横田予防医学研究所

現代医学で原因未解明とされている慢性諸病は
今だ本当に解明されていないのか?
その答えを述べたいと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

社会保障と税の一体改革(その14)

2012-08-16 01:53:46 | Weblog
 前回、我が国の今後の見通しに対する私の見解をこのブログで述べましたが、ウォール・ストリート・ジャーナルの日本版に、8月14日付で下記の記事が掲載されたていたことを知りました。 財政健全化に向けて消費増税に踏み切る日本 2012年8月14日(火)10:00  この記事の内容を見まして、私が記しました私の判断が、さほど外れたものでないという自信を感じました。    ところで、マスコミに於いて、 . . . 本文を読む
コメント

社会保障と税の一体改革(その13)

2012-08-14 05:01:15 | Weblog
 ロンドンでのオリンピックの深夜観戦で寝不足の日々を過ごしている人も数多くおられたことでしょうが、8月9日に下記のようなニュースが入ったことをご存知でしょうか。 オリンピックと政局報道の陰で密かに進行している「国民皆保険」の危機 2012年8月9日(木)10:00  ところで、民主党が目論むところの、我が国の今後の国家収支のバランスを採ることを目指す目標としては、経済成長率が約4%、消費税率を . . . 本文を読む
コメント

社会保障と税の一体改革(その12)

2012-08-10 05:49:09 | Weblog
 “年間の医療費総額を半分ほどに削減することさえ可能”なんて言う私の言葉に対して、到底信じられないと大半の方は感ぜられることでありましょう。  しかし、科学の発見とは、その発見以前には不可能と思い込まれていたことを可能にするものであることを、人類はこれまで幾つも経験してきております。  酸性腐敗便学説は医学界が未だ未解明だとしている慢性病の根本原因をつまびらかに解明したもので、その積極的な活用によ . . . 本文を読む
コメント

社会保障と税の一体改革(その11)

2012-08-05 22:39:54 | Weblog
 心臓発作あるいは脳卒中の発症に際して人々は、最初の中は何が起こったのか戸惑い、その後いったいどうすれば良いのかとオロオロし、結局は何をどうすれば良いのかが判らず、「そうだ!医者だ!」、「救急車を呼ばねば」ということになっているのがほとんどのケースの実態であるかと思われます。  ただ、救急車の現場到着までの時間は、平成22年の調査では全国平均で 8.1 分(前年は7.9 分)と年々長くなり、さらに . . . 本文を読む
コメント

社会保障と税の一体改革(その10)

2012-08-01 23:06:23 | Weblog
 まださほど日にちは経っていないと思うのですが、心臓発作あるいは脳卒中の発症の兆候を予め知るための方法が探求されているという記事を私は見かけました。  梗塞発作に限らず、循環器系の諸発作は青天霹靂様に発症することが多いことはご承知のとおりです。ことに心筋梗塞は、何も知らずに歩いていたら思わぬ所に地雷が埋まっていて、それを踏みつけてしまうというような類の偶発性の要素を多分に持った病気だと感ぜられてい . . . 本文を読む
コメント

社会保障と税の一体改革(その9)

2012-07-26 22:07:20 | Weblog
 私どもの慢性病の根本原因を解明した研究成果である酸性腐敗便は、現代医学が慢性病の原因を未解明だとしている現在、医学界に於ける最大の盲点であると言っても過言でないものだと結論しております(なお、カゼ〔と言っても、医学界の主流が現在主張しているところのカゼウイルスが原因体のカゼでは無く、私どもの主張する溶血性連鎖状球菌が原因体のカゼ〕も、酸性腐敗便の問題に匹敵するほどの現代医学の大きな盲点であると結 . . . 本文を読む
コメント

社会保障と税の一体改革(その8)

2012-07-17 16:06:24 | Weblog
 話は少し脱線しますが、昨年の東日本大震災という大災害を経験したこともあって、災害に備える態勢を地域ごとに整えることが熱心に行われるようになってきている旨のニュースを最近私はテレビで目にしました。  ことに東京の下町地域など、ギッシリと建て込んだ家混みの間を細い道が通っているような場所では、近々来ると予測されている直下型の大震災にみまわれた際、同一地域で複数箇所火事が発生すると、消防自動車による消 . . . 本文を読む
コメント

社会保障と税の一体改革(その7)

2012-07-14 22:29:33 | Weblog
 近年の我が国では、個人所得が年を追うごとに漸減傾向にあります。すなわち、バブルの時代には我が国の大半の人々は、自分は“中流階級”に属する者であると答えていました。それが、バブルがはじけて20余年も経ち、その変化の過程で新興国の経済活動が急速度に盛んになると共に、世界的な規模での所得の均衡化が起こりつつあります。  企業はそれまでの正規の社員の給与を払っていたのでは、世界規模での競争に負けてしまう . . . 本文を読む
コメント

社会保障と税の一体改革(その6)

2012-07-12 22:40:23 | Weblog
 今年の4月11日、日本経済新聞の朝刊1面に以下のような記事が掲載されました・・・大企業の従業員が加入する健康保険では、高齢者医療への支援金を支払うために健康保険料を引き上げる組合が増えており、その負担によって企業収益や家計が圧迫されるというのが記事の内容です。16日の健康保険組合連合会(健保連)の発表によれば、今年度、保険料率を引き上げるのは、約1400ある組合のうちの4割。会社員の健康保険料は . . . 本文を読む
コメント

社会保障と税の一体改革(その5)

2012-07-10 22:50:57 | Weblog
 ただ、果たして本当にそんなに医学は遅れているのでしょうか?  近年では慢性病によって年間の死亡者総数を一日当たりにならすと、何と!10万人もの人々が亡くなられているのです。したがって、原因を究明するための臨床データはほぼ無尽蔵にあるのです。  そこで、臨床データだけでも慢性病の原因として備えるべき条件はかなりの程度絞り込めるはずです。  効率的な手法とは言えませんが、原因としての可能性を感じられ . . . 本文を読む
コメント

社会保障と税の一体改革(その4)

2012-07-06 00:15:05 | Weblog
 現在の医学界に於いては大半の病気の原因が未解明とされています。このような状態であっては、病気に対する治療手段も、その原因に対して直接的に処置することが叶わないわけです。したがって、原因が作用することによって二次的に生ずる各種の症状の緩和乃至消去ということが治療の主目的とされています。  ただ、このようないわゆる対症療法は原因を取り除くものでは無いわけですから、速やかな治癒や効率的な治療がなかなか . . . 本文を読む
コメント

社会保障と税の一体改革(その3)

2012-07-04 21:03:21 | Weblog
 過去の消費税増税に際しては、その導入に伴って生ずるショックを和らげるために、一時的な減税措置が合わせてとられました。  しかし、今回の消費税率アップに際しては、そのような措置をとる余裕が今のところ無いようです。  近年の社会は、経済的にも景気低迷・デフレ状態から脱却できず、また、個人所得は漸減傾向状態にあり、さらに、高齢化も進行するなど、以前の消費税率アップ時より取り巻く環境が悪化していると感ぜ . . . 本文を読む
コメント

社会保障と税の一体改革(その2)

2012-06-30 23:34:46 | Weblog
 このことには、医学研究の中での流行り廃りが関係しているのではと私は推測するのです。  私どもの研究成果の一つである両発作(心臓発作並びに脳卒中)の根本原因である酸性腐敗便に関して言えば、腐敗便研究の先駆者であるイリヤ・メチニコフ博士が『楽観論者のエッセイ』というタイトルの著書を出されて、その著書の中で、“腐敗便が人畜の急死と短命の主因であり、ほとんどすべての病気及び死は腐敗便によって起こる”とい . . . 本文を読む
コメント

社会保障と税の一体改革(その1)

2012-06-28 00:34:26 | Weblog
 今国会では社会保障と税の一体改革が行われようとしております。  一体改革と言いながら、社会保障改革の内容が見えて来ないところが極めて不思議に感ぜられます。  ところでご承知のとおり、社会保障の中では年金と医療費とが抜群の二大項目です。現在は年金がトップですが、2025年頃には医療費が年金を上回るようになると厚生労働省は予測しております。  年金の総額が09年度に初めて50兆円を超え、さらに漸増 . . . 本文を読む
コメント

トピックス:AKB48板野友美、イベント欠席を謝罪の件について

2012-04-10 22:42:16 | Weblog
 本日下記のようなニュースが入りました。 AKB48板野友美、イベント欠席を謝罪…いまだ体調は回復せず「自分と闘ってます」シネマトゥデイ 4月10日(火)11時10分配信  AKB48というと、今や日本中に知らぬ者のいない人気グループです。数多いそのメンバーの中でも板野友美さんという方は、体は小さい方のようですが、特徴ある容貌をされているので目立ち、企業の顔として良く宣伝媒体に登場されている . . . 本文を読む
コメント