NPI(非営利投資)とNPO支援の品川投資倶楽部

非営利投資NPIを実践し、NPO(非営利組織)をささやかに支援するブログです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本日、工場見学のためお休みいたします!

2006年09月29日 | Weblog
■本日、日産自動車横浜工場の見学会に行ってきますので、ブログはお休みさせていただきます。
                                 以上

健全な小口金融システムの必要性!

2006年09月28日 | Weblog
■サラ金業者の金利はなぜ高い
 いまサラ金の高金利が問題になっています。国会での論議はともかく、なぜサラ金の金利は、あれほど高いのでしょうか。専業のサラ金業者も、大手銀行系のサラ金も、やみ金も、マチ金も、皆さん平気で10~29%以上の高い金利を取っています。
 高金利だけではありません。生命保険に加入させ、つまり命を担保にとり、返済ができないとき自殺させてもお金を回収しようとするサラ金業者がたくさんいます。
 そこで馬鹿な疑問が湧いてきます。なぜサラ金業者の金利は高いのか。答えは簡単。①儲けを多くするため、②貸し倒れに備えるためです。結局、この問題は利益至上主義のサラ金業者と、きちんと返済をしない、あるいは返済できない借り手の存在、に帰着します。
 解決のポイントは、「健全な小口金融システム」を構築することでしょう。
■英のゾーパに学ぼう!
 今は異常な低金利の時代、4~5%程度の金利で良いから、安全・安心に運用したいと思っている小金持ちは多いでしょう。一方、5~6%の金利でお金を借りられるならば、利用したい、それならきちんと返済できる、と思っている人も多いでしょう。
 ならばこのような金融システムを構築すれば、貸し手も借り手もハッピーになれるでしょう。実はこのような金融システムが、昨27日の日経新聞夕刊に紹介されていました。連載記事「新マネー考 第4部 変わるか日本の銀行②」で紹介されたイギリスのゾーパのことです。
 ゾーパは、「英有力ネット銀行エッグの創業者らが昨年春に創立」したもので、「与信審査を受けて会員登録した人たちが、ネット上で借り入れや貸し出し希望の額や期間を提示、それを仲介する」というものです。
 詳細は省きますが、ゾーパの会員数は9万人に達し、これまでの貸倒率は0.05%とのことです。金融システムとして十分に機能しており、「今後10年内に世界に広がる」とされています。
 日本でもインターネットを利用したゾーパのような、健全・安心・安全で低コストの小口金融システムが普及すれば良いでしょう。
                                以上

政治家に政治を任せられる幸せ?!

2006年09月27日 | Weblog
■安倍内閣が発足、26日!
 昨26日夜、安倍晋三内閣が発足しました。いつもの組閣シーンが放送され、いつもの通りに一つの内閣がスタートしました。
 今回の自民党役員選出と組閣には、いくつかの驚きがあります。塩崎官房長官の誕生、大田弘子政策研究大学院大学教授の経済財政大臣への抜擢などです。しかし、私個人の最大の驚きは、私よりも7歳も若い52歳の安倍晋三氏の自民党総裁・首相就任です。
 何年か前、労働組合の政治担当を勤めていたとき、安倍晋三氏とお会いしたことがありますが(こちらはその他大勢の一人でしたが)、そのとき自民党側出席者の最若手役員が安倍晋三氏でした。その安倍氏が今、日本国の首相ですから。
 何れにしろ日本の今日と明日を担う政権ですから、国民の幸せのためにがんばって欲しいと思います。それにしても日本人は、自民党と二世議員が本当に好きですね。
■政治は政治家に委ねよう!
 国民は選挙で政治家を選び、国の政策立案と国家権力の行使を委任します。これは当たり前のことですが、かつての日本にはこの当たり前のことが無視された時代がありました。
 戦前の日本、日中戦争と太平洋戦争へ突き進んでいた昭和初期の日本は、軍人や官僚が政治を動かし、政治を政治家から奪い取っていた時代でした。政治家は何か不都合があった場合、次の選挙で国民から不信任を受け、政治の舞台から消えていきます。
 しかし、身分保障のある軍人や官僚を、国民が不信任することはできません。彼らは不祥事があっても責任を問われることなく、天皇の名の下に戦前の日本政治を私物化し、日本を破滅へ導いていったのです。
 政治家にもあやしげな人がいます。人格・見識・能力などで官僚に劣る政治家もいるでしょう。しかし、国の政策立案と国家権力の行使は、その権限を国民から委任された政治家のみが担うべきであり、委任もされていない人たちが担うべきではありません。それが民主主義(民が主)の原理であり、国民主権の基本です。
                                  以上

米ヘッジファンドが巨額損失、責任は誰に!

2006年09月26日 | Weblog
■ヘッジが効かないヘッジファンドとは?!
 原油をはじめとする商品相場の落ち着き(人により急落とも言います)が、アメリカのヘッジファンドに衝撃を与えています。
 日経新聞その他の新聞が報じるところでは、アメリカの中堅ヘッジファンドのマザーロックが天然ガスの先物取引で失敗し、解散を追い込まれました。また、アマランス・アドバイザーズも、天然ガス相場の急落で50億ドルの損失を計上した、と報じられています。
 アマランス・アドバイザーズには、「ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーなどが運用するファンドが出資」しており、「商品投資の失敗はヘッジファンドに出資する年金基金など機関投資家の財務内容に影響する懸念もある」と、日経新聞は報じています。機関投資家の心配も大変なものでしょう。
 ヘッジとは、「相場の変動に伴う損失を先物取引で保険すること(広辞苑)」とされていますが、そのヘッジが効かないヘッジファンドとは、洒落にもなりません。
■ファンド・マネジャーは生命保険に加入しているか!
 ヘッジファンドの巨額損失で気になるのが、運用責任者の責任のことです。巨額損失を出した場合、当然のことながらファンド・マネジャーの責任が問われることになりますが、その責任のとり方は常識的には左遷か解雇(クビ)でしょう。
 ところで日本では今、「サラ金からお金を借りた人が、生命保険に加入させられていた」ということで、話題になっています。僅かな借金でも生命保険に強制加入させ、いざというとき保険金で返済させるシステムは、たしかに異常です。
 では同じ金融業界?のヘッジファンドではどうなっているのでしょうか。ヘッジファンドは借金をして商売(出資を受けて運用)をしているのですから、その「運用責任者は生命保険に強制加入させられる」と私などは思ってしまいますが、現実は違うようです。
 同じ金融業界と言っても、一方には数十万円の借金で自死に追い込む業界があり、他方では数十億ドルの損害を出しても左遷か解雇で済む業界があります。金融業界は複雑です。
                                  以上

旧東海道品川宿で「しながわ宿場まつり」!

2006年09月25日 | Weblog
■700人が「江戸風俗行列」!
 昨24日、旧東海道品川宿周辺で、「第16回しながわ宿場まつり」が開かれました。品川区のホームページによると、「正午から始まった宿場まつりパレードでは、警察庁女性白バイ隊クィーンスターズを先頭に、地元品川寺山伏のほら貝、品川女子学院のマーチングバンドなどが賑やかに続き、少年野球チーム、児童センターなど地元の皆さんが思い思いに参加しました。台場小学校の先生は牛若丸と弁慶。東海中学校の生徒は丁稚姿。およそ700人のパレードが旧東海道2kmを練り歩きました」とのことです。
 公募参加者100人が武士・町人・町娘・岡引・飛脚などに扮した「江戸風俗行列」の模様は、NHKテレビでも放送されましたのでご覧になった方も多かったと思います。また、目黒川にかかる橋の上での甲冑武者による火縄銃試射のシーンも放送されていました。
 品川区HPは、さらに「沿道には、織、独楽、江戸切子などの品川区伝統工芸展、忍者ショー、人力車やかご、茶店、模擬店、フリーマーケットなどが所狭しと並び、東海道の大磯宿、三島宿、保土ヶ谷宿からも参加がありました」と、誇らしげに書いています。詳細は品川区HP(http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/)をご覧になってください。
■秀吉のキリスト教禁止、宣教師の国外追放について
 ところで品川区HPの記述にもNHKテレビの映像にもありませんでしたが、ナレーションでは「宣教師もパレードに参加」と伝えていました。このようなパレードに宣教師が登場するのは珍しいと思い、つい余計なことを考えてしまいました。
戦国時代以降に来日した宣教師たちの評価は様々です。純粋に信仰伝道とも考えられますし、また当時の植民地支配の先兵との見方もあります。
 豊臣秀吉がキリスト教を禁止し、宣教師を国外追放した理由は、①日本がキリスト教に支配される恐れがあった、②日本の金銀が流出するのを阻止するため、③日本人が奴隷として輸出されるのを恐れた、などと言われています。
 私はキリスト教の信者ではありませんし、一神教を容認している訳ではありませんが、基本的にはキリスト教を好意的に見ています(理由略)。
しかし、それでも豊臣秀吉のキリスト教禁止、宣教師の国外追放は、あの時代と環境を考えるならば、間違いとは言い切れないと思います。キリスト教を容認していたら、日本も植民地になっていた可能性があるからです。
 それにしてもテレビのナレーションの一言で余計なことを考えるのは、年齢のせいか、秋の気配のせいでしょうか。
                                  以上

激化する次世代DVD争い!

2006年09月22日 | Weblog
■ブルーレイとHD・DVD
 クリスマス商戦、年末商戦を意識した高画質の次世代DVDの販売合戦が熾烈になっています。次世代DVDは現在、録再方式(規格)の違いで「ブルーレイ」と「HDーDVD」の二方式があります。
 ブルーレイ陣営はソニーやナショナルなど有力企業が参加しており、一方のブルーレイ陣営は東芝が中心で、企業数はやや劣勢。しかし、東芝はHD・DVDの再生機・録再機を国内で先行販売し、これをソニー・ナショナルが追及しています。来月にはナショナルから録画再生機が、24万円からという値段で販売され、東芝を追撃します。
 それにしても最近の東芝は、元気で頑張っているようです。原子力の将来性を睨み、米原子力大手のウエスチングハウス(WH)を6000億円で買収したり、半導体増産の設備投資に、今年度から3年間で約1兆円を投資するなど強気の計画を立てています。
 しかし、東芝は大丈夫なのでしょうか。多額な投資資金負担に耐えられるのでしょうか。いまのところ株価は順調に推移していますので、東芝の将来に賭けて株式購入を検討するのも良いかと思います。押し目買いのチャンスを狙いましょう。
■VTR、現在のDVDはどうなるのか?
 ところで現在のVTR(ビデオ・テープ・レコーダー)は、どうなるのでしょうか。かつてVHSとベータが激しい規格争いを繰り広げ、結局、録画時間が長く、多くの企業を仲間に引き入れたVHS陣営が勝利。性能面ではVHSを凌いでいると言われたベータ陣営が敗北し、市場から消えていきました。
 そのVTRは、普及とともに値段が劇的に下がり、現在は録再機で一万円前後と、技術者が泣きたくなるような値段で販売されています。お手軽で経済的なVTRですが、①アナログ方式のため画質が良くない、②頭出しなどの操作が不便、③録画テープが大きく、保管に場所をとる、などの問題を抱え、何れ販売が中止される、と思われています。
 そこで我が家ではVTRで録画した内容を、DVDに移すことを考えていますが、問題は次世代DVDが普及した時、現在のDVDは大丈夫なのか、と言うことです。次世代DVDは、互換性にあるものにして欲しいと思います。
規格の違いによる騒動は迷惑ですが、技術の進歩と価格低下につながる争いは歓迎すべきでしょう。「ブルーレイ」と「HDーDVD」の争いを、今後も見守っていきましょう。
                             以上

高齢者は優遇されすぎている?!

2006年09月21日 | Weblog
■美術館で・・・・!
 自民党総裁選が行われ、安倍晋三氏が新総裁(52歳)に選出された昨20日午後、都内の某美術館に行ってきました。入り口で入館料を支払おうと1000円札を出したら、「一般でよろしいですか」と聞かれ、「えー」と聞き返してしまいました。
 チケット売り場の料金表を見ると小・中学生/75歳以上=無料、高・大学生/65歳ー74歳=300円、一般=500円と記載されていました。そこで65歳以上に間違われたのかと思い、ややショックでした。
 たしかに私の前後に入館した人の殆どが300円組か無料組の高齢者、平日の昼間の時間に美術館に行くのは、中年のおばさま族か高齢者でしょうから、受付の女性が機械的に確認するのは当然でしょう。
 しかし、300円組の高齢者に間違われたことはショックで、「60歳以下です」と小さい声でぶつぶつ言いながら入場しました。髪の毛の量では61歳の谷垣禎一氏や66歳の麻生太郎氏に負けそうな私ですので、自分で思っている以上に年寄りに見えるのでしょうか。ああ・・・
■高齢者は優遇されすぎる?!
 ところで上記の美術館のように高齢者や学生と、一般の人では入場料金に差があります。公共施設の場合、ほとんどが高齢者を優遇しています。民間施設でもその多くは、入場料金に差をつけています。
 なぜ国や社会は、高齢者を優遇するのでしょうか。貧しいからでしょうか。そんなことはありません。日本の個人資産の多くは、65歳以上の人が所有しています。厚生年金や企業年金をしっかりともらっており、使い切れない人?が数多くいます。余ったお金は、①旅行と食事、②孫への小遣い、③預金(貯金のことです)、に使っているのが現状です。
 ときどきテレビで貧しく、孤独な高齢者の姿が放送されますが、その絶対数は多いとは思えませんし、それなりの理由があるのでしょう(詳述は略)。一般論ですが、日本の高齢者は豊かなのです(全員ではありませんが)。
 そこで結論ですが、余り高齢者を優遇せず、浮いた財源をニート対策や子育て世代への支援策に活用して欲しいと思います。無職・無年金の高齢者?からのお願いです。
                                 以上

政治家の寄付とボランティアは?

2006年09月20日 | Weblog
■今日は自民党総裁選!
 今日20日、自民党総裁選の投票が行われ、安倍総裁が誕生する予定、と各新聞は書いています。
 投票は、地方組織の党員票と党所属国会議員によりますので、党外の人、つまり一般国民には何の関係もありません。しかし、自民党の3人の候補者は街頭へ出て、演説して歩いています。
 小泉首相(総裁)の時もそうでしたが、なぜ総裁選候補者が街頭へ出て、アピールを行うのでしょうか。自民党にとって絶好のPRの機会、との判断からでしょうし、国民に開かれた党とのイメージを与えたいからでしょうが、一般国民には何の関係もない、迷惑なことです。組織の中のことを外部に持ち出さないでくれ、と言いたくなります。
■貧乏投資家の「寄付」実践術
 昨日のブログで、「寄付とボランティアは、人生の最高の楽しみ!」と題し、特に「寄付」について書いてみました。
 その中で英国の「シェアギフトー余剰株活用法」について言及しましたが、いまの日本では無理のようです。そこで「余剰株活用法」のような制度ができるまでは、従来通りの寄付行為を実践するしかないようです。
 ところで自民党総裁候補の方々は、寄付やボランティアを実践しているのでしょうか。また、国会議員の皆さんは、寄付やボランティアについてどう考えているのでしょうか。気になるところです。
 ちなみに貧乏投資家の私は現在、以下の寄付行為を行っています。
 ①NPOへ寄付する(あしなが育英会、アムネスティ、アジア連帯委)
 ②「ビッグイシュー」(ホームレス支援雑誌。200円)の購入(500円で)
 ③株の配当金の一部をNPOへ寄付する
                                  以上

寄付とボランティアは、人生の最高の楽しみ!

2006年09月19日 | Weblog
■ボランティアと「寄付」!
 いままで日本人に不足していたのは、「ボランティアと寄付」と言われていましたが、阪神大震災以降、ボランティアへの関心が高まり、参加する人が増えたようです。
 かつて私も属していた労働組合では阪神大震災以前から、青年を中心にボランティア活動が盛況で、清掃活動、各種NPOへの協力、施設訪問や献血運動などに取り組んでいました。明治・大正時代の日本の労働組合はキリスト教を出発点としていましたから、その伝統が生きているのでしょうか。
 では「寄付」は如何でしょうか。労働組合の場合、災害などがあるとすぐ寄付の案内が回ってきていましたので、これも一般の人よりは積極的に取り組まれていたと思います。それでも欧米の国々やイスラム社会とは、比較になりませんが。
■「余剰株」と「寄付」!
 過日、大物投資家ジム・ロジャーズがマイクロソフトのビル・ゲイツ夫妻が運営する財団へ多額の寄付を行ったことが、マスコミで一斉に報じられていました。
 欧米の金持ちは、資産を慈善事業に寄付するか、美術収集を行うようですが、それが彼らの甲斐性なのでしょうか。それとも儲けすぎへの罪滅ぼしなのでしょうか。美術収集も最後は公共美術館へ寄付するか、私設美術館で一般公開するようですから、結局、行き着くところ「寄付」なのです。
 「寄付」とは、人生の最大・最高の楽しみなのでしょう。それにしても世界第一の富豪の財団へ、世界第二の富豪が寄付したのですから、その財団規模は凄いものになったようです。
 ところで日経新聞「市場の話題」に、英国の「余剰株活用法」(詳細略)が掲載されていました。これは投資家の手元にある「余剰株」を寄付してもらい、まとめて売却、慈善事業に寄付しようというものです。
 貧乏投資家の私も、売買取引数に満たない某電力株の端株を持っていますので寄付したいと思いますが、方法が分かりません。日本にも、記事に紹介されていた「シェアギフト」制度があれば良いのですが。
                                以上

敬老の日につき、本ブログはお休みいたします!

2006年09月18日 | Weblog
 今日18日は敬老の日(15日ではないのが変な感じですが)、このため本ブログはお休みさせていただきます。
 全国で28000人いる100歳以上の高齢者をはじめとする多くの方々のご健康をお祈りいたします。