036の趣味無法地帯・改

私036の趣味全般をマッタリと語っていくブログ …ですが『クイズマジックアカデミー』のボケ戦記事がメインになるかも?

今回の日記(2017/2/28)

2017-02-28 23:20:00 | QMA
今日は仕事ながらもどうにか行ける程度の時間にあがれた…といっても結構遅かったので、途中食事をとりつつ、QMAのボケラー全国大戦サークル定例会に参加の為、会社から直行でラウンドワン佐賀店へ。


定例会は今回も全ての回に参加し、全てフルゲでプレイ出来ました。マッチした方々は以下のとおり(対戦順)。















以上、皆様方お疲れさまでした!(*≧∀≦*)ノ


『KARLA@マラリヤ』氏とはかなり久々のマッチング。おそらく、今作初マッチングだと思います。なかなか定期的に参加するのは難しいでしょうが、また時間に余裕があればご参加宜しくお願い致します。また、KARLA氏は某ベイス県からの接続なのですが、同じく今回マッチした『リオデネジャイロ@マヤ』氏や、最近よくマッチする『レイニーデイ@ハルト』氏もそうなんですよね。東京を除く関東地域では一番ボケラーさんが多い地域かもなぁ…

あと『たかのちなつ@アロエ』(『わきやく@レオン』『すなっくあぜみち@マラリヤ』)氏は、なんか最近ガルパンネタを使われる事が増えてる気がしますw 貴様、観ているなッ!(←DIO様風

今回印象的だった解答は、ある器の中で愛らしく眠る猫の様子を映した動画コンテンツ『猫◯◯』を答える問題で『リオデネジャイロ@マヤ』氏が『でんしれんじ』と答えられていた事でしょうかw

これは、アメリカで濡れた猫を乾かす為に電子レンジの中に入れたら(中略)となり、飼い主が『猫を電子レンジに入れてはいけないと注意書きがなかった』として訴訟を起こしたといわれる『都市伝説』です(実際のそういう訴訟の記録はないらしい)。まぁ、訴訟大国アメリカならあっても不思議ではないような気もしますけどね…(^^;


ボケ戦終了後は、グリバス一回やって撤収。このルーティンの生活やってると、正直体力的には辛いのですが、様々な珍解答を見て笑っているとストレス発散になるので、それ目当てでやってる感じ。自宅と会社の往復だけでは、早めに帰って体力的に楽でも、精神的には持ちそうもないからなぁ…
コメント

今回の日記(2017/2/26)

2017-02-26 23:21:00 | QMA
今日は仕事が休みで、朝はいつものごとくQMAのボケラー全国大戦サークル定例会朝の部に参加しようと遊道楽嘉瀬店へ

…行こうとするも、どうも嫌な予感がしたので、今回は久々に熊本県は荒尾市のパスカグリーンランド店へ。途中、買い物してから行った為、時間ギリギリの開始二分前にしか着けなかったのは計算外でしたが(^^;

ちなみに嘉瀬道楽へ行かなかったのは、先日から行われているアニ特限定トナメを台貸しでやりこんでるプレイヤーさんに占拠されてそうな気がしたからです(注:嘉瀬道楽はフリープレイ券(500円)を使うと100円2クレで交代無しでプレイ出来る)。別にラウンドワン佐賀でもよかったけど、たまにはプチ遠征もいいかなと。たしか今作は行ってなかった筈ですし。


それはともかく定例会は、今回も全ての回に参加し、全てフルゲでプレイ出来ました。マッチした方々は以下のとおり(対戦順)。















以上、皆様方お疲れさまでした!(*≧∀≦*)ノ


今回は熊本からの接続ということで、036カードに熊の被り物をさせてみる事に。某有名ゆるキャラっぽくしたかったのですが、黒い着ぐるみアイテムを持ってなかったので逆に白にしてみました。つーか、白熊だと鹿児島(かき氷のほう)になりそうですが(^^;

『すなっくあぜみち@マラリヤ』氏の今回のレゲーネタ挨拶コメントは、ネオジオのアクションゲーム『キング・オブ・ザ・モンスターズ』で間違いないでしょう。ただ、私はこのゲームは殆どやってないので特に解説のしようがありません。申し訳ない(´・ω・`) 押切蓮介氏の漫画『ハイスコアガール』や『ピコピコ少年』ではよくネタとして出てくるので、そちらを見てもらったほうが良いかと。

今回印象的だった解答は、アニゲ文字パネルの特撮番組『トミカヒーロー ◯◯◯◯◯フォース』を答える問題で『しどうひかる@アロエ』氏が『レイアース』と答えられていた事でしょうかw そう作れる問題を引ける辺りが相変わらず『持っている』方だなと思いますが、それが作れる事を即認識されたのも凄いですね。解答速度異様に速かったですもんw



↓その時の写真。私の解答は気にしないw







ボケ戦終了後は、何度かグリバスをプレイ。036カードのほうもセーマンが全て揃い、二度目のEDを見れました。この店舗も、私にとっては昔は準ホームのような存在だったので、ここでEDを見れたのは感慨深いものがあります( ̄ー ̄) ただ、もうちょい画面への照明の映り込みをなんとかしてほしいかな…


結局、一時間ほどプレイしたところで撤収し、途中買い物の続きをしつつ帰宅。そして夜からはQMAのボケラー全国大戦サークル定例会夜の部に参加の為、今度は地元のラウンドワン佐賀店へ。


多少早めに着いたのでグリバスをプレイ。そのなかでファイター×1、メディック×1、ジャマー(サポートメディック)に私(ジャマー、サポートグラップラー)のパーティーの回があったのですが、さすがにファイター1人ではダメージソースが少ないと思い、サポートがグラップラーの私が攻撃に回ろうと思ってポイズンミストをかけて攻撃していたのですが、もう一人のジャマーの人も同じく攻撃ばかりで誰もAP吸収をやらず、最終的に敗北('A`)

…いや、効率的に考えれば、私が攻撃に回ってもう一人のジャマーの人がAP吸収するべきでしょ? 私も途中で折れてAP吸収に回ろうかとも思いましたが、あまりにも何も考えてないのにイラッときたので、敢えてそのまま無視して押し進めました。結果、他の方に迷惑を掛けたので(メディック使いの人は呆れて後半回復やらなかったりしてたし)、やはり折れるべきだったかなぁとは思いましたけど。その点は大人げなくて申し訳なかったです(´・ω・`)


そして定例会は今回も全ての回に参加し、最初の15分の回は私含め三人でしたが、他の回は全てフルゲでプレイ出来ました。マッチした方々は以下のとおり(対戦順)。















以上、皆様方お疲れさまでした!(*≧∀≦*)ノ


モザイクで伏せているので見えませんが『つぐみんぼけ@マラリヤ』氏と『しどうひかる@アロエ』氏接続の店舗の名前が、某元高校野球強豪高名なのにはウケましたw どうやらこの日のこの店舗のQMA大会が、野球・サッカー限定だったのに由来しているのだろうと思います。つーか、そのまんまやんw

『すなっくあぜみち@マラリヤ』氏の今回のレゲーネタ挨拶コメントはナムコのアクションゲーム『未来忍者』が元ネタでしょう。雨宮慶太氏が同名映画を監督されていた事でも当時話題となりました。ただ、ゲームのほうは私も数回やった程度ですが、そんなに面白くはなかった覚えが(^^;) あと、ゲーメストの投稿ネタでスーパーリアル麻雀PIIIのキャラクター『未来(みき)』にちなんだ『未来忍者』というイラストネタがあったのをなんか思い出しましたw


今回印象的だった解答は、衛星にケルベロス、ステュクスがある惑星名を答える問題で、私含む三人が『こりんせい』と答えて被った事でしょうかw …まぁなんというか、小倉優子さんももう二児の母親で、旦那の不倫騒動とかでも苦労されてるようですし、いい加減許してあげてもいいんじゃないですかね…w


ボケ戦終了後はグリバスと検定を一度ずつプレイして撤収。検定はシューティングゲーム検定を再びやってます。なんだかんだで、今作の検定では一番面白いです。未だに未見の問題をちょくちょく引きますし、稼働終了までノンビリとやっていきたいと思います。…つーか、空気問の出題を減らしてれば、とっくに引けてたんじゃないかと思うと、なんか腹立ちますけどね(-_-#)
コメント

今回の日記(2017/2/23)

2017-02-23 23:35:00 | QMA
今日は仕事ながらもどうにか行ける程度の時間にあがれたので、一度帰宅して夕食後、QMAのボケラー全国大戦サークル定例会に参加の為、遊道楽嘉瀬店へ。


定例会は、今回も全ての回に参加し、30分の回は私含め三人でしたが、他の回は全てフルゲでプレイ出来ました。マッチした方々は以下のとおり(対戦順)。















以上、皆様方お疲れさまでした!(*≧∀≦*)ノ


『つぐみんぼけ@マラリヤ』氏とは意外と久々のマッチング。某南九州勢は現在四人のボケラーさんが参加されてますが、見てると皆さん結構参加が不定期な感じなんですよね。まぁ、みんな忙しいよなぁ…

『すなっくあぜみち@マラリヤ』氏の今回のレゲーネタ挨拶コメントは格闘ゲーム『ザ・キング・オブ・ファイターズ』(以下KOF)シリーズに登場するキャラクター『草薙京』『八神庵』『草薙紫舟』らが使用する飛び道具系通常必殺技『百八式・闇払い』の事で間違いないでしょう。私がKOFを一番やりこんだのは初代の『94』で、特に日本チーム(京、紅丸、大門)ばかり使ってました。あまりにもハマった為、結局ネオジオROM版買って友人と延々対戦やってた日々が最近の事のように思い出されます( ̄ー ̄) でも、もう20年以上も前の事なんだよなぁ…

今回印象的だった解答は、ラグビーでボールを前に落とす反則『◯◯◯◯◯』(ノックオン)を答える問題で、私と『もつなべ@クララ』氏が『ヘッドオン』と答えて被った事でしょうかw

『ヘッドオン』というのは、その昔セガが発売していたドットイートタイプのアクションゲーム。私はゲーセンでは見た事はありませんが、サターンで発売されたセガのクラシックゲーム集的なソフトで移植版をプレイした事はあります。つーか、こんなマイナーレゲーネタがよく被るとか、マジでこのサークルすげぇなと思いますわw


ボケ戦終了後はグリバス一回やって撤収。対戦をやめたというのもありますが、最近は協力プレイをやってるほうが性にあってるような気がします。昔は真剣勝負の緊張感が楽しかったけど、大して面白い問題も出題されないうえに、トナメでカンニングを採用したり、全国大会でヒントを使わせたりするような現在のQMAでは、そんなモノを望むべくもないなぁ。自分の力だけで戦うのって、そんなにつまらないですか?
コメント

今回の日記(2017/2/21)

2017-02-22 22:47:00 | QMA
昨日は帰宅後、疲れから寝落ちしてしまったので記事が遅れました。申し訳ないorz


昨日は仕事ながらもどうにか行ける程度の時間にあがれたので、一度帰宅して夕食後、QMAのボケラー全国大戦サークル定例会に参加の為、ラウンドワン佐賀店へ。


定例会は、今回も全ての回に参加し、全てフルゲでプレイ出来ました。マッチした方々は以下のとおり(対戦順)。















以上、皆様方お疲れさまでした!(*≧∀≦*)ノ


『みまさかいろり@マヤ』(『138ねこ@シャロン』)氏の挨拶コメントは、ケイブのSTG『デススマイルズ』の一面BGM『燃えるハロウィンタウン』が元ネタですな。サントラ持ってますけど、初めて聴いた時は某吸血鬼退治アクションゲームっぽいBGMで、クスッとしましたw キャラの衣装がプレイヤーキャラの『ウィンディア』っぽいのも上手いですね。

今回印象的だった解答は、声優戸田恵子さんのアイドル時代の名義『◯◯朱美』を答える問題で、私含む三人が漫画・アニメ『めぞん一刻』に登場するキャラクター『六本木朱美』ネタで被った事でしょうかw

朱美さんは、主人公五代くんと同じ一刻館の住人で、いつもスケスケのネグリジェ姿という色っぽいキャラクター。あんなヤバい人が隣の部屋にいて、よく理性が持つものだなと感心しますw まぁ、更に隣の部屋の人(四谷さん)のほうが、あらゆる意味でヤバいけどね…w


ボケ戦終了後は、何度かグリバスをプレイ。その中で最初にプレイした際、定例会でもマッチングした『ゆきむらぁぁぁぁ@リック』氏と同席に。問題がわからず迷っているところで上手いことメガホンが飛んでくる事が多く、わりと安定して討伐成功することができ、マロン先生誕生日アイテムのヘッドールや通り名もゲット出来ました。いやー、楽チン楽チンw(←お前も仕事しろよ







あと、先日の記事を読まれてない方の為に少し書いておくと、訳あって今後私はトナメ、全国大会、店内・店舗大会などのガチクイズ対戦は一切やらない事にしました。サークル・店内ボケ対戦、グリバス等の協力形式、検定といった、人とのガチ対戦が絡まないモードは引き続き行います。ご了承ください。しかし『オンライン対戦クイズゲーム』で対戦をやらないとか、我ながら天の邪鬼にも程があるね…w
コメント

愚痴と今後

2017-02-20 22:00:00 | QMA
えー、いきなりですが今回は趣向を変えまして、最近のQMAに対する不満や今後のプレイスタイルなどをつらつらと書いていこうと思います。本当はツイッターでやろうかと思いましたが、フォロワーの方がこんなのをTLで延々と見せられても不快だと思うので、自分のブログでやることにしました。そんなわけで、読んでいてあまり気持ちのいいものではないので、いつものノリが好きな方は読まない事を薦めますw

まず最初に言っておきますと、私はもう今後は続編も含め、トーナメント(以下トナメ)には参加しないことにしました。これはトナメボケも同じです。また、マラ様サークル定例会におけるフリー対戦の回も参加しません(ボケ戦のほうは参加しますw)し、全国大会や店舗大会も出ません。要は『ガチ対戦はやらない』という事です。

その理由は、単に『このゲームのクイズ対戦が面白くなくなった』からです。特に昨日やったゲーちゃトナメでつくづくそれを痛感しました。正直言って、もうこのゲームにおいてクイズ対戦をやっていてもストレスしかないです。私の興味のない問題が大幅に増え、私が楽しいと思える問題があまりにも少ないので、何の達成感もカタルシスもなく『金の無駄』と思うようになりました。

ブログやツイッターでもさんざん言ってますが、今のQMAの問題はあまりにも内容の偏りが酷すぎる。ゲーちゃにおけるRPGもそうですが、ライスタホビーにおける『小説』、芸能その他における『お笑い』、社会その他における『鉄道』、文系学問歴史における『日本史』あたりは本当に『そればっかり』で、他の問題など刺身のツマ状態です。またそれが私が『特に興味がない』部分とピンポイントに合致する為、やっていてイライラ通り越して呆れすら出てきます。特にライスタホビーなどは、今まで車問目当てで出題ランクを毎作☆5まで上げてましたが、今作では一度もやってません。見たくないんだよ、小説問なんざ。

ゲーちゃにおいては少し昔話をすると、元々ゲーム好きな私がこのゲームにおいて『大半の問題が素で分かる』のが楽しくて使っていました。QMA2を始めた当初、他の人が決勝で投げてきたアニゲタイプで出題されたフロムソフトウェアのアクションゲーム『メタル◯◯◯◯◯◯(ウルフカオス)』を単独正解(みんな『ギアソリッド』と誤答していた)して優勝し、気を良くした事から私のQMAは始まったとも言えます。

その後、アニゲランダム3(ゲームのみ出題のサブジャンル)の存在を知り、出題されるグロ問の大半が素で分かる私にはかなり使える武器となり、予選でアニラン3が出題されるとたいてい区間賞を取れてました。この頃は問題数自体も少なく、また問題自体も結構いろんなゲームジャンルを網羅していたので、私にとってはそれまで世間的に『ムダ知識』でしかなかったゲームの知識が生かせる場所だと思って嬉しかったものです。

それが微妙におかしくなってきたのがQMA6あたりから。ジャンル統合により、純粋にゲームのみの出題だったアニラン3は、それまでアニラン4で出題されていた『おもちゃ』問も出題されるようになります。ただ、私は模型や食玩も好きで、そういう問題もある程度こなせる為、その当時はそこまで問題にはしていませんでしたが『ゲーム以外のものが混じる』というのは、正直、あまり好ましくはなかったです。

実際、それまで別に使っていた武器の芸能ランダム2『映画』が、芸能ランダム1『TV』と統合されて『TV・映画』となり、TV知識が少ない私には完全に使い物にならなくなったのにはコナミスタッフを呪わざるを得ませんでした。また、苦手筆頭だった学問ランダム3『理系学問』が、いちジャンルとして確立され、出題頻度が上がったのも私にとっては逆風でした。

そして、決定的だったのが『RPG検定』の配信。この検定自体は別に問題ないのですが、この検定の問題をトナメに『放流』した事からRPG問が増加傾向になります。特にドラクエ、FF問がやたらと見られるようになり、それまでゲーちゃの正解率が85%を切った事がなかったのですが、ここで始めて85%を割りました。

その後、QMA8ではサークルモードが実装され、そのサークルの一つに『ゲーちゃサークル』を見つけ、『全国のゲーちゃ好きとゲーちゃのみの出題で対戦が出来る』のが魅力で、実際、そのアツい対戦はかなり面白く、勝ち負けなど関係なくゲーちゃが好きな者同士楽しんでいました。

…が、その後RPG問が多く出題されるようになってからは、出題の度に単独不正解の嵐。それでも他のジャンルの問題で刺し返す事も出来てたのでまだ楽しめていましたが、他のプレイヤーさんはそういった弱点を回収により『覚えて』いく為、単純に私の単独不正解ばかりになり、最下位が定位置となっていき、次第につまらなくなってあまり足を運ばなくなりました。

『お前も回収すりゃいいじゃないか』と思われる人もいるでしょうが、私は『やったことも興味もないゲームの問題を覚えて勝ったところで全然嬉しくない』し、それは今でも続いている『主義』なので、変えるつもりはありません。もっと柔軟な思考の持ち主ならそういう『変化』も出来るのでしょうが、どうしてもそんな気にはならないです。ホント、人生回り道してるなと我ながら思いますw

そして本日まで行われたゲーちゃトナメ。当初は『どうせRPG問落として予選落ちしてイライラするだけだから、やるのはやめとこう』と思っていましたが、やはり『ゲーちゃ問しか出題されない夢のようなトナメ』という部分があまりにも魅力的で、なるべくハマりこまないようにプレイしようと思いつつ参加してみる事にしました。

…で、現実は案の定RPG問にイライラするだけの予想通りの展開。また、以前ゲーちゃサークルで対戦していた方々が毎回のように決勝進出するのに対し、私は予選落ちや決勝でもビリばかりと、そういう面でもストレスマッハ。しまいには、メンバーのCNを見つけた時点で捨てゲしたい衝動にすら駆られました。メンバーの方には申し訳ないですが、それが本音です。

そしてある回に、とあるRPG問を単独不正解した時に私の中の何かが切れてしまい、やる気も完全に失せてしまい捨てゲ。もうこのゲームにおいて私が楽しめて、そして勝てる要素は無くなったと確信しました。なので、もうQMAにおけるクイズ対戦はやりません。というか、やりたくありません。

一応言っておきますが、当たり前ですがゲーちゃサークルの方々は何も悪くありません。というか、寧ろ彼らこそが『ゲーちゃ』というジャンルを本当に楽しんでいると思います。私のような偏ったモノしか楽しめてないクセに、文句をタラタラ言ってる奴のほうが駄目なのです。

また『そんなモン、いちいち宣言なんかしないで勝手に辞めればいいだろ』と思われる人もおられるでしょうが、私もそう思いますw そう思いつつも敢えて書いてるのは、一応私自身を『縛る』という意味でやっている事です。私もわりと優柔不断な所が多くて、ちょっと面白そうだと思ったらすぐに掌を返す傾向があるので、この記事をケジメにしたいと思っているわけです。

ただ、以前のようにボケラーサークル対戦は参加しますし、グリバスのような協力形式のモードや検定はやります。『対人のガチクイズ対戦』をやらないというだけですので、そこの所はご安心(?)ください。以上、愚痴を終わります。読んでくださった方々、お疲れさまでしたw
コメント