Gomaler's~神社仏閣巡り~癒しを求めてⅢ

主に関西の神社仏閣巡りと御朱印が趣味です。
生きた証として好き勝手に書いております。(笑)

東大寺(2021年1月4日参拝)

2021年02月27日 | 神仏霊場巡拝の道
春日大社参拝後、歩いて東大寺へ。
初詣には欠かせない私にとって特別なお寺です。


所在地:奈良県奈良市雑司町406-1
宗派:華厳宗
御本尊:盧舎那仏
創建:8世紀前半
開基:聖武天皇
札所:神仏霊場巡拝の道


【春日野園地】



【神鹿】



【南大門】




国宝。

さすがの圧倒的迫力。
いつか特別拝観で二階に登らせてくれないかな。


【金剛力士】


国宝。


【境内】



【参道】



【鏡池】



【中門・大仏殿】




東大寺有数の撮影スポットです。


【中門】


重要文化財。


【兜跋毘沙門天】






持国天と共に京仏師山本順慶一門により建立されたもので、
享保4年(1719)開眼供養。


【地天・邪鬼】


地天は密教における天部の一人で十二天の一つ。
大地をつかさどる女神。

踏まれている邪鬼は左が尼藍婆、右が毘藍婆と呼ばれています。


【持国天】




東方を守護する武神なのか東に向いて安置されています。


【邪鬼】




可哀想になるぐらいの踏まれっぷり。(笑)


【参道】



【廻廊】



【大仏殿】






国宝。


【盧舎那仏】




大仏さんを見ないと一年が始まらない。


【盧舎那仏・虚空蔵菩薩】



【階段】




大仏殿には一般が登れない階段があります。

まず高所恐怖症の人は登れない急角度で、
現にNHKのプラタモリで登れるチャンスがあったのに、
高い所がダメなタモリさんは登りませんでした。

私からすれば大仏殿の上層部に行けるなんて、
職人や工事関係者等の極一部の限られた人しか行けないので、
非常に勿体ないことしたなと思ったもんです。

しかしBSで放送されていた番組で、
演出家宮本亞門氏が登ってくれました。








いかに急角度か分かってもらえると思う。

彼はロープを頼りに登っているけど、
これは登山の鎖場と同じく至って普通の登り方。
勿論降りる時もロープを頼りに後ろ向きで降りるもの。

しかし慣れた職人さんは降りる時もロープを使わず、
前向きに降りるんですよ。

いくら慣れとはいえ前向きで急角度の階段を降りるなんて凄過ぎ。






最初の急階段から次に短い階段を登っていくと、
小さな扉があり、そこから一般人が絶対見れない大仏さんが見れます。


【盧舎那仏】






大仏さんを上から見下ろすのは初めて見た。
これはとても貴重な映像ですね。

5千円払ってでも上で見たいですわ。(笑)


【廣目天】



【境内】




コロナ対策でいつも閉まっている扉が開けられていました。






この場所は普段は絶対に入れない場所ですが、
特別拝観した時に入れました。

今の大仏殿より焼失した大仏殿の方が大きいのが良く分かりました。


【多聞天】



【盧舎那仏・如意輪観音菩薩】



【御朱印】


早くコロナが収束すればいいな。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 春日大社(2021年1月4日参拝) | トップ | 大阪天満宮(2021年1月10日参... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (waviva)
2021-02-27 18:53:29
東大寺は、広々していて、大陸を感じせてくれるようですね?
Unknown (ゴマラー)
2021-03-14 20:10:17
こんばんは。

東大寺の境内の広さと伽藍の大きさは凄いですね。

コメントを投稿

神仏霊場巡拝の道」カテゴリの最新記事