とおいひのうた いまというひのうた

自分が感じてきたことを、順不同で、ああでもない、こうでもないと、かきつらねていきたいと思っている。

永訣の朝「無限の正義」の行方 中村哲

2006年05月31日 06時50分36秒 | 地理・歴史・外国(時事問題も含む)
http://www1.mesh.ne.jp/~peshawar/tero02.html

永訣の朝「無限の正義」の行方 中村 哲

 2001年9月13日、私は米国の報復近しと聞き、予定を急遽変更、再び
アフガンのジャララバードに入った。邦人退去勧告がパキスタンの日本大使館
から出され、戦時下のプロジェクト継続を図るためである。この三日前、巨大
な難民キャンプと化した首都カブールの五診療所を強化すると共に、新たに五
ヶ所を開設、更に東部一帯で進められていた水源確保の作業地も、現在の66
0ヶ所から年内に1000ヶ所に増やし、餓死者数百万と云われる未曾有の旱
魃に対して、対策を早急に拡大する準備をして帰国しようとしていた矢先であ
る。ニューヨークのテロ事件は、寝耳に水であった。

 大規模な空爆を予想して、車両・機材・薬品などを安全地帯と思える場所に
移動させ、数ヶ月の篭城に耐えうるように指示した。「水対策事務所」の職員
七四名は、金曜日の休みであったにもかかわらず、同日午前7時に異例の招集
をかけられて終結していた。

 町は平静であった。その静けさが異様でさえあった。黙々と日々の営みが行
われていたが、それは事情を知らないからではない。相変わらずBBCはパシ
ュトー語放送で米国の実情を伝え続けていたし、職員の誰もが日本人大衆より
は驚くほど正確に事態を判断していた。実際、ジャララバードには三年前も米
国の巡航ミサイル攻撃が集中した。


憎しみと戦意をたぎらすわけでもなく、ただひたすらその日を生き、後は神に
全てを委ねる。
そこに騒々しい主張や狼狽はいささかも感じられなかった。

 私は集まった職員たちに手短に事情を説明した。「諸君、この一年、君たち
の協力で、二十数万名の人々が村を捨てずに、命をつなぎえたことを感謝しま
す。今私たちはやむをえず一時退避します。しかし、私たちは帰ってきます。
PMSが諸君を見捨てることはないでしょう。生き延びたあかつきには、また
共に汗を流して働きましょう。」

 臨終の吾が子を送る思いであった。長老らしき者が立ち上がり、私たちへ感
謝を述べた。「私たちはあなたたち日本人と日本を永久に忘れません。」これ
は既に決別の辞である。

 家族をアフガン内に抱える者は、誰一人ペシャワールに逃れようとしなかっ
た。その粛然たる落ち着きと笑顔に、内心何か恥じ入るものを感ぜずにはおれ
なかった。もう再会できぬと知りつつ、旅立つ職員を「神のご加護を」と抱擁
して見送った。

 帰国してから、日本中を沸かせる「米国対タリバン」という対決の構図が、
何だか作為的な気がした。テレビが未知の国「アフガニスタン」を騒々しく報
道する。ブッシュ大統領が「強いアメリカ」を叫んで報復の雄叫びをあげ、米
国人が喝采する。湧き出した評論家がアフガン情勢を語る。これが芝居でなけ
れば、みなが何かに憑かれたように思えた。私たちの文明は大地から足が離れ
てしまったのだ。

 全ては砂漠の彼方にゆらめく蜃気楼のようである。アフガニスタン!茶褐色
の動かぬ大地、労苦を共にして水を得て喜び合った村人、井戸掘りを手伝うタ
リバン兵士たちの人懐っこい顔・・・回顧は尽きない。「自由と民主主義」は
今、テロ報復で大規模な殺戮戦を展開しようとしている。おそらく、累々たる
罪なき人々の屍の山を見たとき、悪夢にさいなまれるのは、報復者その人であ
ろう。瀕死の小国に世界中の大国が束になり、果たして何を守ろうとするのか
、私の素朴な疑問である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ペシャワールから沖縄へ9 ... | トップ | オマール氏とのインタビュー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地理・歴史・外国(時事問題も含む)」カテゴリの最新記事