東久留米 学習塾 塾長ブログ

東京都東久留米市滝山の個別指導型学習塾「学研CAIスクール 東久留米滝山校」塾長白井精一郎のブログ

serious のはなし

2020-06-30 09:48:29 | 英語の話
こんにちは。東久留米市の学習塾塾長です。

中3の英語教科書に、
I went to places with serious health problems.
(私は深刻な健康障害が起きている場所に行きました)
という文があります。

この serious を ロングマン英英辞典 で引いてみると、 類義語 severe、grave、acute、desperate、critical, life-threatening,be a matter of life and death との違いについて、

serious
 very bad-used about problems, accidents, illnesses, or crimes
 (とても悪い-トラブル、事故、病気、犯罪について使われる)

severe
 very serious-used about problems, injures, and illness
 (とても深刻な-トラブル、怪我、病気について使われる)

grave
 used about a situation that is very serious and worrying, especially because it is dangerous or seems likely to get worse
 (特にその状況が危険でまたは悪化しそうな、とても深刻で憂慮するべき状況について使われる)

acute
 used about an illness, problem, or situation that has become very serious or dangerous,and needs to be dealt with quickly
 (とても深刻になっていたり迅速な処置を要する病気、トラブル、状況に使われる)

desperate
 used about a situation or problem that is very serious or dangerous, especially because a lot of people need urgent help
 (特に多数の人が緊急の援助を必要とするような、とても深刻で危険な状態について使われる)

critical
 used about a situation that is very serious and dangerous and might get worse suddenly
 (とても深刻で危険であり、突然悪化するかもしれない状況について使われる)

life-threatening
 used about a situation, illness, or condition in which someone could die
 (人が死ぬかもしれない状況、病気、状態について使われる)

be a matter of life and death
 spoken to be extremely serious-used when a situation is very urgent or important
(話言葉、極度に申告なこと-とても切迫または重要な状態のとき使われる)
と解説しています。


頭に入れておくと役に立つこともあるかもしれません。

学研CAIスクール 東久留米滝山校
https://caitakiyama.jimdo.com/
TEL 042-472-5533
コメント   この記事についてブログを書く
« 2020年日本数学オリンピ... | トップ | 中学入試問題R2(28)[灘中] »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

英語の話」カテゴリの最新記事