週末のひとりごと

ほぼ週末に
思ったことを気ままに綴っています。

気が向いたとき覗いてください。

強力台風 接近中

2019年10月12日 | 俳句

 すんごい台風19号が接近中なのだそうです。大型で、勢力が半端ないとのことです。けど当地ではまだ雨も風もたいしたことはないです。雨は降るには降っていますが、普段より少しだけ強いかもという程度。風もさほどではなし という感じ。だって、台風の現在地はまだ静岡県のけっこう南にあってで、ゆっくりと北上中ということだし。けど住民に対する注意喚起ったら今回はスゴイ。さっき昼飯を食ってたらタブレットが緊急警報を流してきました。ビックリして見たら、仙台市のこの辺の人達も非難するようにとのことでした。なんかこれからどれだけの風や雨がこの辺を襲うんだろうとちょっとドキドキしています。

ベランダに出してあった鉢植や物干し竿とかは一応部屋の中に入れました。雨どいに落ち葉とかが詰まってないかも一応チェックしましたし。あとは部屋の中で、テレビとか見ながら息をひそめていようかと。内心は少しワクワクっぽかったりして。いくら怖いもの見たさとは言ってもネ、こーのばちあたりが・・・。

という訳で かどうか、今日の曲は、石原裕次郎の「嵐を呼ぶ男」にします。

実は今日は月例句会の予定だったのです。けど、昨日のうちに中止に決まりました。ニュースで、ものすごい勢力の 超大型の台風が週末に日本列島を襲う、東北地方だって危険かも、命を守る行動を、みたいなことを何日も前から流すものだから 恐れをなしたというか、不安に駆られて こりゃあオシャレに俳句とかやってる場合じゃないという気にさせられましたからね。予約をしていた会場に電話を入れたら「台風のための中止なのでやむを得ない、キャンセル料はいただきませんから」と言われて、ラッキーでした。ちなみに2016年の10月から始まったこの月例句会、今回から4年目に入るのだったのですが、中止したのは2回目。そういえば前回中止したときも台風が迫ってました。まあ台風とか自然災害なのだから仕方ないですよね。遠くから参加してくださる方々にとっても中止は正解だったかと。もし句会をやっていればまもなく終わる時刻。今も雨は小降りっぽいし、風も止んでるっぽいのですけどね。ただ これから バスとかが運休するかも知れないし。なんといっても いったん外出すれば、出かけて、用事をたして、無事に家に帰り着かなければなりませんから。

ところで、今日に向けて作ってみたのは次の5句でした。もし句会が行われていれば、どんな評価をいただけたものやら、それも少しドキドキ・・・。

敬老の日は聞き役の長電話  秋分の入り日まぶしき信号機  竜胆ややつぱり消せぬ自尊心  虫しぐれ父を迎えにバス停に  鰯雲小銭の増ゆる財布かな  以上

それにしても、神戸の小学校の同僚教師いじめのこと。ヒデ―先生達ですね。あれが事実ならばトンデモナイ犯罪行為。けど、職業が教師だというだけで、人格が立派かどうかは別ものだしね。きっと奴らは私のようにねじ曲がった性格だったに違いない。そんなのが先生になったのはヒジョーにまずかったね。それから会見に出てきた、あの校長先生にもびっくり。清潔感のカケラもなかったように思いましたけど・・・。

コメント

ヤクルトスワローズの来年に期待

2019年10月05日 | マイ癌

 暦は10月に入っちゃいました。でも 暖かいどころではない暑い日もあります。また朝は まだ寒いと思わない感じ。今日は朝から晩まで晴れの予報だったので、洗濯ものを思いっきり(?)干しました。次第に昼が短くなってきているので、早めに干さないと 夕方までに乾ききらないかも、という一種の脅迫観念にかられて と言いますか、何となくそんな感じ。それならもっと早く起きればいいのだけれど それがなかなか・・・、遅起きしています。

さて いろんなスポーツが佳境を迎えてますね。例えばプロ野球。セ・パとも今日からクライマックスシリーズが始まりました。私ゃヤクルトスワローズのファンのつもりなのだけど、今シーズンったら 出出しは良かったのだけど、例の16連敗で最下位に転落してから、それっきり一度も浮かび上がれなかった。情けないやら悔しいやら、もうすっかりあきらめざるを得なくて、結局そのままになってしまい、まったく面白くなかった。青木が頑張っていたぐらい、それと若い村上の打撃。秋田出身の石川投手とか 東北高校の雄平とかに もっと頑張ってもらいたかったけど。岩手・専北高出身の畠山はダメだったし、バレンティンにも期待できなかったし。バレちゃんはどうせ来年はどこかに行ってしまうのさ、ラミちゃんのように。まあそれがプロなのだからしょうがないのだけど。監督交代は当然かも。けど次の監督は。それが高津らしいのだけど、どれだけ期待して良いものやら。彼はまあ 生え抜きだし、仮にどこかから呼ぶとしても、どこかの球団のように監督年俸3億円ってわけにはいかないもんね。結局〇〇〇〇のように 金さえあればどんな選手だって入ってくるし、その結果 強くなればファンも増えて 金満球団ほど儲かるという訳なんだよね、タブン。

でも果たして野球に未来はあるのか。今だってサッカーに押され気味の感じがするし、それから夢にも思ってなかった にわかラグビー人気。ワールドカップさまさまですね。けどブームがいつまで続くのか。なんてったって熱しやすく冷めやすい国民性だから。いま野球人口は減ってるらしいけど、理由の一番は金がかかることじゃないの。ボールさえあれば楽しめる訳じゃないもの。やっぱバットとグローブぐらいは。ところがそれがケッコウ高かったりするんだよね。結局それらが欲しいとねだれない、私のようなヒネクレボンビーなガキは野球をやらなくなるのさ・・・。

ところで9月21日(土)に「キングオブコント」がありました。録画をしておいて、先日やっと見ました。すでに結果は知っていたのですが、優勝した「どぶろっく」のコントに腹を抱えて大笑い。エンタの神様で見る「もしかしてだけど」とかのネタも面白いと思ってたけど、今回は「一つ前進!腕を上げたなオヌシ!」と思いました。おめでとうさん。ということで今日の曲は、どぶろっくの「もしかしてだけど」です。

それから 今週 10月1日(火)に3年前の胃がん手術の術後検査を受けてきました。今回は胃の内視鏡検査で、少しだけ寝てる間に終了。結果は異状なしとのことでした。9月17日(火)の血液検査?、腫瘍マーカー検査?、CT検査の結果も異状がなかった とのことでした。まあ、ネ。

コメント

なつぞらもボイスも「ノーサイド」

2019年09月28日 | 日記

今週は はじめは雨だったりしましたが、その後は昨日まで快晴が続き ルンルンっぽかったみたいな。気温も夏日に達したり、かすったり。朝も15℃を切ったりして、さすがに「彼岸も過ぎたしな」という感じ。で、いよいよ9月も終わります。今日が最後の土曜日で、ただただ時の流れの速さにビックリするだけです。私ゃ来月 67歳になりますな。

7月30日に厚労省が2018年の日本人の平均寿命を発表したんだって。それによると女は87.32歳、男は81.25歳だったそうです。ガン、心疾患、脳血管疾患の「三大疾病」による死亡率が改善した結果なのだとか。すごいよね、日本人は。

ところで今は連ドラの改編期。NHKの朝ドラ「なつぞら」は今日で終わってしまいました。今回の作品は、まあまあだったかと。広瀬すずはさわやかで、演技もまあまあ。「わろてんか」に出ていた姉の広瀬アリスのように艶めかしくもなかったし。けどちょっと100作目としては物足りなかったかも。主題歌は、スピッツの「優しいあの子」でした。柔らかい歌声がすぐに耳に馴染んだし 良かったです。スピッツはこの曲で、紅白に初出場するのではと言われているようです。『紅白』か、あゝもうそんなことを話す時期になったんだ。早いものだな・・・。ということで 今日の曲はそれ。

9月21日(土)に終わった「ボイス」。これもまあまあ面白かったけど、ただ、筋的につじつまが合わないところがあった感じも。それよりもっと つじつまアウトだったのは12日(木)に終わった「サイン」。けどまあ騒ぐほどでもないか。

それより少し前、9月15日(日)に最終回を迎えた「ノーサイド・ゲーム」のこと。ラグビーワールドカップ日本大会に合わせたのがミエミエで、それは全然かまわないのだけど。たまたま今日は、アイルランド対日本の試合があり、スゴイ、日本は勝ちました。「ノーサイド」とは、試合が終わった瞬間に敵味方の区別がなくなることなのだとか。ラグビーは紳士のスポーツなので、戦いの後はお互いの健闘をたたえ合う精神が尊重されるのだそう。そのことを考えてたら、私の頭をめぐったのは、あのお隣さんにラグビーはたぶん浸透しないんだろうな、ということ。だって かの国が、試合が終わったからといって敵味方の区別をなくしてしまうことができるとは思えないもの。試合に敗れれば、たとえ一時的にそんなふうな対応をするとしても、相手を恨んで、いつまでも根に持って、あらゆる手を使って報復しそうな気がするものですから。アッ、自分のことはさておいて、また書いてしまいました、ヤバッ。

次のNHK朝ドラは「スカーレット」というらしいです。どんな話かはわからないけれど、たぶん きっと 見るでしょうね。なんたって習慣になってますから。

 

コメント

秋の彼岸

2019年09月21日 | 日記

今日は9月の二度目の三連休の初日。なんだか また台風が北上しそうだと 気象予報士さんが言ってましたが、そのせいもあるのか、一時天気が回復しそうな気配だったのに、また厚い雲に覆われてしまいました。たぶん明後日までそんな状態かも。だからってなにもできません。せいぜい心の準備だけでも、というところでしょうか。前回の台風で被災された関東圏、千葉県の方々とか、心からお見舞い申し上げます。一日も早く復旧しますように。

昨日は「秋の彼岸」の入りでした。昨日は天気が良く まあまあ暖かくなり、ただ空気は少しヒヤリで、やっぱり秋だし という感じ。もしや 秋日和でした? 明後日は「秋分の日」で、いよいよ夜長かな、です。

ということで今日の曲は、久保浩の「秋日和」にします。たしか彼の歌の中にそんな題名の曲があったような と思ってパソコったらビンゴでした。ただB面でしたし、曲名以外は何も覚えてませんが。けどそれでもイイじゃん、悪しからずです。

昨日は午後から長谷川さんの「白内障手術」の事前検査とか入院打ち合わせのため、病院に行ってきました。えらく時間がかかり、帰ったときは真っ暗。あまり興味がないのだけれど、ラグビーのワールドカップが始まっていました。

私は今週17日(火)に、3年前の胃がん手術の術後検査に行ってきました。造影剤を使ったCT検査の4回目。結果は何も無し。というか2週間後に、今度は内視鏡での検査を予約されているので、何かあればそのときに ということかも。何しろ2016年5月の手術から4年目に入り、そのときの手術が成功したかどうかは、5年間検査をして異常が無ければ、そのときはじめて成功したと言えるということらしいので。あと1回、来年が最後なのか。手術後5年間の生存というからには2021年の春にも検査をするのかは不明なのですが。来年ったら、東京オリンピックの熱気が冷めやらぬ中での検査になるのでしょうね。それが終わって、あと一回の検査で決着がつくということかも。それまでは、タブン・・・。

でもまあ あと2年なんてあっという間かも。何しろ月日の経つのが早いこと早いこと。やっとの思いでブログを書いても あっという間に1週間が過ぎ、また書かなければならない土曜日が来ますから。あっという間の一週間の積み重ねが、あっという間のひと月、一年になるに違いありません、たぶん。

マスコミがあまり取り上げなくなったものだから、不細工姉妹のせいで 伊調馨がオリンピックほぼ絶望とか、隣の国のとんがり口とタマネギ男のこととか、白鵬が日本に居座るとか、かなりどうでもいいような気になってます。結局ただマスコミに踊らされているだけだったのか、自分。TOKIOの国分太一の髪型がおかしいとか、関ジャニの錦戸亮の退所は実は事務所から追放されたのだとか、嵐の櫻井翔の評判が最悪とか、もう本当にどうでもいいように思えます、今のところ。クダラン・・・。

コメント

名月や、底紅や・・・

2019年09月14日 | 俳句

 当地は今週、間違いなく秋になりました、と思います。荒天が基本のようにみせておいて 時々は良い天気になった今週でしたが、気温も変動が激しく、真夏日があり、夏日もあり。けど日中の気温はさておいて、注目すべきは最低気温。昨日13日の金曜日の朝は15.7℃しかありませんでした。大きく20度を下回ったものだから「これは絶対秋になったに違いない」と思った次第。

昨日は中秋の名月でした。前日 月見団子だけを買って備えていたのですが、日中から、はたして夜は晴れるのかどうか あやしげな空模様で、ヤキモキしたりして。夕べ上ったのは 満月ではなかったらしく、そう思って見たせいか、若干ゆがんでいたような。けどまあ雲が切れた瞬間とか 見られたからまずは良かったな、珍しくツイてたなと、何かに感謝をしました。昨日は13日の金曜日で、おまけに「仏滅」だったのだけど、名月を見たから、気のせいだろうけど少し元気が出たような。名月や仏滅なれど躁になり

ということで、月といえばこれ。今日の曲は、菅原都々子の「月がとっても青いから」にします。このレコード、B面は「アリラン」というものだったんですね、知らなかったー。

さて今日は月例句会でした。たぶん35回目。本日集まったのは6名。欠席投句は3名で、計45句で、ともに勉強しました。

今日持ち込んだ私の句で「良いかも」をもらったのは次の2句。

畦道を独り占めする彼岸花  底紅や隣同士は親しかれ

「いまいちかも」だったのは次の3句。

傾ぐ陽やキバナコスモスだけの畑  蜩や自由研究だけ残り  偉くなるほど謙虚たれ花木槿

木槿(底紅)は、お隣の国花なのだそうです。そこで今回木槿の俳句を2つ作ってみたのですが、イマイチだったかもね。最初は、あの偉いかも知れない人が「日本人はもっと謙虚にならなくてはいけない」と言ったという報道を聞いて作ったもの。けど「イヤ、そんなこと言ってもね・・・」と思いなおし、もっと何とかならないのかなと、底紅で作ってみたのでした。それはもしかしたら本心なのですが・・・。

それから かの国は、来年の東京パラリンピックのメダルのデザインを変えろとか 会場に持ち込む旗のことにまで注文を付けて、けど一蹴されたとか 今朝の新聞に出てました。あのとんがり口の偉そうな人が 国を代表して下品なことを言うものだから、側近やら とりまきのご機嫌取りの輩まで、おかしくなるのだと思います、なーんてネ。このままでは親日の人はみんな抹消されてしまうのではないですか。いろいろ、もうやめてくださいよ。

 

コメント

まだ夏子の季節かも

2019年09月07日 | カラオケ

 仙台は今週もさえない天気が続きました。9月に入ったというのに 夏日ありいの、真夏日もありいので、日中は暑くなるけど朝晩は涼しくて過ごしやすかった感じ(今頃はだいたい毎年そんなふうではあるけれど)。昨日と今日は晴れて秋日和っぽかったけど、ホントはまだ夏子の季節、みたいな。

ということで、今日の曲は、舟木一夫の「夏子の季節」です。以前NHK・FMラジオの「昼の歌謡曲」で流れていて、懐かしく、歌いました。昭和42年の曲で、大ヒットしたわけでもなかったけれど、歌詞とかケッコウ忘れないでいるものですね。ちなみにこのB面「あいつと私」も懐かしいです。機会があれば歌いたいけれど、ないでしょうね。

ところで8月のカラオケランキングが出てましたので、一応。

1位.天城越え(石川さゆり) 2位.津軽海峡・冬景色(石川さゆり) 3位.酒よ(吉幾三) 4位.北の旅人(石原裕次郎) 5位.つぐない(テレサ・テン) 6位.さざんかの宿(大川栄策) 7位.時の流れに身をまかせ(テレサ・テン) 8位.川の流れのように(美空ひばり) 9位.ラヴ・イズ・オーヴァー(欧陽菲菲) 10位.みだれ髪(美空ひばり)  以上がベストテンでした。

石川さゆりの2曲はいつも通りなのだけど、テレサ・テンのものも、それから美空ひばりの曲も2つ入っていました。美空ひばりは1989(平成元)年6月24日に亡くなっていて 今年は没後30年とのことです。それと、島倉千代子は2013(平成25)年11月8日が命日で、今は没後5周年らしくて。少し前に「美空ひばり・島倉千代子の歌の特集番組」が放送されていました。録画して、時間がある時に少しずつ見ていますが、見終わってもすぐに消してしまうのはすこしもったいないかもという感じです。

さて 先週も書いたのだけど、お隣のこと。前はそれほどでもなかったのに、この頃はすごく不愉快になってきました。今週はあのとんがり口の人は外遊とかで、国内で日本の悪口を言わなかったようです(海外で言ってきたかも知れないけれど報道はされなかったみたいです)が。その関連の今週の話題ったら、法相候補の人の自己弁護。私ゃあのての人は嫌、見ていてすごく不愉快。あの「俺っていい男だろう」然として、髪の毛をかきあげたりする癖みたいなのも見たくない感じ。一族ぐるみであくどいことをやってるみたいな報道をされてますが今後どうなることやら。口とんがりさんにこのまま突き進まれると、北に飲み込まれて 私たちが危なくなると言われてもいるらしく、心配ったらないです。何とかしてよ、〇〇ちゃん。 

コメント

一年の三分の二が過ぎてしまう

2019年08月31日 | 雑記

 今週は晴れがほとんどなく、雨や曇りばっかりでした。気温はだいぶ落ち着いてきました。今週 真夏日だったのは一昨日だけ。夏日でなかった日も一日だけありました。熱帯夜についてはまったく心配しなくてもいいようになりホッとしています。けど晴れるにこしたことはないわけで、おかげさまで(誰のおかげかは知らないけれど)今日は朝から快晴で、何の心配もなく洗濯機が回せる嬉しさったらない みたいな。昨日は外干しできずに、部屋に干して除湿器を回してしまったので、今日はアー良かったってな感じです。

けど 佐賀とか九州北部の大雨の被害は大変そうです。毎年 南の方では大きな自然災害があって お気の毒です。そうは言っても こっちはこっちで8年前の大地震に往生しましたけどね。そしたら例のお隣さんが福島の食材にいちゃもんをつけたとか。しかも輸入品についてじゃなく、オリンピックで提供する食品に関してなのだとか。心配なら自分たちだけは食うなというだけの話で まったく呆れるけど、それは後記するとして。結局 どこに住んでいても絶対に安心ということはないわけで・・・。

今日は8月の晦日。今日で8月は終わり。てか 一年の三分の二が過ぎてしまうわけで。明日からは9月。明日9月1日は「防災の日」です。大正12年に関東大震災が発生した日。しかも 立春から数えて210日目の「二百十日」とのことです。大きな災害とかなければいいのだけれど。防災の日よ何事もなく過ぎよ(マル子の祖父の友の心の俳句)

ところで、先週も書いたお隣の国のこと。まだまだあの一番偉い人の怒りは収まってないみたいですね。人気取りのために、国民を代表して 口とんがらかして 日本を非難しているみたいだけれど。私ゃよくわからないけれど、かの国が、日本から輸入した物を 兵器とか作ってるその隣とかの国に横流ししてるからけしからんと言ってるんだよね。その不適切な事例があった事実をつかんで、オタクは白い国ではないと言ってるんだよね。だったら、その証拠をはっきり示せばいいのに。あの口とんがらかしさんが、ぐうの音も出ないよう、ギャフンと言わせてよ。日本はどうせそこまでやるわけはないと高をくくっているに違いないのだから、たぶん。欲しいのに日本の製品とか買えない人たちが可哀想じゃん。要は自分の国が国民に良いものを提供できないでいるからだろうさ。自分たちのことはさておいて、とりあえずみんな誰かのせいにしてしまえという国民なのだとしたら、イヤですねー。絶対に付き合いたくないですね-。あーユウウツ。以上

さて8月最後の土曜日といえば、秋田は大曲の花火大会の日です。昼花火はもう始まってる時刻。私はもう観に行くことはできないと思いますが、一人で行くのなら、部屋のテレビで見ているほうが良いかも。私にとって花火といえば、小柳ルミ子の「お祭りの夜」なので、それを今日の曲ということに。2番の歌詞に「線香花火が・・・」とあります。この曲は、大ヒットした彼女のデビュー曲「わたしの城下町」の次の作品。さらにその次の「雪あかりの町」とだんだん下火になったような気がして、彼女の人気もここまでか、と思っていたら、翌年春の「瀬戸の花嫁」が大ヒットして大盛り返し、見事でした。けど関係者の油断からか、その年のレコード大賞を ちあきなおみの「喝采」にさらわれたのは残念でした。油断大敵(by防災の日より)でしたな。

コメント

お隣りに疲れます

2019年08月24日 | 雑記

 残暑の厳しさに参っておられる方々に お見舞い申し上げます。当地も今日は久しぶりに暑いのです。今週は日曜日だけが晴れて真夏日(33.6℃)で、月曜日は曇って夏日(29.2℃)でしたが、火曜日は雨が降り 最高気温が24.5℃と 夏日にすら届きませんでした。水曜日からは晴れることがホトンドなく 、けど続けざまに夏日ではありましたが、朝から晴れた今日は 真夏日になったでしょう、おそらく。と ここまではなんとなく気温のこと。

この辺の学校はもう夏休みが終わって新学期が始まったみたいです。夏休み明けは 学校に行きたくない子とかたくさん出るようですね。私は小さな村の小学校で、休み明けとか学校に行くのがイヤだったことなどはほとんどなかったと思います。けど たぶん6年生の休み明けに、課題提出の中で、私が描いた図画を、先生にけなされたことがあって、それがいまも決して消えないイヤな記憶として残っています。「これは人まねの図画です」とワザワザみんなの前で言われて、傷つきました。それからその先生のことは より一層 大っ嫌いになりました。中学生のときは休み明けの学力テストに多少往生しました。統合したばかりで、1学年8クラス、350人以上の同級生がいて、成績上位者を廊下に張り出すものだから、頑張りました。

ということで今日の曲は、TUBEの「あー夏休み」ということにしようと思います。南の方では夏休みは今月いっぱいなんだろうね。子供のころ、40日もある夏休みって「スゴイ」と思ったものでした、まるで「ハズキルーペ」の宣伝文句のように。それはうらやましかったけれど、その代わり冬休みが短いのはかわいそうだったんだね。

よくわからないけれど、あの隣の国、何とかならないのだろうか。「協定破棄」とやらの報道が、ここのところトップニュースで、もうイヤになります。あの偉い人が、口とんがらかして文句ばっかり言うのは、人気取りと、何かの疑惑隠しのためらしいのだけど・・・、いやがらせをして喜んでいる感じ。もしや そういう国民性なのかな。かのテレビドラマを見て、おばちゃんたちがキャーキャーと夢中になってロケ地巡りとか観光してたのも、やめればいいのにと思っていました。あちらの歌手が来て、CDとか出すなど、とんでもないと思っていました。民間交流も、無理にやらなくて良いと思うし、誰かに何か言われたかどうかはともかくとして、来たくなければ日本に来てもらわなくて結構です、なーんてね。来年の東京オリンピックをボイコットするとかの噂もあるらしいけど、勝手にすればってな気持ちです。出たくなければ出てもらう必要は無いと私は思いますが・・・。

コメント

もう秋のはずなのに

2019年08月17日 | 俳句

 今週は はるか遠くからやってきた台風10号の影響か、仙台でも雨が降ったり強い風が吹いたり、大荒れで。で 台風一過(?)今日は良い天気になり、気温も上がって最高気温は34.1℃。湿度も高いようで、外はムッとする感じだったというか。もう秋のはずなのに・・・。私的にはさほど熱も入らないのだけれど、高校野球のベストエイトがでそろう今日などは、出かけたりせず 黙って部屋にいればなんということはないのだけれど、そうはイカキンなのが世の常。

本日は月例句会があって、仕方なしに カンカンドウリツ照り のなか、午後から市民センターまで。仙台の夏はさほど暑くならないのが常だからなのか センターは全館冷房ではなく、会議室に入ってからエアコンをためらわずに使わせてもらって、集まった8人で涼しく勉強しました。今年3月に見学して 5月に初参加、本日2回目の参加の女の方は、実はどこかの結社に入って投句しているベテランっぽくて、いろいろ教わることができそうな感じだと思いました。

今日の甲子園、第3試合に 仙台育英vs敦賀気比 戦があり それも少し気になったのだけれど、自前のタブレットを持って行ったのに、試合の中継が見られず 何の役にも立ちませんでした。それどころか、タブレット操作に腐心していたのが、傍目には 句会に熱心に取り組んでいないように見えるかもと、実は気が気でなかったのでした。

さて、本日「良いかも」をもらったのは、次のたった1句。

たらればとまた悔いてをり遠花火

「いまいちに違いない」だったのは次の4句。

大百足虫ぼとり夜中の山の宿  貴婦人が日傘飛ばされ犬走り  熱中症かまたも未明の救急車  卓袱台におやつの残り夕焼雲

若い頃、富士登山をしました。ご来光を拝むため、前日は友人のアパートに泊めてもらったのだけど、寝ていたら 夜中に天井から「ボトリ」と何かが枕元に落ちてきました。驚いて灯りをつけてみたら、それがなんと見たこともないような大きなムカデで、驚いたのなんのって、てか怖かった。50年ほど前の、山梨県大月市でのできごと。「山の日」という祝日ができてから 特に毎年想い出すようになりました。この句も今年の山の日に向けてひねり出してみたのですが・・・。泊めてくれた友に その恩も忘れ、失礼ながら「よくあんなアパートにいられるなあ、私だったら絶対にムリー、タダどころかお金をいただいても住めません、たぶん」・・・。

今日もまた選句ミスをしちゃいました。じっくり考えずに雰囲気で選んだら季語が無かったよー。季重なりならたまに気が付いたりするのだけど、まさか無季とは。それから、月並みなものを選んだらしくて。けど自分的に感動したし、好きなコスモスを詠ってたものだから、つい・・・でした。ということで今日の曲は、狩人の「コスモス街道」にしようかと。余計なお世話でしょうが、兄弟 仲良くね。

 

 

コメント

お盆間近、酷暑一服

2019年08月10日 | カラオケ

 昨日まで 暑い日が続いて、ものすごーく疲れました。けど、今朝は少し涼しくて、やっとぐっすり眠って、さわやかに目覚めました というところでしょうか。今日の午前中は、曇がかかって 日差しのない空にまた安心できたというか、そんな感じ。午後になり、晴れ間が出てきたので私とすればガッカリですが。いつまで暑いのか。もううんざりっポイ。

今週はずっと真夏日でした。7月26日から連続です。6日から仙台七夕が始まりました。古くから、開催3日間のうち必ず一度は雨が降ると言われているらしいのですが、今年もその通りでした。最終8日の午後から雷雨があったみたいでした。私は全然気が付かないでいて、夕方 ジムの帰り、路面が濡れているのを見て初めて知ったというおそまつでした。それから熱帯夜のこと、7月29日からの連続記録は7日間、(気が付かなかったのだけど)5日(月)にいったん途切れましたが、6日からまた昨日まで4夜連続でした。

さて、まもなくお盆です。今年も田舎に帰れません。お墓は兄貴が守ってくれてますから安心ですが。それから高校野球が始まりました。岩手県の代表は花巻東。残念ながら、きのう徳島の鳴門に負けちゃいました。大船渡の佐々木が見たかったという声がチラホラですが、そんなこと言われても。大谷翔平だって県大会決勝で疑惑のホームラン判定で負けて 出られなかったんだし。佐々木がそれほどの選手なら 必ず見返せるよ、なーんてね。

それから吉本のこと。また少しマスコミを騒がせているようですね。上沼恵美子の苦言はクギズケの番組で見ました。同感でした。宮迫が「さんまの世話になりたい」とか言ってるようだけど、どうなんだろう。世間は宮迫の復帰を待ってるんだろうか。私はもう彼が出てきて何か言っても笑えないけど。彼のせいで、スズメの涙の黒い金をもらった芸人たちが、謹慎をくらって可哀想じゃん。自分だけ100万円もらって、なのに もらってなかったことにしようと口裏合わせをしたとは。嘘つきは泥棒の始まりだよ。そんな黒いタレントを抱えたら さんまの事務所がヤバいじゃん。彼がまたテレビに出てくることには反対です。もう見たくない感じ。ついでに言うのもなんだけど、極楽トンボの加藤は、お笑いでは一つも面白くなかったよ、てかキモかったよ。ピンで朝番組の司会をうまくこなしたから つい偉そうなことを口走ってしまったんだろうね。けど吉本のお偉いさんたちが変わらないんだから、有言実行すべきかと。

私は 性格がねじ曲がってしまって、ヒデーこと書いちゃてますけど、本心ではないかも。過去に 一時の感情で意見発信して 批判され、ひどい目に合った経験がありますし。口は災いのもと。気をつけようとは思ってます。

ところで、7月のカラオケランキングが出てましたので。

1位.天城越え(石川さゆり) 2位.津軽海峡・冬景色(石川さゆり) 3位.酒よ(吉幾三) 4位.北の旅人(石原裕次郎) 5位.つぐない(テレサ・テン) 6位.さざんかの宿(大川栄策) 7位.時の流れに身をまかせ(テレサ・テン) 8位.みだれ髪(美空ひばり) 9位.川の流れのように(美空ひばり) 10位.ラヴ・イズ・オーヴァー(欧陽菲菲) 以上がベストテンでした。これほど暑い日が続くというのに、カラオケで歌われる曲は変わり映えしませんなあ。アッと、美空ひばりの「愛燦燦」は11位でしたよ。

今日の曲は、ZONEの「secret base~君がくれたもの~」にします。少し前にNHKの「うたコン」で、丘みどりとその他が歌ってました。誰かがぶっ壊してしまわないうちに「うたコン」を見に、渋谷まで行きたいなあ。もちろん 紅白歌合戦でもいいのだけど。無理ですね、たぶん。

コメント