へんないきもの日記

職業「陸上自衛官」から「自由人」へ。最終的に「旅人ライター」を目指す「へんないきもの」のフリーランスな日々・・・!

ジョグトリップ「平戸富嶽十六景」

2017-02-13 10:15:32 | 旅とランニング


 昨日は、「走って観光」のジョグトリップ「平戸富嶽十六景」に参加してきました。

 22kmというジョグトリップの中では短いコース・・・なので、スタートも午前10時、終了も14時半・・・という、非常に「日帰り」で参加しやすい大会です。(あ、観光協会的には「日帰り」は推奨できないか?(笑))

 その観光協会さん主催の「平戸検定」と唐津海技学校の試験が行われている施設内で受付を済ませ、おじさん&おばさんの走り旅が始まります。

 真剣に望む受験(検)生たちをしり目に、のんきにスタートしたおじさん&おばさん・・・

 しかし、総じて「速い」

 皆さん、この大会のコンセプト「ゆっくり走ったほうが偉い」を理解されていない(笑)

 この日も、わずか3km弱で置いて行かれる。その後は、某女史とゴールまで一緒に走る。

 途中から見え始めた平戸富士?が、見る角度によっていろいろと姿を変える・・・


 一日前まで九州の交通は寒波の影響でぐちゃぐちゃだったが、この日は朝から「晴れ」

 午後になると、海面は沖縄の海のようなブルーとグリーンのグラデーションを披露してくれた。とにかく、水が澄んでいる。人が住んでいないから?

 本当に行き会う人がほとんどいない。途中から、飼い犬が飛び出して来て我々についてきた。きっと、人恋しかったんでしょうね。犬が大嫌いな某女史・・・走ると犬も喜んでついてくるだろう・・・仕方が無いので走るのをやめて歩く。

 犬はしばらくついてきた。途中、後方を振り返りながら・・・たぶん、自分が出て来た左に下る坂を探してたんでしょうね。同じような道が出て来る度に下っては、違う、と私たちのもとに戻ってくる。コイツは果たして自分の飼い主の元に帰れるのだろうか?

 親切に飼い主を探している場合ではない。いくら時間制限に「ゆるい」大会でも、完全に歩いてばかりいては間に合わない。途中の角を曲がったところで走ることにした。皮肉にも、角を曲がったハズが道が巻いていて、元来た方に延びている。再びワンちゃんと出会う可能性「大」(笑)

 結局、後ろから私たちを追いかけて来たのは、犬ではなくてランナーだった。聞くと、フルの練習としてこのコースにエントリーされた、とのこと。アーリースタートして今、2週目のラスト、とのこと。その方によれば、ゴールまであと4kmほど。

 良かった。のんびり歩いても、途中、ある程度走ってさえいれば、十分時間に間に合う「ランナーに優しい」大会なのだ。

 結局、22kmを4時間ほどかかってゴールした。それでも、おつりは30分近くあった。おかげで「最優秀ジョグトリッパー賞」をいただいた。

 だって、「ゆっくり走ったほうが偉い」んだもん!


 途中、海以外の見どころとしては・・・高倉健さんの「あなたへ」のロケが行われた場所があり、平戸名菓「カスドース」の蔦屋さん、そして樹齢400年?の大ソテツがある。

 そうそう、梅の花が咲いていました。ここにウグイスがいたら、「梅」と「ウグイス」で風情があっていいんだけど・・・と思っていたら、なんと、ウグイスが飛んできました。(メジロじゃなくて確かにウグイスだった)

 引き寄せの法則??(笑)

 とにかく、少々寒かったけどお天気も良くて快適なジョグトリップでした!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 一瞬にしてすべてを失った瞬... | トップ | 日本縦断走り旅 ① 「沖縄編」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅とランニング」カテゴリの最新記事