め込んでいて一時はおかゆにしていましたが今は普通食をおいしそうにお代わりするほど食べています。その代わり排泄も多くなっていますが今はまず食べられることが大切です。

しばらく見られなかった笑顔も見られ、顔に表情が戻って来ました。

この頃少し変化の見られる嬉しい日が続いています。

当たり前のことが少し出来ただけなのですが・・・・

 

 

コメント (4)

施設見学

2018-05-25 22:24:38 | アルツハイマー病

この頃急速に悪くなって来ている夫を私の体力で介護するのは大変になって来ました。
ここ何ヶ月前から脳外科の先生からは
「一人で介護するのは無理なんじゃないの。もういいんじゃないの?施設を急に見つけるのは無理だから今から少しずつ考えたら・・・」と言って貰っていましたが私の心はまだ決心がつきませんでした。

いずれ施設に入る日が来るであろう事は自分の心の奥深くでは納得していましたがこんなに急速に来るなんてとやはり納得出来ずにいます。
せめて時間を掛けてじっくりと自分の心を整理していきたいと思っていました。

3ヶ月くらい前までは時々失敗はあるものの排泄は勿論トイレにも行きましたし、自分の力で立ち上がる事も出来ていましたがこの頃はそれも無理になって来てベッドに移すのも大変になって来ました。
すっかりオムツ生活になってしまってオムツを代えるにもあっちを向いて、こっちに向いてと本人も私も奮闘します。それでもなかなか上手くいきません。
本人はその時によっては眠気が勝っていて寝たままで動こうとはしません。
あまりの急速な衰えに私の心も体力も付いていくのが大変になって来ています。

食事もせめて車椅子に移行してからと思いますが自分の力で全く立とうとしない今になっては無理。ベッド上で上半身を起こして食べるのがやっと。

途中で居眠りしてしまう事もあります。

ヘルパーさん看護婦さんにも短い時間ですが入って助けて頂いています。

看護師さんは私が疲れているとケアマネさんに伝えたとか。自分では気づかない内に他の人から見たらやはり疲れたおばあさんに映っているようです。

まだ迷っているうちにケアマネさんからグループホームで今ならすぐにも入れる施設があるからと案内していただきました。私にとって今にも入れるといわれると益々迷いが大きくなってきます。

先日まずどんな雰囲気か見ておきたいとケアマネさんの案内でグループホームを見学して来ました。

グループホームは認知症専門の施設です。施設の現状を見せていただきました。
私には良いのか悪いのか判断は付きませんがただ皆さんが穏やかに過ごしている様子が伺えました。
働いていいる方々も礼儀正しく接してくれました。病状は比較的軽い人が入所しているようです。

もう1箇所同じ系列の少し離れた介護付き有料老人ホームに案内していただきました。ここはゆったりしていますが金額は少し高いようです。ただ家から遠いのが一番の問題です。

何日かして今ならグループホームに入れるからと勧められましたが今この家を出てホームに入るとこれ以上良くなる事は期待できない夫はもうこの家には戻れる事は無いだろうと思うと涙が止まりませんでした。

次の日近所のスーパーに行った時もあまり好き嫌いの無い夫は肉のコーナーに行くと「肉がいい」と言います。そんな事を思い出すと又涙がとまりません。

この日は何時もより高いステーキ肉を買って来ました。

御主人が徘徊などで何年間も苦労していた友達は「入れる所がある内に入らないと何時になるか分からないから、なんだかんだ言っている場合ではないよ」とアドバイスして貰いました。今は特養に入っていますが入所を決心してからグループホームはなかなか見つからず遠くに入所して苦労したので本音のアドバイスだとありがたく思います。

でも、どうしても私の決心はつきません。

訪問看護の看護婦さんは施設でケアマネをやっていたとか。迷っている事を話すと「皆迷うのよね。迷っている間は後で後悔する事になるからよく考えたほうが良いかも」と。

ケアマネさんは「家で介護するだけが介護ではなく施設に行けば行ったで又別の介護があるのですよ」と言っていただきます。

24日施設の方とケアマネさんが見える事になっていましたが今助けていただいている方々の力を借りてもう少し家で生活してもらいたいとお願いして今回は申し込みだけをする事にして面接などはキャンセルしました。

この家で暮らすのもあと1ヶ月になるか?半年になるか見当もつきませんがたくさんの人の助けを借りてもう少し家で生活してもらいたいと願っています。

(5月13日は夫の誕生日、そして母の日でした。母の日のケーキばかりだったと娘がお祝いしてくれましたが夫は蝋燭を消す事は出来ませんでした)

コメント (2)

特別訪問看護指示書

2018-05-16 23:11:42 | アルツハイマー病

2週間前くらいから右腰に赤い線があり引っ掻き傷かと思っていましたが急に悪くなりデイでは水ぶくれのようになっていて火傷と言われました。

又訪問看護の看護師さんは褥瘡の出来る場所とは違うという事でしたが急激に悪くなり結局褥瘡という事になりました。

訪問看護師さんに処置をしていただきましたが素人が見るとかさぶたが黒くなって乾いてきたので良くなったのかと思っていたらそのかさぶたが取れて下の赤い皮膚が取れないうちはなかなか治らないようです。
訪問看護は週2回お願いしていましたが褥瘡は特殊な薬を塗って毎日手当てをする必要があるからという事で主治医の脳外科の先生に特別訪問看護指示書を出していただきました。


この指示書は介護保険の要支援・要介護の認定を受けた方でも、次の条件に当てはまる方(特に重い病気の方)は医療保険の訪問看護をご利用になれます。
介護保険における厚生労働大臣が定める疾病等の方
②病状の悪化により医師の特別指示(特別訪問看護指示書)が出されている方
《併用の禁止》
介護保険の訪問看護と医療保険の訪問看護を同時に利用することはできません

 


 

これは傷が治るまで介護保険ではなく医療保険になり毎日看護師さんに来ていただき治療をしていただけるのだとか。
それをお願いする事になりました。

夫が介護を受けるようになりたくさんの制度があることを知りました。

私たちは多くの人の支えを受けている事を実感しています。

叉昨日は予約のあった糖尿病外来でしたが看護師さんはそれにあわせて皮膚科に予約を取りますと言っていましたが予約が取れなくて外科の予約を取っていただきました。

朝8時に介護タクシーに来ていただき糖尿病外来が終わったのは11時半、それから外科の外来に行きましたがまだ待っている人がたくさん居ました。

傷の処置はかさぶたになった部分を小さく削り取って傷にブロメライン軟膏を塗ります。この薬は蛋白分解酵素でかさぶたの黒くなった部分だけに塗り溶かすのだとか。
その下の赤い部分が出てきてやっと血液が循環が出来るようになり治癒していくのだそうです。
正常な部分に付くとその部分を
溶かしてしまい今度はそこが傷になってしまうのだとか。

難しい薬です。

診察が終わったのは2時半過ぎ。感染をしたり、もっと悪くなるようならば入院も必要になります。という事で私が思っていた以上に深刻です。

薬局で薬を受け取り30分待って介護タクシーで帰宅。
3時半に予約していた看護師さんが待っていてくれて病院の報告。
しばらくしてケアマネさんも見えてこれからの事を相談して頂き看護師さんはそのまま外科に回ってさらにこれからの相談をしてくださったようです。

これから2週間傷が治るまで治療に当たっていただきます。

追加

この傷は2週間ほどで治るのかと思っていましたが外科に行って特別訪問看護指示書を出していただいて以来すでに2週間まだ傷は一番上のかさぶたはやっと黄色く溶けてきてこれからまだ安全に溶けるには時間がかかるそうです。

更に肉が上がってくるにはまだまだ時間がかかるようです。

今日又2週間延長の指示書を頂いてきて6月8日までになりました。傷が完治するには2ヶ月くらいかかるのだそうです。私だけの力では悪くなっても気づかなかったと思うと皆さんの力に感謝です。

 

コメント

介護タクシー

2018-05-03 23:50:58 | アルツハイマー病

今月から介護タクシーを介護保険を使って利用する事にしてもらいました。

介護タクシーを知って今まで何回か自費でお願いしていましたがタクシー会社の方から「介護認定を受けていれば介護保険を使う事が出来ますよ」と教えて貰いました。

介護タクシーはベッドから起こして車椅子に乗せ(その病態に依るようです)病院についても院内に運んでくれ帰ると又ベッドで横になるまで見てくれます。
衣類の脱ぎ着もとても上手ですし車椅子の扱いもとても手馴れていて少し位の高さは難無く上げ下ろししてしまいます。

自費だと通常のタクシー料金プラス介護料として1回1000円。(これはタクシー会社によって少しずつ違いがあるようです)往復で2000円かかります。自費の場合は目的地は限定されないようです。

介護保険を使うと(原則家から病院の往復)通常のタクシー代プラス乗降介助115円。往復で230円でした。

今月はお医者さんの予約だけでも4回。

今回は予約してあった病院までお願いしてついでに予約無しの病院にも行ってもらいました。この場合病院から病院は介護保険は適用されず自費になります。帰りの病院から家は又介護保険が適用されます。

それでも1ヶ月にすると大きな節約になります。

今、介護3になって夫の体調もどんどん悪くなり

訪問介護1回30分を週3回。訪問看護1回1時間週2回。デイサービスは週3回。今月はショートステイ1泊2日1回。

更に福祉用具(車椅子、電動ベッド、マットレス)の貸与も受けています。

あまりにたくさんの援助を受けるので介護利用額が間に合うのかと心配しましたがケアマネさんに依るとこれで利用できる金額ぎりぎりになるようです。

ちなみに要介護3のサービス利用限度額は我が家は1割負担で26940円から28070円程度になるようです。

他にデイサービスでは食費、ショートステイは部屋代、食費が、自費になり加算されます。

多くの方達の援助を受けながらも夫の病状は益々悪くなり自分の力では何も出来ません。

私が何時まで自宅介護できるか不安な気持ちがよぎります。

       

        (園芸用勿忘草が綺麗です)

コメント

緊急通報システム

2018-04-28 23:11:08 | アルツハイマー病

4月25日待ちに待った緊急通報システムが導入されました。

これは仙台市独自のシステムで介護度には関係なく仙台市の市民で65歳以上の一人暮らしの方(日中一人暮らしの方)、我が家のように重度の要介護者のいる家族などが対称になり、緊急通報用の機器が無料で貸し出され具合が悪くなった時にブザーを押すと仙台市と契約している警備会社の方がすぐに駆けつけてくれて適当な対応をしてくれる事になっています。
そのほかに台所と寝室にも警報が取り付けられ火災警報が警備会社に繋がるシステムです。

毎月の利用料は550円。

ただ警備会社の方が駆けつけ家の中に入る際に家人が倒れているときなどの為に合鍵をお渡ししてお願いする事になります。
それを嫌う方もいるとか。
警備会社では封をしてあければ分かるようになっているようです。

2月この装置の説明を聞き3月中旬包括支援センター、警備会社の方が見えて場所の確認などをして取り付けは4月下旬か5月連休以降と言われていましたがこの日に取り付けて貰いました。
申し込みも多く、丁度年度末にかかり役所は忙しい時期でもあり申し込みから取り付けまで約2ヶ月かかりました。

これで私たちを見守ってくださる方たちが又増えました。本当に感謝です。

ただ夫の病状は益々悪くなりベッド脇につかまって立つ事も難しくなって来ました。

(左の器械が本体。右の二つが首に下げたり、身近においておく器械です)

コメント

訪問看護

2018-04-17 23:31:27 | アルツハイマー病

週2回1時間ずつの訪問看護もお願いする事になりました。

訪問看護では健康状態の観察、生活の援助(入浴、食事、排泄など)、寝たきりの予防、介護者の支援などをしてもらいます。

一番の心配事は転倒でしたが契約したのは6日でした。

前にも書きましたが起き上がれなくなったのが8日でした。
あまりに早速でお願いするのが申し訳なく思いながら緊急の電話をしたらすぐに駆けつけてくれました。
この時は本当にほっと出来ました。

次は定期の訪問で11日でした。
体温、血圧を測りいつも便秘気味で排便が不定期なのでお腹の調子とお尻の状態も見てお腹は動いているけれど便がかなり硬いので酸化マグネシウムを1日3回のんで見ましょうという事になりました。

この薬は1日3回飲むように処方されているのですが私がいつも忘れて1日2回が常態化していました。
反省です。

看護婦さんの動きはてきぱきと的確な処置をしてくれます。

次は13日の予定でしたがこの時は脳外科の予約が入っていてキャンセルしました。

この日は病院に行って疲れたのか食事もせずに寝てしまいました。

夕方5時頃お腹も空いているからと起こすとお尻がかなり汚れていました。
時間を掛けてやっと綺麗にして防水シーツを新しくしようしている間にまたもやそれも全部汚してしまいました。
「トイレに行く?」と言うと「行く」というので手を取ってゆっくり行くとまたもや少しだけ出ました。

そのままベッドに連れ帰ろうとしましたが結局あと3,4歩で倒れ込んでしまいました。

それからが大変。

少し頑張ればベッドにつけるのではないかと励ましたり起こそうとしたりしま
したが少しだけ上がった体も私が支えきれずまたもや転倒。

結局8時過ぎてから看護婦さんに電話。
すぐに駆けつけてくれて夫は無事ベッドに。
二人とも疲れ切っていました。

「すぐに電話して下さい。もっと楽に起き上がれますよ」と言って頂き肩の荷が下りたように思いました。

これからは無理せずお世話になろうと思っています。

結局自分達だけの力では何も出来ませんでした。
たくさんの方たちにお世話になって暮らす事が出来ている事を改めて思い知らされました。

コメント (2)