社民党 国立市議会議員 藤田たかひろのブログ

議運で協議事項の協議が始まります。

給食センターは直営を維持しよう

2019年04月16日 23時19分08秒 | Weblog
学校給食センターでは、栄養士が子どもの成長に配慮した献立を検討し、

 調理員がその献立を当日作れるかどうか現場目線で確認します。

 そして、各校から選出された保護者が、その献立に意見を言ったり、

 子どもたちが食べる食材の選定にあたります。

 食材の選定は価格のほか、安心安全の確保のため保護者は実際の商品を見ることができます。

 給食センターの運営審議会には学校長や保護者が入るなど、国立市らしい運営を行っています。

 市の給食センターの運営は、正職員12名で(調理員は5名)、

 他は嘱託員9名、臨時職員64名(登録人数)であり、

 すでに人件費を抑える取り組みを行っています。

 保護者が運営に参画できる今の仕組みを
 
 ちゃんと維持すべきです。

 新給食センター建設は、PFI方式で良いと思いますが、

 運営と調理は直営を維持すべきです。

 給食センターの直営を守るために、

 皆様の貴重な一票をよろしくお願いします。

 なお、インターネット選挙で掲示すべき私のメールアドレスは、

 ht07kt@yahoo.co.jp

 です。
コメント   この記事についてブログを書く
« 教員の働き方改革 | トップ | 認知症高齢者の事故救済制度... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事