磯のすーさん あれこれ

江戸から16里ほど離れた海辺の田舎に棲む地味で怠惰なオイチャンのあれこれ。 中身は勝手気ままで支離滅裂

札幌 真駒内公園の晩秋~初冬 蝦夷フクロウなどの野鳥も居ますよ(友人投稿)

2017-12-05 22:49:56 | 友人・縁者からの投稿欄
札幌の友人から投稿頂きましたので、早速ブログに拝借させて頂きます。

自宅マンション周辺の紅葉・黄葉の写真をお送りしてからほぼ1か月、黄金のカラマツに山が
被われる時期がしばらくあった後、一気に冬に突入しました。今年は例年になく気温が低く、
外は凍てつく寒さです (--〆)  その代り、現在のところ、積雪量は少ないので、結構
快適(?)かな??
 
紅葉・黄葉の季節が終わった頃、真駒内公園内のウォーキング・ジョギングコース(1周3キロ)
でのウォーキング途中で、カメラを抱えて木の上を眺めているいくつかのグループに遭遇。
一つは木の洞穴・樹洞(ウロ)を巣としている ”エゾフクロウ” がお目当て。
また公園内に集まってくる色々な鳥もカメラマンのお目当てです。
ほとんどのカメラメン&ウーメンのカメラは、700mmや1000mmの本格的なものですが、 
我が方のカメラは デ・ジ・カ・メ です (^^ゞ!!
 
以下、自宅マンション周辺の晩秋~初冬の風景です。ちょっとご覧になってみてください!!

藻岩山のカラマツと藻岩山市民スキー場。スキー場☟は、まだオープンされてません。

真駒内公園のヤドリギ

数人のカメラマンがフクロウを狙っている。皆さん、700㎜や1000㎜のカメラ。もちろん真駒内公園です。

左上のV字の枝の右側の枝の途中にフクロウの巣のウロがあります(黄色の矢印の先)。ウロは地上から
5m位でしょうか?

 👈ちなみに10月半ばの上の写真の右側の風景はこんな感じでした

中央の上部が枯れている木がフクロウのすみか。枯れた部分のすぐ下にウロがあります。
ウロを真正面からみたもの。
 

   エゾフクロウ、ちょっと右側を見てま~~す!!

エゾフクロウ、ちょっと休憩!!

エゾフクロウ、もう一度右側を見て!!

 エゾフクロウ、今度は左側を!!なかなか真ん前を見てくれません。

  ナナカマドの実。まずいのか、鳥たちもあまり食べないです。春まで残っています。 

  マヒワ、札幌に引っ越してきて早13年、初めてのご対面です。

  ヒレンジャク、初めてです!!  こんな鳥が近くの公園にいたなんて、びっくり!!

 ヒレンジャクの群れ
 
真駒内公園内の今年の冬の積雪はどれくらいでしょうか?いつまで、園内のウォーキングが可能なのか
分かりませんが、我が家のカメラマン、またのシャッターチャンスを楽しみにしているようです。

    CKさん 大自然の素晴らしいショットの数々、投稿有難うございました。 次回も期待してます。
ジャンル:
ご近所
コメント   この記事についてブログを書く
« 真っ赤な夕焼けとお月さん  | トップ | 二宮に買い物 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

友人・縁者からの投稿欄」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事