趣味と仕事の融合。

ひろーくあさーくがモットーの趣味ですが、
いつか仕事と結びつくこと目指してます。

FW06。 190727

2019年07月27日 | ラジコン


京商FW06、レディセットです。

シャフト駆動4WD、エンジンツーリング。
なんと、最初から2スピードまで付いてました。
実際どうかはわからないのですが、
走りにこだわるならベルト駆動4WDらしいです。

実際、ハチイチはベルトだし、
真面目にサーキットで走るエンジンツーリングもベルトです。



レディセットということで、
もちろん送信機は入っていますが、
クルマは上の写真の状態で入っており、
スポンサーデカールは自分で貼ってください、
というものです。

このブルー、スバルブルーともいうらしいですが、
思いのほかきれいで、スポンサーデカールは貼らずに遊んで、
デカールはほかに使おうかなとも思ったのですが、
恐らく結局使わなくなる可能性が高かったので貼りました。



カッコいい!!
想像以上の仕上がりになりました。


レディセットは車が完成してるので、作る楽しみがない。
ということで敬遠してました。

馴染みのお店の店主からの電話がきっかけで手に入り、
レディセットということで抵抗はあったものの、
いざ開けてみると、細かい設定や、ボディの仕上げ、
スポンサーデカールの貼り付けなど、
自分で手を入れるところが意外とあって、
とても楽しい時間を過ごせました。


ベルトはベルトの劣化がありますが、
シャフトならベルトよりも耐久性はあります。
レースとかもういいかな・・・
と考えてたので、性能よりも耐久性のあるシャフト駆動4WDエンジンツーリングは、
実は気になっていた存在でした。

レディセットに抵抗はあったものの、
いざ手に入れると意外と手を入れられて楽しい。
いい出会いができました。

時間をかけていろいろ楽しんでいく予定です。

水中ドローン。 190721

2019年07月21日 | ラジコン


水中ドローン。
結構前からラジコン屋さんのレジにチラシがあったのは知ってました。
何かもわからず、興味もなかったので気にもしていませんでした。

そんなある日、
”水中ドローン”
を購入した人が現れ、そのチラシは
”水中ドローン”
のチラシであることがわかりました。


話を聞くと、なんでも・・・

”水中の動画が撮れる。”
”水深30メーター、70メーター先まで行ける。”
”魚群探知機が付いている。”
”当初29万が23万になり、14万5千円になった。”
”このショップの第1号機である”
”メーカーのプロモーション動画が素晴らしい。”

とのことでした。

すごいなと思い動画を見たのですが、
素晴らしかったです。


その数日後、受け渡しにちょうど立ち会えたので、
許可いただいて写真撮らせてもらいました。

↓こんなキャリーバッグのようなケースに入り、


↓中を開けると2つに分かれ、


↓取り出すと、


こんな感じでした。
ペットボトルは大きさ比較用です。

社長がいろいろ設定しながら説明してました。


水中の動画が撮れて、それを見ながら操縦する。
男のロマンが感じられました。


自分で潜って撮影はなかなか難しいですが、
浜辺で操縦しての撮影ならできる気がします。

とは言え、
サラッと買えるものではありません。
そんな中、ラジコン屋さんに、数千円の潜水艦のラジコンありました。

水中ドローンは無理だけど、
お風呂で潜水艦ラジコンはありかも。
ふらっと買いそうになりましたが、
そこはちゃんと大人の分別で大丈夫でした。



ただ、
今後、ブログで紹介することはあるかもしれません。

AMG GT3。 190602

2019年06月02日 | ラジコン


いつものラジコン屋さんに置いてある、
AMG GT3です。

カッコいいです。
シビれます。

シャシーは、TT-02。

メーカーは入門用と位置付けているシャシー。


TTは、TT-01を持っていたことがあります。
入門用とはいえ、良く走る車でした。


AMG GT3ですが、
この惚れ惚れするラインは本当に素敵です。

なんどか実車を見たこともあり、
その低さ、カッコ良さに感動しました。

音は、ターボ車ということもあり、大排気量NAエンジンには負けますが、

”ブオン、ドゥルドゥルドゥル、ブオン!!”

と、これまた痺れました。


何か月か前から置いてあり、
行くたびずっと欲しいなと思ってます。



欲しいといえば、このマッドブル。
これも入門用なのですが、
形というか、なんというか、
コンセプトがおもしろいなと思っていて、
気になってます。


今月は、誕生月。

”ハッピーバースディ、俺!”

というのもアリですね。


”ハッピーバースディ。”

いろんなことが許される、
本当にいい言葉です。

タミヤ ビッグウイッグ。 090414

2019年04月14日 | ラジコン


タミヤ、ビッグウィッグ。


小学生のころ買うことができず、
大人になって、欲しいなぁと思っても当然無く、

”しょうがないよなぁ”

と思いつつも、ラジコン屋さんに相談してみたり・・・

いろんなキットがメーカーから再販される中、ラジコン屋さんには、

”あれは由良拓哉が絡んでるから再販は難しいだろう。”

と言われ、ずっとあきらめてました。


ですが、
どういうわけか、嬉しいことに2年ほど前に再販されました。



由良拓哉氏がデザインした、この流麗なライン、
今見ても素晴らしいです。
惚れ惚れします。



フロントもリアも色気があり素敵です。


ボディデザインはもちろん、
子供のころから憧れてたのはこの部分、



実車同様、
ラック&ピニオンステアリングシステムです。

ここが一番の目的でした。
作っていて、一番楽しかったところです。

ボディは、キット指示のブルーでは面白くないし、
かといって奇抜にしたくなかったので、
ラメ入りフロストブルーです。

メカも積み、ボディも仕上がり、

”ウーム・・・カッコいい・・・”

と自己満足を十分味わった後、

”よし、走らせよう!!”

と思い、送信機の設定をしていたところ、
問題が発生。

エンドポイントや舵角を設定すると、
明らかに舵角が少ない。

サーボ直付けにすれば舵角を増やせるけど、
それではビッグウイッグではない。


そういえば、当時のビッグウィッグでレースやってたお店の常連さんが、

”舵角が取れないんだよなぁ”

と言ってたのを思い出しました。


お飾り決定となりました。


作らずに持つとか、作っても走らせないとかじゃなくて、
手に入れたらやっぱり作りたいし、出来上がればやっぱり走らせたい。

そういう信条ですが、今回ばかりは諦めました。


”ラック&ピニオン”

に憧れ、やっと手に入れたビッグウィッグ。

”ラック&ピニオン”

で走らせるのやめました。


ですが、やはりカッコいい。
機能性はともかく、

”ラック&ピニオン”
”ボディ”

は今でも改めてカッコいいと思います。


走らせてこそのラジコンですが、
こういう飾って満足のラジコンもいいものです。