川塵録

「リーガル・ボディガード」国際弁護士・中山達樹の備忘録 ~人生ハ挑戦ナリ~

死に沈むシニシズム

2007年08月28日 | 法律
ジュリストというおカタイ法律雑誌に書いてあった,東大大沼教授の「護憲的改憲論」。間然するところがない(←内田樹の真似)。全く同感。

≪9条を維持してきたことにより,日本は国際社会で平和と経済的繁栄を享受する国家として生きていくうえで,巨大な自己欺瞞と現実逃避を体質化させてしまった。そうした自己欺瞞と現実逃避の害悪は1990年代以来増加する一方であり,日本社会全体にとって放置できない段階に来ている≫

≪9条は,日本と国際社会の双方の現実が憲法制定時と半世紀後の今日との間であまりに大きく変化しているため,法が予定し,また実際に果たしてきた諸々の役割を十分果たすことができなくなっている一例である。(中略)それはすでに,憲法という国家の最も重要な基本法への疑念とシニシズムをかなりの程度国民の間に生じさせている≫

≪海外における武力行使という,9条にとって最も論議が対立し注目を集めている問題についてこの上「解釈」という手法で国家の根本方針を変えることは,国民の憲法への信頼と尊敬を回復できないまでに傷つけ,21世紀の日本を法一般,規範一般へのシニシズムやニヒリズムがはびこる社会へと決定的に押しやってしまうのではないか≫

法治国家の国民が,国家の基本法=憲法に対してシニシズム・ニヒリズムを抱くことは許されない。それはもはや法治国家ではなくなる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女性大臣は少ないのか?

2007年08月28日 | 政治
樋口恵子はやっぱりとんちんかんなこと言ってるな。

全国会議員における女性議員の割合からすると,
今回の内閣で女性はむしろ多めに登用しているのに。
(当選一回目の人をいきなり大臣にはできないことも考えてね)

罵るべきは,安倍首相ではなく,立候補しない女性もしくは
女性に投票しない一般国民でしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『落日燃ゆ』

2007年08月26日 | 歴史
平川克美ブログから長めの引用。

~~~~

一日中、読んでいたのは、『落日燃ゆ』。
再読であるが、ほとんど初見のような
新鮮さで、行を追うことになった。
主人公である広田弘毅は、東京裁判で絞首刑になった七名の
A級戦犯のうち、ただ一人の文官である。
裁判の正当性に関しては、
様々な見解があろうが、
広田という人間が、他の六名とは全く異なった
思想、心情、人間性の持ち主であったことだけは
確からしい。
事実、彼は外交官時代、政治家の時代を通して
一貫して「協和外交」を主張し続けている。
五相会議において、
武断政治を説く皇道派の荒木貞夫陸相と対立して、広田は外交的な解決を主張する。
「開戦の危機というが、いったいどこに戦争の危険性があるのか。
軍部は最悪の場合のみ考えすぎる。むしろ問題は、どうしたら、最悪の場合を来させずに
すむかに在る。つまり、外交が先決であり、何より外交的努力に力を傾注しなくてはならない。」
武断政治、統帥権の乱用、大国の圧力といった
戦前、戦中の空気の中において、
弱腰、楽観主義と謗られながらも、これを曲げることは無かった。

終戦後、広田はよくわからない理由によって戦争の首謀者の一人と看做される。
現在から見れば、広田を戦犯に加えるに足る客観的な証拠はない。
しかし、東京裁判の過程で、弁護人に「無罪」を主張するように諭されて
「戦争について自分には責任がある。無罪とはいえぬ」とこれをはねのける。
その後も、広田は一切の自己弁護を拒んだのである。
彼は戦争裁判によって裁かれるより前に、
どこかで戦争を食い止められなかった自分を裁いていたのかも知れない。
燃え尽きた落日のように、広田はこの世を去っていった。

当今の自己弁護と居直りに終始する、
立身出世主義的、あるいは威信の薄い政治家たちと
この本に出てくる広田弘毅、山座円次郎、尾崎行雄、加藤高明といった
政治家を引き比べてしまう。
政治家に高潔を求める気持ちはないけれど、
今日、ひとりの広田弘毅が政界、官界にあるのだろうかと、思う。

~~~~

城山三郎『落日燃ゆ』を読まずして東京裁判は語れない。
A級戦犯も語れない。ということは靖国参拝も語れない。

俺が靖国参拝賛成派なのは,学生時代にこの本を読んだことが
1つの大きな原因だと思う。

いたく感動したので数度繰り返し読みました。
皆様も是非是非。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

悲報(なれん)

2007年08月26日 | 野球
サヨナラ負けです。

来年こそは全国制覇!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

速報(もろくさ/なれん)

2007年08月25日 | 野球
全国大会1回戦,確か兵庫の神港学園との対戦,
延長14回,日没サスペンデッド。

明日続きをやるそうです(再試合ではなく)。

頑張れー!

記事を発見

~~~~

写真は桐蔭3G,ホームからレフト方向。
白い建物はサッカー部の寮,正面は「心臓破り」の坂があって,
エロ本がよく落ちてた山。

懐かしい人には懐かしい。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

土朝

2007年08月25日 | 日記・雑記・独り言
5時半起床,サウナ,8時から仕事。

やったるで~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

金夜

2007年08月25日 | 日記・雑記・独り言
まったく稽古できなかった一週間。体がプヨプヨ。

週末は6個も仕事があります。麻布十番祭り,麻布十番の真ん中に住んでいるのに,まったく行けません。

空手LIFE9月号,僕が載りました。購入はこちらから。冴えない面を曝していますが悪しからず。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水朝

2007年08月22日 | 日記・雑記・独り言
三夜連続接待…そして今日は出張。体重が増えちゃって…

火曜午前は桐蔭でバッピ。ストレートとスライダーを駆使して9割ストライク入ったぞ。

なれんOB諸氏には後輩諸君への寄付をお願いすることになりますが,
詳細はおって。今口座作らせてます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

俺はこれでいいのか月夜

2007年08月21日 | 日記・雑記・独り言
今日は昼も夜も道場でガンガン空手…の予定が仕事のため昼も夜も稽古不能。

朝は麻布十番在のオーストラリア人ジョシュアと仲良く通勤,昼は事務所のアメリカ人と英文契約レビュー,夜はシンガポール人に囲まれ寿司,二次会はインド人を赤坂に接待。稽古行きたかったけど一期一会も逃したくなかったので… 

酒好き&女好きのインド人と数時間でclose friendに。酒と女は男の共通項だな。赤坂は4日で3回も会う美女のところで1時間5万円(自腹)…ボトル開けてないのに。****できたからよしとするか。見栄が男を成長させると信じる。

しかし今日は日本語より英語を使った日だな。鯵(アジ)って英語で何て言うんだ?horse mackerelか。鯖は mackerelだから覚えやすいな。

イカは?
calamary〔【複】calamaries〕 // cuttlefish《動物》〔特に甲イカ〕 // inkfish《動物》 // sleeve fish《動物》 // squid《動物》 …たくさんあってどれを覚えりゃいいんだ。

外国人と話すときは神道について話すと異様に盛り上がる。Shinto is not religion, it's the way of thinking.ってシンガポール人&インド人に言われた。Yes, it's also our way of feeling.ってかぶせといた。ヒンズー教も同じなんだって。

以下は久々に千夜千冊から。

~~~~

それにしても小楠の政治思想は、いまのところまったく忘れられているといったほうがいい。338夜にも紹介したように、勝海舟が「俺はいままでに天下で恐ろしいものを二人見た。それは横井小楠と西郷南州だ」と言ったほどの人物で、さらに海舟が「横井の思想を西郷の手で行われたら敵うものはあるまい」と見抜いていたほどなの人物なのだが、いまなお西郷はこれほど尊崇されているにもかかわらず、小楠がいっこうに知られていないままなのである。

 そうなってしまった理由はよくわからないが、ようするに幕末維新をちゃんと見ている日本人は少ないということなのだろう。

~~~~

むむ…日本人の幕末明治に対する歴史認識は,司馬遼太郎におんぶに抱っこ。それ以上(司馬以上)は露知らず。司馬は横井小楠を描かなかった。

ブログにおける(私生活の)露出度と己に対する自信は比例する。俺の経験からはそう言えそう。ブルーなときは何も書きたくないモンね。

体重が変わると体質が変わり,味覚も変わる。痩せてからスタバのカフェモカ,甘ったるそうで飲む気もしない。今夏アイスはほとんど食べてません。

最近また空手と仕事ばかりでそれ以外は成長していない自分に忸怩たる思い。歩きながら何度も独りチクショウを口ずさむ。

明日は今夏初の休みを取って午前桐蔭で野球,午後は渋谷で稽古,夜は目黒で稽古,の予定だったのに午後会議入ったから空手は無理。ああ稽古したい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Hang in there, Morning Blue Dragon!

2007年08月19日 | 社会・時事など
特に意見は持っていなかったのですが,みんなが非難するから判官贔屓したくなって朝青龍擁護論。批判者は常に少数者であれ。

国技の伝統云々言ってますが,いつからどういう経緯で相撲が国技になったの? 明治以降ではないの? たしかに天皇は観戦されますが,柔剣道のように中高の授業で行われるほどポピュラーでもなし。「国技」は要は自称しているだけ。

先日相撲観戦した際にもらったパンフでは,江戸時代はほとんど相撲は「見世物」扱い,マガイモノ扱いだった。つまり,通常見れない「超」肥満体や「超」巨人を見世物にして金を取る,その程度のものでもあった。

僕は詳しくないのですが,そういう芸能に聖性を付与するために編み出されたのが,土俵の「女人禁制」というルール,という見解もあるようです。

つまり,もともと相撲は,千年の昔から神聖な国技であったわけではなく,たった数百年の歴史しか持たない芸能,ということもできるのです(異論はあるかも知れませんが。ウィキで調べてもそれほど歴史は古くない)。

また,横審にナベツネやエビジョンイル程度の御仁が就任することからも,横綱に過度に品位を求めるのもねえ…(彼らに横綱の品位を問う資格があるのかは一考に値する)

たしかに横綱に品格を求める気持ちも分かる。でもその要求は,一般スポーツの一人者に求めるレベルを過度に超えるのは行き過ぎだと思う。

野球選手に憧れる子どもと力士に憧れる子どもの人数の差を考えると,教育上の効果としても,力士に過度の品格を求めるのは合理的ではない。まだ野球選手やサッカー選手のピアス茶髪の方が問題にする価値がありそう(これも微妙だが)。

天秤に載せて考える,「強い横綱がいない大相撲」と「朝青龍程度の品格しかないけど,強い横綱がいる大相撲」といずれを取るかと問われれば,僕は後者を取る。朝青龍が時間いっぱいで土俵に入る直前に見せる,たしか左手で廻しをポンと勢いよく叩く姿,鷲か鷹の翼のようですごくカッコよくないですか? 実際生で見るとシビれるよ。

千代の富士とともに育った世代の私としては,「横綱は常勝であるべき」と思い込んでおり(悪くて12勝。11勝4敗なんて情けなくてもはや横綱でないと思う),したがって品格は二の次三の次,まずは「強いこと」が横綱の大前提なんですよね~。

以上,モンゴルに旅したことがありモンゴルをこよなく愛する男による偏見。

~~~~

以下はおまけ。

どこかで誰かが書いていた(呉智英だったかな),「相撲協会は,相撲を6時で終わらせるのではなく,中入り後は6時以降に始めるなどの営業努力をしろ」。

これって卓見。6時以降に開催すれば,サラリーマンが仕事後に観戦できる。6時前に終わらせる合理的な意味があるのでしょうか?
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

僕たちの歴史認識

2007年08月19日 | 法律
蝉の死骸に諸行無常を感じる夏の終わり。皇居そば内堀通りを走っていたら,竹橋駅丸紅そばにある和気清麻呂像に対面。

ワケノキヨマロ,女系天皇論争時に初めて名を知り,(道鏡の時代の)勤皇の忠臣らしいけどそれ以外は全く知らず,いまウィキで調べてもなんのことやら(早晩改訂されるでしょう)。

天皇は良くも悪くも日本の中心,皇居は首都東京のど真ん中,そこに聳え立つ(4~5メートルもある)和気清麻呂について俺は何も知らない。

東京に住んで約10年,憚りながらこれでも人より歴史好きだと自負していますが(実名ブログで歴史認識を展開するにはかなりの自信が要求される,ついでに脱線すると,だから僕は実名ブログしか信用しない。匿名ブログは知人のもの1つしか閲覧しない。実名は強い主観的認識のみならず客観性を担保すると信じる),その僕ですら恥ずかしながらこの認識。

平成日本人で和気清麻呂について(少なくとも外国人に説明できるほど)詳しい人がどれだけいるだろうか? (いつもながら上から目線で失礼します,)ほとんどいないでしょう。ということは,「我々」は日本のど真ん中にある銅像が誰であり,その人が何をしたかについて,何も知らないのであります(驚)!

同像の建立は,林銑十郎(陸軍大臣→首相)が建立責任者であることからすると,戦前または戦中。 

当時の歴史認識が(軍国主義的/国粋主義的であるという点で)特異であり,したがって後世に伝えるべきでないならば,ロシアのレーニン像の如く撤去すべき。撤去せず残しておくなら,像の対象たる和気清麻呂について我々は認識を詳らかにしておくべきではないか? 

戦前と戦後の歴史感覚の違い,平成日本人の歴史感覚について,示唆を受ける。

~~~~

画像は桐蔭3Gバックネットにおける織田さんを偲んだプレート。本文とは無関係。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一人称複数形

2007年08月19日 | 社会・時事など
小田嶋ブログから。

~~~~

 わたくしども日本人は、一個の人間として振る舞う限りにおいては、そんなに下品な人間たちではないし、一人一人の個人として見れば、むしろ控えめでおとなしい人間が多いと思うのだが、それが徒党と組むと、とたんに粗暴かつ下品な集団に成り下がってしまう。

 ずいぶん前に、早稲田大学の学生について同じこと(つまり、ワセダの学生は、一人一人はマトモでも、「ワセダ」の名を冠した集団として行動する段になると、モロに下品な人々になるということ)を書いた気がするのだが、結局のところ、ワセダピープルに限らず、徒党のうちにあるわれらニポン人は、下品たることから逃れがたいのかもしれない。

 揃いの法被を着た祭りの衆、特攻服を身に纏ったゾクの人々、同じ色のヘルメットを被った全学連の学生たち、……と、思想や立場の違いを超えて、うちの国のユニフォーム集団は、総じて、粗暴で、身勝手で、夜郎自大で、無反省な群れになる。

 徒党のうちにあるメンバー個々人の、責任感、思考力および廉恥心は、集団の人数が増えるにつれて減少する。逆に、彼らのうちにある全能感と陶酔と暴力性は、人数に比例する形で増大する。

 いずれにしても、ユニフォームを着た時、人はロボットか、でなければヤクザに似た者になる。

 (中略)

 おぼえておこう。
 一人称複数形の主語を使って語る人間は、多くの場合、あんまりアタマを使っていない。


~~~~

安易に「我々」という言葉で一括りにすることの危うさ。

もっとも,僕はこの「危うさ」をあえて逆用して
議論をprovocative, stimulativeに,あいや嫌味な英語はやめよう,
挑戦的・刺激的・問題提起的な文章にすることが多い。


※ 画像は原田と彼が監督を務める少年野球チームの小学生たち(@桐蔭3G)。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仕事に行かず二度寝したい日朝

2007年08月19日 | 日記・雑記・独り言
ふう,なんだか疲れたまってる。3日で10時間睡眠じゃあきついね。zabooで一汗流してきた。

仕事の日曜に限っていい天気… 皇居周り走ろ。あ,東京マラソンぎりぎりで申し込んだ。

写真は3月にパパになる山本真也。昨日はお疲れ。

昨日は午前は志村と桐蔭,バッピ(バッティングピッチャーの略)を少々。OBは原田ら7,8人。まとまりのあるいいチームだ。例年になく,マジメに野球をやっている。勝つべくして全国に出場したチーム,といえる。俺たちもあれくらいのいい雰囲気で野球やってれば全国行けたかも。昨年は気づかなかったけど,ストッキング(練習用)はみんなイチロー風だった。はやりなんだろうか?

グランドで兄貴の担任チャッキー小松崎先生にすれ違う。まだいたのね,桐蔭に。

午後は稽古。unofficialな稽古のため,ゆっくりメニューを消化。半数以上は女子。M大先生を見習い稽古開始直後の柔軟時にいきなり大人トークをかましてカラダのみならずココロの柔軟も試みる。ちょっと過激すぎたかしら。柏木パンチみんなで100回やったらみんな悲鳴を上げてたな。ヒップアップによさそう。

夜は渋谷の仲間と新保段一郎と下北で塚原大助のパワフル演技を堪能,その後中華料理で懇親会。そのちんと再び大人トーク。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

十塵録デビューの,

2007年08月18日 | 友人・知人
平本典昭。3歳下の後輩,よくテレビに出る人です。

また飲みましょう。

~~~~

先日は徹夜…
一番稽古しなきゃいけない時期に3日間稽古不能…
日曜も仕事頑張ります

忙しくて更新する間もないけど最近会った人の写真だけ取り急ぎアップ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シゴキ屋

2007年08月18日 | 友人・知人
ジョー。懐かしいだろ,このあだ名。

先日の恵比寿会合で,カザフにいる士恩のために写メ&アップ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加