M・Y人事法務事務所ニュース

特定社会保険労務士 文 達司が提供する情報発信誌 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2キロ増

2012-01-04 11:22:59 | その他
明けましておめでとうございます。
本日より仕事始めです。

休みの間は実家や知人宅での食事続き。
お酒も昼寝も思う存分相変わらずです。

充電は充分したので、これから仕事で
パチパチと放電していきます。

本年もよろしくお願い申し上げます。


年末年始のお休みについて

2011-12-28 12:38:55 | その他
当事務所の年末年始のお休みは下記通りとなります。

◆12月29日(木)~1月3日(火)

年明けは、1月4日(水)からの営業となります。

それでは皆様、よいお年をお迎え下さい!

国民年金のさかのぼり加入でいくら年金が増えるか?

2011-10-03 11:15:34 | お客様質問事例集
国民年金は、年金額・保険料共に毎年金額が変わりますが、
ざっくり言いますと、現在、国民年金の年金額で800,000円、
支払保険料で月15,000千円です。

ここでは、国民年金にさかのぼって加入すべきか否か、投資的
に考えてみます。

1年分の保険料180,000円を支払うと、年金額は20,000円増えます。

そうすると、時間価値を無視すれば、9年で「モト」がとれる計算
となります。(180,000÷20,000=9年)

国民年金は、原則として65歳からもらえますので、74歳からは、
いわばまる儲けです。

平均寿命の長い女性の場合、結構有利な投資案件だと思います。

※ただし実際に追納する場合、延滞に伴う加算金がかかります
ので、ご注意ください。



国民年金のさかのぼり加入が10年間延長

2011-10-03 11:05:31 | 法改正情報
老後の年金をもらうには、国民年金や厚生年金の加入期間
をあわせて最低25年以上が必要となります。

年金相談をしていると、若い頃に年金に入らず、老後が気
になる年になってから後悔する方って意外と多いものです。

日本の年金制度は皆年金で、強制加入が建前のハズですが
現実には、無年金者や低年金者は大勢います。

そこで、このたび国民年金法が改正され、これまで2年しか
認められなかった国民年金のさかのぼり加入が、最大10年
まで認められることになりました。(これまでも保険料の免除
を受けた場合の追納を最大10年認める制度はありました。)

施行日は、平成24年10月までの間で、政令で定める日と
されていますが、現時点では、まだ施行されていません。

また、本措置は、3年間の時限措置なので、注意が必要です。


雇用保険失業給付の特例措置について

2011-03-23 15:00:21 | お客様質問事例集
このたびの大震災に伴い、事業所が災害を受け事業を休止したなどの
理由により就労ができず、賃金を受けとれない状態にある方は、失業
給付が受給できます。詳細は、下記で。

http://www.iwate-roudou.go.jp/date/topics/pdf/20110322_002.pdf

計画停電時の休業手当の取扱い

2011-03-18 11:39:13 | お客様質問事例集
厚生労働省の発表資料です。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/other/dl/110316a.pdf

震災に伴う労務対応について

2011-03-17 14:31:07 | お客様質問事例集
震災で被災された方、そのご家族・関係者の皆様に対し、
心からお見舞い申し上げます。皆様の安全と一刻も早い
復旧を心からお祈り申しあげます。

さて、震災に伴い、多くの会社で事業所の営業や従業員
の被災、通勤などに支障を来していることと思います。

そこで、震災に伴う労務対応について、主に休業や遅刻
早退等を中心にとりまとめた資料を顧問先様に配布させ
ていただくこととなりました。

本日3月17日発送の事務所だよりに同封しましたので、
ご覧いただければと思います。

なお、個別のご相談にも応じさせていただきますので、
お気軽にご連絡ください。


20年振りのコンタクト

2011-02-16 17:10:53 | 雑記
スポーツ全般に言えることかもしれませんが、
特にスキーしてるときのメガネはややこしい。

というわけで、先日コンタクトを買いました。

今は使い捨ての時代なんですねえ。(古い?)

20年前は毎日シコシコ洗浄していたような・・

普段は使わないつもりなので、今度スキー場
で使うのが少々楽しみです。




永住権の取得と年金受給権

2011-01-11 18:05:58 | お客様質問事例集
会社勤務の在日外国人からのお問い合わせで
最も多い問い合わせの1つに、年金の受給資格
に関するものがあります。

日本の年金制度は、原則として加入期間等が
25年以上ないと、年金が1円も貰えない仕組み
になっています。(もちろん外国人の脱退一時金
制度等はありますが・・・)

彼ら(彼女ら)は、日本在住が10年も経つと、本国
へ帰国するか、日本で永住するか、はたまた行ったり
来たりするか、いろいろと悩むようになります。

永住を決め込んだ人であっても「25年の壁」があって
年金の受給を半ば諦めている人もいます。

とりわけ、40歳を過ぎてから年金に加入したような
場合ですと、その傾向が強いようです。

しかし、ここにはおいしい特例があります。

なんと、永住権を取得した人は、本国に在住していた期間のうち、
20~60歳までの期間を、合算対象期間(通称「カラ期間」)
とすることができるのです。(ただし、1961年~永住権を
取得した日の前日までの期間に限る)

ちなみに、カラ期間というのは、25年の期間にはカウントして
くれるものの、年金額には反映されない期間をいいます。

例えば、30歳で韓国から来日したBさんのケース。
Bさんは、40歳で永住権を取得しましたが、Bさんが
韓国にいた20代の10年間は、カラ期間になります。

つまり、Bさんは、あと15年の加入で受給資格を満たせるように
なるわけです。

この特例は、社会保険労務士でも知っている人は少ないと思い
ますから、在日外国人であればなおさらなんでしょうねえ。




謹賀新年

2011-01-04 11:12:57 | その他
謹んで新年のお喜びを申し上げます。
皆さまのご健勝とご多幸をお祈りいたします。

さて、本日1月4日が当事務所の仕事初めと
なります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。